小枝's Blog  "cm(センチ)な距離で…"

アクセスカウンタ

zoom RSS My Favorite Movie (vol.1) 『レオン』

<<   作成日時 : 2013/05/01 04:50   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 16


夕焼けのサバンナ[フローティング型]

*下方のブログパーツは「■のボタンのクリック」にて停止させることが可能でございます*












今日は私のお気に入りの映画『レオン』を写真・音楽を交えながら振り返ります。


画像





本作にはというキャッチコピーが付けられていたかと…

実に的を得ているなと感じた次第ですが、

マチルダを演じた(こちらをクリック)ナタリー・ポートマン

当時13歳だったにも関わらず大人を喰った大胆な演技にマイッたものでした。

『タクシー・ドライバー』でのジョディー・フォスターの演技と同レベルの驚愕でした。




驚愕つながりでいうならば先発(こちらをクリック)『ニキータ』での  
斬新なバイオレンスタッチで虜となってしまった(こちらをクリック)リュック・ベッソン監督との衝撃の再会でもありました。


更に『ニキータ』の音楽に魅了された私はここで又(こちらをクリック)エリック・セラとも再会!!

ベッソンとセラは、そうですねぇ…昔でいえばクロード・ルルーシュフランシス・レイのような関係で

以後もおふたりで素敵な作品を世に送り出して下さっています。


%射手座deka%}互いの才能を高め合えるこういう関係は実に素晴らしいと思います




 
☆.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*☆.:*・’・*:.。☆:*・’・*:.。☆*☆.:*・’・*:.。☆:*・’・*:.。☆




◆『レオン』で私がお気に入りのシーン…

麻薬取締局の捜査官:スタンスフィールド役(こちらをクリック)ゲイリー・オールドマン

ピルケースを耳元で振り 取り出した薬のカプセルを奥歯で砕くシーン

コレぞ、まさに怪演の極み!!

眼がイッちゃってますものね〜
 
オールドマンのファン
の一人としては思わずこちらも身震いしてしまうほどシビれます


                     
画像




*マチルダが慣れない家事をするシーンで

(こちらをクリック)ビョークの歌がBGMに使われていましたね。
 
とってもキュートな歌で印象的に残ります



レオンとジェスチャーごっこをしながら

水をかけられはしゃいで逃げ廻るシーン

レオンが殺害されたあとトニー(ダニー・アイエロ)の店を訪ねたマチルダが

トニーから、「レオンはもう居ないんだッ!」と叱咤され泣きじゃくるシーン
          
演技と思えないポートマンの素の子供らしさが出ていて可愛かったです。






『レオン』はエリック・セラのサウンドが大好きで本当によく聴いています



◆*◆中でも好きな曲をあげてみますと…◆*◆


レオンが最初に住んでいたホテル(この撮影に使われたのは1884年築の“チェルシー・ホテル”をマチルダが窓から

発砲したせいで追い払われふたりが移動するシーンで流れる

この曲(こちらをクリック)

♪Can I Have a Word With You?♪

                                                                                                                                      







画像画像 





画像




そして…

レオンを失ったマチルダが寄宿舎に戻るシーン

そこで流れるギターとピアノの調べ…


♪The Game Is Over♪(こちらをクリック)が本作でのセラの曲では“私の一番のお気に入り”です!






このシーンでマチルダが乗っていたのが

こちらのトラムウェイ(こちらをクリック)

画像




画像


マンハッタンからルーズベルト島へと架けられているロープウェイで

2機のトラムが交互にマンハッタンとルーズベルト島を数分で往復しているそうです。画像





本作では独りになってしまったマチルダが深い悲しみに憔悴しきって

このトラムウェイに揺られていましたがこの景観とこの曲とがベストマッチ
     
                    
私の琴線に とてもふれるシーンとなっています。


☆★作品を観てしばらくのあいだ毎夜のごとく夢でこのシーンが現れた程


できればいつか各シーンで登場した場所を訪ねてみたい気がしています★☆





他にも・・・


マチルダが狙撃の練習の成果を確かめるためにとあるビルの屋上から

お偉い方を狙うシーンがありましたが

ここで その方が護衛付きでジョギングをされていた場所が

セントラル・パークにある(こちらをクリック)パインバンク・アーチとのこと。


                      
画像




そして…


オールドマン扮する麻薬捜査官スタンスフィールドが所属する麻薬取締局のオフィス

それがこちら(こちらをクリック)“マニシパル・ビル”


1916年築のこのビルはニューヨーク市庁舎と並び市の行政に携わる部署のオフィスが入っているそうです。





画像

画像














また ♪Hey Little Angel♪という歌もとても気に入っている1曲です。

これはスタンフィールド(オールドマン)とマチルダ(ポートマン)の台詞から入りセラが歌いあげます。

合間にラップのように入ってくる少女の声は、そう当時の「ナタリー・ポートマン」です。

この曲もノリが素敵で大好きです!!







☆.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*☆.:*・’・*:.。☆:*・’・*:.。☆*☆.:*・’・*:.。☆:*・’・*:.。☆




またこの『レオン』では記憶にのこったアイテムが3点ありました


//1点目は・・・//


■レオンが、 「キッチンで豚を飼っているんだ」

そう言ってマチルダを元気づけるシーンでレオンが手に付けて

マペットのように操って見せた“ミトン(鍋つかみ)のブタさん” (笑)

画像




//2点目は・・・//



■マチルダの細い首で揺れていた“チョーカー”


画像


画像


レトロな“サンバーストデザイン”のチョーカーは今も若い女性に静かな人気があるようですね。

ペンダントやネックレスよりもチョーカーのほうが好きでしたので真っ先にチェックを入れたものです。




画像




そして //3点目は・・・//


レオンが大切に育てていたこの“観葉植物“



画像



初見の時これは(こちらをクリック)カミーラかと思ったのですがどうも違ってました。

この観葉植物の名は(こちらをクリック)“アグラオネマ”というらしいです。




☆.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*☆.:*・’・*:.。☆:*・’・*:.。☆


     

        
霧を吹きかけ、葉っぱを丁寧に拭いて…

窓辺に出したり、 取り込んだり…

レオンが丹精して育てるその姿は愛しい女への慈しみのダミーであるかのような・・・・・

*この観葉植物はある意味で重要な役割を担っていたように思えますね*
                   










† レオン:(観葉植物を手入れしながら)「最高の友さ…無口なのがいい。俺と同じで根がない…」


† マチルダ:「大地に植えれば、根を張るわ…」









マチルダが寄宿舎の敷地内の木陰に、


      
鉢から出してこれを直に植えてあげるあのラストシーン


思いだしただけで今でも うるうるときてしまいそうです


           







映画『レオン』

  “凶暴な純愛“
の名にふさわしい弾丸で私のハートのど真ん中を射抜きました


(※ 下方に載せておりますサイト内にて同作品の掘り下げたレビューを書かせて戴いております。もしよろしければご覧下さいませ)








それでは『レオン』の名シーンを


STING♪Shape of My Heart ♪と共に暫しご一緒に…               



          
















 


-♡ーお付き合い戴きありがとうございました。では又Blogでお目にかかりたいと思います ー♡-

















*上記「Booklog」にて 映画・CDのレビューを時おり書かせていただいています。

よろしければお立ち寄り下さいませ*












お気に召していただけましたら下記クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






















◆上記のサイト“60代主婦ブログ”に登録させて頂いております【投票窓をClick】して下さると励みになります◆
カウンター

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
レオン
この映画に関して何かを語りたかった
どうにも言葉に詰まってしまう

Tでも書かなきゃよかった

消してしまうのは簡単だけど残しておけば自分の愚かさの証になるかな


大好きなんですね

いい映画です


最初のドアを開けるシーンが好きです

股旅
2013/05/01 14:31
一生に一度出会えるかどうかの純愛ですね、歳の差は
関係ないと思います。
私もオールドマンのイカれた目にしびれました
チョーカーはミニスカート全盛の時に付けましたっけ。
ビーズが流行った時にも付けて、首が長いのでチョーカー
が好きです
ブラックスワン見ましたが、レオンの頃のほうが
綺麗だった様な気がしました。
手に汗を握って、そしてジーンとして・・本当に
良い映画でした。

まるぐりっと
2013/05/01 20:26
*股旅 さん*

こんばんは。コメントありがとうございます。
『レオン』ではまだふれておきたいシーンが
幾つもありました。

マチルダがレオンに…
「大人になっても、人生はつらい?」と尋ね
そう質問されたレオンが肯定するシーン。

大人の心を持った少女が
純真な子供のような心を持ったレオンに
「この人にならば心を許せる」となった瞬間だと
思います。

レオンが最初にドアを開けるシーンは
ドア=「彼の心の扉」だったのでしょうねぇ

可愛がっていた弟の話しをするシーンにも
思わずもらい泣きしたものです。

トニーさんって
本当に信用しても良い私設バンクなんでしょうか(笑)

奥の深い作品なので、
何度観返しても飽きることがありません。
そういう作品は希少ですね。

大切にしたい作品の1つです。
小枝
2013/05/02 00:29
*まるぐりっと さん*

こんばんは。コメントありがとうございます。
本当に一生に一度出会えるかどうかの純愛ですね〜

>歳の差は関係ないと思います。

同感です。
恋は子供を大人にし大人を子供にする”
今、そんな言葉を思いだしています。

いつかオールドマンについても語れたらと。
彼がアカデミー賞を獲っていないのが意外です。
同賞のプレゼンで
確かポートマンも同じことを言ってました。

>首が長いのでチョーカーが好きです

わぁ、素敵ですね。首がすんなりしておいでだと
本当にチョーカーが映えますね。羨ましいです。

『ブラックスワン』のポートマンは
少々痛々しいほど華奢な体をしていましたね。
演技のためなのかどうかは分かりませんが。
バレエ界の一部お偉い方々から
バレエ演技に苦言が呈されたと洩れ聞きました。

子役は大成しない…の言葉をこれから
意欲的に撤回しつづけてくれるような、
そんな実力がポートマンの中には
まだまだ秘められているような気がします。

頑張ってほしい女優さんの一人です。
小枝
2013/05/02 00:57
こんばんは!
「レオン」ですか♪切ない映画でしたよね!
久しぶりに名シーンを楽しませていただきました!

ゲイリー・オールドマンは大好きな俳優さんで、ほとんど出演作は見てますが、たぶん、この作品がきっかけだったと思います!
キレキレの演技でしたね(^^)
近々「裏切りのサーカス」の放送も有る様ですが、
実年齢より老けた役作りにも注目したいところです!

さて、「レオン」のマチルダ、健気でしたね!
ラストシーンで流れるスティングの「シェイプ・オブ・マイ・ハート」切なかったです!
大人になった(^^)ナタリー・ポートマンの作品では、「ブーリン家の姉妹」が印象に残っています!

ちなみに、ミトン(鍋つかみ)のピギー!我が家にも有ります!(^^)♪
sasapanda
2013/05/03 00:57
*sasapanda さん*

こんばんは。コメントありがとうございます!
オールドマンのキレキレの演技は凄いですねぇ。
私は『シド・アンド・ナンシー』が彼の初見かと…
『告発』『スカーレット・レター』(本作ではヌードを披露)
自伝とも言われている『ニル・バイ・マウス』
『ハンニバル』でのヴァージャー役は
ご面相が彼とは思えないメイクでしたね。
『蜘蛛女』では悪女モナに(レナ・オリン)に骨の髄まで
吸われてしまうグリマルディ巡査部長を演じましたが、
銃口を咥えるラストも唾を飛ばしながらの熱演でしたね。

ポートマンですが…
『Vフォー・ヴェンデッタ』で丸刈りに挑むという、
女優魂にちょっと驚きました。
私も『ブーリン家の姉妹』は劇場で観ました。
ヘンリー八世をめぐり
アン(ポートマン)とメアリー(S・ヨハンソン)の姉妹に
亀裂が入っていくという心の崩壊の演技を
ポートマンが「動」で
ヨハンソンが「静」で演じていた気がしました。
断頭台にかけられるアンの慄き・震えが
こちらにも見事に伝わってくるかのようでした…

ピギー、のミトンおありなんですね!
「ハ〜〜イ!マチ〜ルダ!」って
動かしたくなっちゃいそうです♫
小枝
2013/05/03 01:41
こんにちは。訪問いただき、ありがとうございました(*^_^*)
「レオン」ですか〜、いい作品ですよね。
でもこれ、レオンが死んでからのマチルダがあまりにもかわいそうで、私はなんだか正視できないというか、そわそわしちゃうんですよね(笑)
ナタリー・ポートマン、このときはまだ子どもだったのに、タダモノではないなと思わせるものがありましたが・・・おおかたの予想どおり、大成しましたね(^^)
キーブー
2013/05/03 20:01
*キーブー さん*

早速お越し下さってありがとうございます。
子供のような純真な心を持つレオンと
こまっしゃくれた…でも根はピュアな少女マチルダ
この二人の織りなす、正に“凶暴な純愛”は
スタイリッシュな映像と音楽とで
私の琴線にふれてやまない作品です

新緑が目映い季節を迎え
私もお花の記事を書いてみようかなと…
試行錯誤で更新している拙いブログですが
是非また遊びにお越し下さいね。
私もお邪魔させていただきます
小枝
2013/05/03 20:28
こんばんは^^
ブログへの御訪問とコメント、ありがとうございます。

「レオン」、じつは私は観ていないのですが、公開当時、かなり話題になったのを憶えています。
また、仲良くさせて戴いていたネットの友人の中に「レオン」が大好き!と熱く語っていらっしゃった方がいたなぁ…と懐かしく思い出しました^^
きっと多くの方の心に響く名作なのだな〜と前から思っていましたが、今回、沢山の傑作を御覧になっている小枝さんがお気に入りの映画として真っ先に挙げておられるのを拝読し、改めて凄い映画なのかも!?と実感しました☆
近いうちに是非DVDを借りて観てみたいと思います^m^
花とかめ
2013/05/04 21:20
*花とかめ さん*

コメントありがとうございます。
『レオン』のような作品は、
わりと好き嫌いが分かれるタイプかもしれず…

どちらになるかは、
やはり1度ご覧いただきたく思います。
ではまたよろしくお願いいたします


小枝
2013/05/06 02:14
こんにちは。ご無沙汰しております。お元気そうで安心しました。レオン編を初めて拝見しました。コメントべたですので気の利いた言葉を申し上げられませんが「楽しみに」拝見させて戴きますのでゆっくりと更新ください。
kimoshu78
2013/05/10 10:17
*kimoshuさん*

こんにちは、お久しぶりです
WOWOWトークでのお仲間さん方から
コメントを頂けるようになり喜んでいるなか
今日はkimoshuさんからもコメントが届き
とてもうれしいです。

気まぐれなことを、
気まぐれな間隔(and 感覚)で、
囁いていこうと思っていますので
皆さまにも気まぐれに
遊びにお越し頂ければと思っています

では、次回の更新まで…
小枝
2013/05/10 13:21
こんにちは。

『レオン』のプログはとても素敵ですね。
もう20年近くも前の作品になるのですね。
「ニキータ」に続いてとても衝撃的でした。
ナタリー・ポートマンのボブヘアースタイル(オカッパ頭)、とっても可愛いです。
女性は「チョーカー」に注目するのですね。
私は、ジャン・レノの着ている、ザックリとしたコートがとても欲しかったです。
年の差カップルの「凶暴な純愛」をまた観たくなってきましたが、1800枚のライブラリーから探すのは大変なので先送りです。

『ドライヴ』のレビュー拝見しました。
音楽にも造詣が深く敬服しました(拍手)。

音楽と言えば、「小枝さんの棚」に「マイケル・フランクス」の作品が飾ってありましたが、良いですね。
私も初期から4作品ぐらい持っていますが、レコードなので聴く機械の持ち合わせがないので聴けません。残念!
ボサノヴァ調の「Antonio's Song」だけでも聴きたいのに……。
随分前になりますが、来日公演(中野サンプラザだったか?)、見に行きました。
良かったです。

長居して、スミマセン。

「My Favorite Movie」の第2弾、愉しみにしています。
hero come on
2013/05/16 14:02
*hero come on さん*

こんにちは、コメントありがとうございます!
M・フランクスお好きなんですね、うれしいです。
アントニオの歌はSleeping Gypsyに収められていましたね。
彼の気だるいボイスは上手いのか下手なのかが
つかみにくい歌唱法ですけど…
何とも言い知れぬ都会的な雰囲気が魅力的ですね
様々なアーティストにカヴァーされている点も
この歌が素敵だからだろうと思っています。
来日公演に行かれたとは羨ましいです〜

さて、『レオン』ですが…
完全版にはレオンとマチルダの仕事っぷりや
レストランで酔ったマチルダがハイテンになるシーン等が
加えられていたかと?これによって二人の絆の深まりが
見てとれましたが、個人的にはこのシーンの占める重要性は
あまり感じられなったような気がしないでもなく…
スタイリッシュに纏め上げられているという観点からも
完全版ではないほうを初見した時の感動が鮮烈で
勝っていたように思えます。

1800枚ものライブラリーがおありとは凄い!
私は基本、観ては消し派。消せない作品が貯まり
2Tの外付けHDDが満杯になるのはいつのことやら(笑)

先日観賞した『ドライヴ』は子供に薦められてでした。
WOWOW加入者でありながらチェックせずに
何と子供がレンタルしてきたDVDで観た後でWOWOWで録画
という、不経済なことをやっている愚か者でして…(笑)
今、レフン監督がちょっと気になる存在になっています。

hero come onさんの精力的なレビュー寄稿も、
いつも楽しんで読ませていただいています。
お気に召した内容の記事がお目にとまったときには
またコメントなりいただけるとうれしいです
小枝
2013/05/16 16:16
気持ち玉ありがとうございます。
私は映画はあまりというより、ほとんど見ません。
公園などの散策が好きで、そちらのほうに時間を使います。
でも好きなものがあることは楽しみでもあり生活の励みにもなります。
いいことですね。
たまにBSで古い外国のものを見たりしますが。
はるる
2013/06/16 21:31
*はるる さん*

コメントをお寄せ下さりありがとうございます。
本当にその通り、同感です。
趣味・嗜好に相違はあっても、
好きなことがありそれに浸っているときは
どなたも至福の時間を過ごされていると思います
古い外国作品のもつ良さにも魅かれます。
小枝
2013/06/17 16:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
My Favorite Movie (vol.1) 『レオン』 小枝's Blog  "cm(センチ)な距離で…"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる