小枝's Blog "cm(センチ)な距離で…"

アクセスカウンタ

zoom RSS 気ままに “@ 神戸旅” vol.1

<<   作成日時 : 2013/06/04 14:32   >>

ナイス ブログ気持玉 54 / トラックバック 1 / コメント 15

  



*ディディ・メラさんのBGMはお好みによって上記「水色」のラジオボタンのクリックにて再生・停止が可能でございます*













2013年5月21日(1泊)、母娘で神戸を散策して参りました。


敢えてスペシャルな計画も持ち合わせていない正しくタイトル通りの“気ままな旅”


拙い写真と共にこの場で振り返ってみようと思います。




       





出発は遅めの時間帯でのんびりと・・・(笑)

0:10発の「岡山」行きでした。

画像



画像

「新神戸」到着は13:18    




  










新幹線を降りて直ぐ右手には

山がそびえていたので思わず第一声として

「何だか、田舎〜」














でも左手を見やるとこれがグっと都会的な雰囲気で。この絶妙なバランスが印象的でした。

ここで…本当ならこの山を真っ先に散策すべきだったと、今ちょっと惜しまれています(苦笑)

布引の滝(こちらをクリック)という“日本三大神滝” の散策は翌日にとして

先にホテルにチェックインしてしまいました。








新神戸駅から徒歩で6〜7分のホテルで少し休み、若干軽装にしてから三宮へ移動

画像




画像





   



街並みを慌ただしく散策したところで娘の知人が同じようにこちら方面を訪れていて、

姫路城を散策し終えたとのこと。で…、「私たちも姫路城に行ってみる??」と相成り…(笑)

六甲道(ろっこうみち))駅で乗り換え一路、いざ!姫路
。。。

画像

(「六甲道」駅のホームからの街並み)







電車を待つ間に、現在 姫路城(こちらをクリック)は修復作業中とやらで外観は覆われてしまっているとの情報が!

が、修復中の匠の技を間近で見ることができるチャンスであったらしいのですが…

これも時間が遅く(姫路駅到着が閉園時間の15分前だった為)、見ることは叶いませんでした。



それでもこの母娘、めげずに(笑)、「まっ、いいか」と気の赴くまま

車中から明石海峡大橋(こちらをクリック)の雄姿を眺めながら姫路城にやってまりました



画像







画像




   
          






























姫路城の中にはこんな可愛らしい市立動物園もありました
画像








情報の収集不足を認めながらも、ここは気ままな旅だからこそ味わえる

そんな自由感
を満喫しながら 再び六甲道へ戻り、そこからはバス移動。

   
一日目の締め括りに六甲山からの“1000万ドルの夜景”を眺めてみることに





こちらが“六甲ケーブル”(こちらをクリック)の往復乗車券

画像







レトロ調なデザインのケーブルカーは私好み! 上りと下り(赤と緑)の2台で運航しています。


ガタン!ガタン!とかなりの振動で、おまけに標高が上がるにつれ寒くなってきました



画像






そしてこちらが当夜(5/21日)の六甲山天覧台からの夜景です。


少々、靄が掛かっていたようで今いち澄み渡った美景観ではなかったのですが…

 
それでも、「宝石箱を散りばめたよう!」そんな言葉が思わず出てきました!

   

                     

               

★*☆神戸の街は輝いていて素敵でした☆*★




画像







因みに、お隣の摩耶山の掬星台は更に凝った演出がされているようです。


六甲山、摩耶山共に夜景が美しい所ですがハイキング等も存分に楽しめる魅力的な所でもあります。



           

*神戸夜景のパノラマ写真を下記にご覧いただけますよ*

  
             

             
http://www.feel-kobe.jp/night_view/rokko_maya/






 


☆.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*☆.:*・’・*:.。☆*:.。☆。.:*・’・*☆                                                 
      







“1日目”の散策はこれにて終了し、


               
夜景を見たあとは新神戸のホテル近くにあるお店で食事。


  
神戸牛でのランチは翌日のお楽しみとしました!(笑)



     









“2日目”の神戸散策は後日vol.2にて振り返らせていただこうと思います。






// では  また… //













(2013-9-7 レイアウト、文字拡大の編集をさせて戴きました)







*本日もお立ち寄り下さいましてどうもありがとうございました*  - 小枝 -











ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


































 
  
カウンター

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 54
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★’゜春の良き日によせて…( わが娘に贈るPage ) ’゜★
早いもので娘が出産し もう1年1ヶ月が過ぎました。そんな先日 ・・・ ...続きを見る
小枝's Blog "cm(センチ)な距...
2017/04/17 06:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
ハイパーリンクとやらを使ってのUP
スキルUPで気分もUPですな

気の知れた二人旅はさぞやゆったりのんびりだったでしょうね
神戸へは一度行ったことがありますが弾丸日帰り六甲山だけツアーだったので
小枝さんの紀行ブログは新鮮ですよ。
100万ドル見ておけば良かった

vol.2も、たのしみやわ〜

股旅
2013/06/04 21:35
あらま〜神戸!!私の故郷で〜す!!
震災で実家は移転しましたのでたまに
行く位ですが・・。震災前の美しくハイ
カラでシックな神戸を見て頂きたかった
です
須磨浦公園駅からロープウェーに乗って
山頂から眺める海岸線は綺麗ですよ〜。
その附近の離宮公園は昔は「武庫離宮」
だったので重厚かつモダンで素晴らしい
です。
三宮でたこ焼き召し上がって下さいね〜、
お節介ですが・・お節介も神戸名物なの
です
まるぐりっと
2013/06/06 00:25
*股旅 さん*

いつもコメントをありがとうございます。
私たちも弾丸1泊二日、しかも風の吹くまま
気の向くままの行動で王道ポイントを
押さえただけでしたから
また行く機会があれば淡路島やその他…
巡り直してみたいなと思っています。
小枝
2013/06/06 14:23
*まるぐりっと さん*

こんにちは。
神戸ご出身でいらしたのですね。
港をもつ街で生まれたせいか
どこか神戸のもつ雰囲気に魅かれまして…

布引の滝も逃しましたし、又行ける機会があれば
お教えいただいた所へ是非足を運んでみたいと
思い始めています。
コメント、ありがとうございました
小枝
2013/06/06 14:33
>先月21日  と書かれてありますのに
何を勘違いしたのかしら、旅の途中と思って
しまいました(^_^;)(^_^;)(^_^;)
思い違い、勘違い、読み落とし・・益々
増えそうでオソロシイです(^_^;)(^_^;)
 失礼いたしましたm(__)m
まるぐりっと
2013/06/06 21:52
こんばんは

更新を待てずお邪魔させて頂きました(^^♪
異人館だけではなく姫路城まで見に行かれていたのですね。
このお城は本当に綺麗ですよね、ドラマでよく使われるのも納得です。
六甲山展望台の夜景ですか〜(*^_^*)綺麗ですね。
宝石箱を散りばめたよう…分かります、本当にその通りでキラキラ綺麗です。
凄く行きたいです、う〜〜ん、いつ行けるかなぁ。
神戸シリーズ素敵です
だるま
2013/07/01 22:55
*だるま さん*

こんにちは
思うように写真のレイアウトが出来ずvol.3の更新が
叶わず申し訳ありません。
…にも関わらず再びご訪問下さって恐縮しています。
どうもありがとうございます

姫路城はドラマでよく起用される美しいお城ですね。
でもあいにく修復中でその美観は拝めませんでした
それを含め未見に留まった心残りの箇所が幾つかあり…
これは「神戸」がまた私たちに「また来てね」と
云ってくれているのだわ、と…そう思えてなりません。

お時間をいただいてしまっていますが、
vol.3を最終章に神戸の旅の想い出を一先ず心に
綴じ置きたいと思っています。
是非また ご訪問下さいませ
小枝
2013/07/02 10:47
小枝さん、こんにちは!

神戸、懐かしいです。
今は離婚しましたが、29歳〜32歳まで家族
で神戸に住んでおりました。

私はその当時、大阪の住宅会社に勤めていました。
当然阪神大震災にもあいました。
地震後仕事で三宮駅に行ったら、殆どが倒壊していました。
とても悲しい気持ちになったことを憶えています。
でも、
掲載されている再建された三宮駅を見て、あぁ時が経った
んだな!と思います。

六甲山から見る夜景は最高です。たまにイノシシ親子
に出会いますが(^-^;
そして、神戸牛美味しいですよね。

しょうもないコメントしました。
お体大切にしてください。
うめぞー
2013/09/01 10:59
*うめぞー さん へ*

こちらにコメントをどうもありがとうございますお返事遅くなりすみません。

以前神戸にお住まいであったとのこと。
復興された神戸の街を5月の旅で訪ね、人のもつ力(実質的な力と心の復興)の偉大さを
改めて知る想いでした
神戸の皆さま方がとても善くして下さったことも忘れられません。

六甲山からの夜景は本当にとても綺麗でした。
牛肉が苦手な私でさえも美味しくいただけた“神戸牛”でした
またよろしくお願いいたします。
小枝より
2013/09/03 00:54
せっかく姫路まで来られたのに、閉演15分前とはもったいない〜。
修理はまだ続きますので、この次はお時間とって「天空の白鷺」からご覧になってください。
大天守を上から見られるのは、今だけですから。
ボランティアガイドの方々も、頑張っておられますしね。
石垣なども間近で見ると迫力ありますよ〜。
聞くところによると、ハリウッドが日本でロケしたのが3回で、そのうち2回が姫路だったとか?(聞いた話なのでホントかどうか分かりませんが)
書写山円行寺と好古園だったかな?
是非また姫路にお越しくださいね〜!
mayflower
2013/09/05 23:55
*mayflower さん へ*

こちらにもコメントをどうもありがとうございます。
そうなんですよねぇ、せっかく姫路まで足をのばしたのに…と云いますか予定外の行動は
覚悟の上で討って出た次第です(→閉園15分前近くに到着すると逆算で分かっていたのに…)

お詳しい情報をお持ちなのですね。そう云えば私もどこかでチラリと聞いたような記憶が。
旅から戻り記事を編集しながら、色々と細かい情報を後手で拾い「ほぉ〜、そうなのかぁ」と
事前情報の収集不足にひとり苦笑していた私が居ました(汗)

タイムアウトで散策出来ずに終わってしまった所を、折りを見つけて是非訪ねてみたいと
思っています。その際にはまた教えて戴けるとうれしいです!今後もよろしくお願いします。
小枝より
2013/09/07 00:42
見直すと、「閉演」「円行寺」など、変換ミスばかり!(お恥ずかしい…)
すみません。正しくは「円教寺」でございます。
「天空の白鷺」へは引率で行きました。(観覧料も払わずに…)
地元民には姫路城がお城のスタンダードなもので、他をお城を見ても、つい「なんだ、これだけ?」とか思ってしまうのです。
でも、竹田城跡へは機会あれば行ってみたいと思います。
mayflower
2013/09/07 17:23
*mayflower さん へ*

このたびはご丁寧に見直していただいた上での訂正コメントを戴きまして恐縮しています。
mayflowerさんのご親切なお人柄がしのばれます。
“お寺さま”の名前は難しいものがありますね。変換機能が追い着いていない気がします。

美しいお城として地元の方々が誇られ、また愛されていることは素晴らしいです!
こちらでは小田原城が昔の雄姿を湛えております。スケールは姫路城にはかないませんが
地元の贔屓目で美しさを感じています。ご参考になれば幸いです。
          
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/
小枝より
2013/09/07 20:01
やっと、その記事を探り当てました^^)
三ノ宮から新快速で姫路ですが、六甲道から姫路へ?
姫路城は春から大公開です、またのお越しを
掬星台は、星が掬えると感じる程に遠くまでその夜景が煌めいている。
が、その名の由来です。
きらきら小径は天の川をモチーフにし、蓄光材で舗装された道は夜間に青色の光で浮かび上がります。
六甲の夜景はここ数十年見た事が無く、とても新鮮な感じがしました。
アルクノ
2015/02/27 09:13
*アルクノ さん へ*

貴ブログでも記させて戴きましたが時の経つのは早いものでこの神戸旅はもう一昨年。
当該3記事のURLを添付させて戴いておけばご面倒をお掛けせずに済みましたものを…
私も気が利かずに申し訳ありませんでした。

この神戸散策は1泊のばたばた旅でしたので次回はゆったりした計画をと思っています。
そうなんですよね、この時の姫路城は修復作業中!囲われた雄姿を眺めるに留まりまして。
5月とは言え娘と一緒に吐いていた息は共に白く見える程の肌寒さでした。
19時のケーブルカーには私たち母娘の他に2、3名の方が乗車されているのみ。
快晴のよるとは言えなかったのですがそれでも夜景はとても素晴らしかったです!

海と山を抱えた素敵なロケーションの神戸
夜に摂った食事処の店長さん(お会計時にロリーポップを下さって)や、
異人館街のボランティアガイドの男性のお優しさ(「風見鶏の館」前で屋根の風光計が正面を向くまで
タイミングを待って下さったのち、私たち母娘の2ショットを撮影して下さり…)など
忘れられない良い想い出を「神戸の方々」より戴くことができた素晴らしい旅でした。
引き続きvol.2でもコメントにお返事いたしますね。
小枝より
2015/02/27 14:27
気ままに “@ 神戸旅” vol.1 小枝's Blog "cm(センチ)な距離で…"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる