小枝's Blog  "cm(センチ)な距離で…"

アクセスカウンタ

zoom RSS 。..。.。・* 雛人形を飾りました *・.。..。.。

<<   作成日時 : 2017/02/09 17:59   >>

ナイス ブログ気持玉 127 / トラックバック 1 / コメント 32


私が娘を産んだのは昭和60年の春でした。

自分が幼い頃 「七五三」「お雛様」「クリスマス」といった類のものは一切やってもらえなかったのを覚えています。

従妹のお下がりの着物を着せてもらい 店先にダンボールを置いて積木遊びをしたり

商店街の小さなおもちゃ屋さんで しだれる花火や線香花火を買ってもらうのがせいぜいでした。



◆*◆



そうした反動(?)からなのか わが子には「クリスマスツリー」や「雛人形」の飾り付けを

どうしてもしてあげたい… う〜ん ひょっとして自己満足もあるのかもしれませんが。

「桃の初節句」「三歳と七歳の祝い」「十三参り」「成人式の前撮りと当日式典の参加は違う着物で」

・・・とまぁ いわゆる親ばかぶりを発揮して参った次第です。



『 W 』 - ひな祭り ひな壇カレンダー





雛人形は娘が生後10か月の頃だったか背中におんぶして 近場の大手マーケットで期間限定にて

雛人形のメーカーさんが何社も出店していたので そこを訪ねて買い求めたのでした。

《芥子雛》 (クリックで説明がご覧になれます。尚、買い求めた品とは違う品であることをご了承のほど) と言われる品が目に留まりました。

当時は二間の狭いアパート住まいでしたので硝子ケースに入った親王飾りが部屋に収めるのが

精一杯かなぁ?と 半ば諦めていたのでしたが…この「芥子雛」というものに出会えて唖然。

こういうお雛様があるのだと初めて知り 小さくて愛らしいこの芥子雛に魅せられたのでした。

お嫁入りのお道具類や牛車が無いぶん 段数が2段少ないこともコンパクト軽量化に成功していますね。

「これは私と娘のために待ってくれていた品」

そんな気持ちに突き動かされて私は迷うことなくこの雛人形を買い求めました。



◆*◆



お顔の上品さ 彩色も私の好みで そして何よりも気に入った部分は

男雛と女雛の鎮座する部分に 蒔絵の施された「台座」が付いていたことなんです。

雛祭り時期に忙しい出来事が生じた際には

この台座を用いて男雛と女雛だけをお飾りすることができる形になっていた点です。




画像





先日 LINEのビデオ通話で雛壇が背景になるように孫にスマホをかざしてみました。

娘いわく 孫はほんの一瞬興味を示し反応! iPhoneに手を伸ばしていたとのこと。

ささやかながら初節句を 婆ばかの懇願から実家でやらないか?と お願いしたところです。





画像画像





◆*◆



初孫との楽しい雛祭りが迎えられることを心待ちにしながら お雛様たちも初対面の孫と

実に数十年ぶりの再会をすることになる娘の成長をも併せてお雛様たちは

楽しみにしてくれているかのようです。でも 一番喜んでいるのは この私かと・・・

買い求めてきた後に亡き母から金額を尋ねられ その全額を私に捧げてくれた母でした。




画像画像




それでは わが家の「芥子雛」を写してみましたのでご笑覧いただければ幸いです


画像




◆*◆




画像





◆*◆



夜の照明に浮かぶ雛壇は 昼間とは違った雅な雰囲気を醸し出してくれています




画像






◆*◆






画像






◆*◆





画像














見 て い た い



日 に 日 に 育 つ 初 孫 と



わ れ を 重 ね し



(子) の 母 ぶ り を 






ー小枝 作ー










◆*◆




*本日も小枝's Blogにお越しくださいまして どうもありがとうございました*




にほんブログ村



にほんブログ村



◆下記サイトにて映画などのレビューを時おり掲載しております◆






*オルゴールはお好みに応じてBGMとして お流しいただければ幸いです*



キラキラブログパーツ











後日談のご報告


ちょっと早めでしたが 先月26日(Sun)に娘夫婦が来てくれて 孫の初節句をお祝いしました。

娘お手製の「ばら散らし寿司」がとても美味しかったです。

私は蛤のお吸い物と簡単な春雨サラダ担当(笑)

慎ましくも 孫の成長を歴然として体感することが出来た実に「幸せなひととき」でした。



◆*◆



画像





◆*◆




日々の暮らし 7ブログトーナメント - その他生活ブログ村
日々の暮らし 7ブログトーナメント

*48名参加による上記トーナメントに参加させていただきました。結果は上記のバナーのClickにて表示されます*




◆*◆








◆上記のサイト“60代主婦ブログ”に登録させて頂いております【投票窓をClick】して下さると励みになります◆
カウンター

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 127
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おひなさま〜幸田町郷土資料館
この季節になると、毎年のように、近くの施設に飾られているひな人形を見に行っているウリ坊です。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2017/03/05 19:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
小枝さんの思いのこもった雛人形を飾られましたね。
娘さんの成長と重ねてお孫さんの初節句楽しみですね。
やはり雛人形は毎年飾ってあげないといけませんね。
お孫ちゃん、実際に見られたら喜ばれますね♪
eko
2017/02/10 12:03
<昭和60年>うちの長男と同じ歳ですね!
お孫さんが出来て楽しみが増えましたね!
我が家では孫の前に、嫁さんを!!
コンパクトながらちゃんと揃った段飾りなんですね!
宮星
2017/02/10 23:40
eko さんへ

こんにちは。昨日は横浜でも大粒の雪が舞い薄っすらと積もりました。
お雛様たちはバルコニーを見つめて「何を想っていたかしら」と…
仰せの通り雛人形は毎年 飾ってあげるべきですね。新しい空気に包まれることで
お人形さんとしての肺(こころ)が生き生きとして 美しさを保つ秘訣なのかもしれません。
管理者の私の怠惰をこの時期 自責してやみません。

きくところによれば雛人形は女児が生まれるとその子専用の物を持つのだとか。
そういえば この雛人形を求めた際にメーカーの吉徳さんからは
わが家の「家紋」と娘の「名」を入れた「木札」(段横に立て掛ける形の物)を下さいました。
ということはこのお雛様はわが娘の物という意かと。娘も友人にその話を聞かされたと。
今年は ひとつ雛人形が増えるかもしれません。女性としては見ていて飽きないお雛様。
孫の成長と娘が母親として成長していく様を少しでも長く見守っていたい…と思っています。
温かなコメントありがとうございました。
ekoさん*小枝 拝
2017/02/11 15:01
宮星 さんへ

お越しくださいましてどうもありがとうございます。
そうでしたか… 息子さんも昭和60年にお生まれになられたのですね。
思いだせば身長は小学6年生のときに既に追い越されていました。
手が掛かる幼児期は本当に毎日がばたばたで大変でしが。それもあっという間に過ぎ去り…
今の娘に30年前の自分を見ては懐かしさと共に爺婆の心境とはこういうものなのかぁと
夫婦で目を細めている次第です。

孫もお雛様をもったなら この緋毛氈を黒にしシックな「大人雛」にしてみたい…と
秘かに企てている?危ないおばあちゃんだったりもいたします(笑)
宮星さん*小枝 拝
2017/02/11 15:18
小枝さん、コメントありがとうございました。
30年ほど前 素敵な雛人形と出会えたんですね。
風情のある豪華な雛人形ですね。大変な時はお雛様とお内裏様だけ飾ることもできるんですね。
私も、季節の行事ごとは大切にしています。
数十年ぶりに再会する娘さんとお孫さんとの雛祭り 楽しみですね<img src="http://czx.jp/dm/z/ez">
ゆっきん
2017/02/13 06:56
ゆっきん さへ

こちらこそお越し下さいましてどうもありがとうございます。
物を買い時に「運命」のようなもの感ずることってありませんか?
その品がまるで自分に「買って下さい」と言っているような…
半世紀を共にしたいほど私はこの芥子雛に魅せられるものを感じたのだと思います。

何十年ぶりかで私も見ましたがいつ見ても飽きない いつまでも見て居たい
そんなお雛様なのです。
また今後もよろしくお願いします。
ゆっきんさん*小枝 拝
2017/02/13 16:12

まだまだ寒い日が続きますね
お孫さんの成長を見るのは心が躍ります
と言っても私にはまだ孫はいませんけどね(笑)

小枝さん、がんばってひな人形を飾られたのですね
少し安心しましたよ、今年はきっといいことが

いいことがありますよね

でわでわ
股旅
2017/02/13 23:00
股旅 さんへ

こんにちは。寒さが疼痛に追い打ちをかけていますが何とか今年は頑張って
この雛人形を飾りました。メインの作業であるスチール製の雛壇の組み立てを
主人が爺ばかぶりを 私の婆ばか同様発揮して率先的に行なってくれたのが嬉しかったです。

お雛様やお道具の箱出し作業は デリケートな女の手で行なわないと
思わぬを損傷させてしまう恐れがあるので雛壇組立て以外は全て私の仕事でしたが…
「十年数年もお飾りしてあげませず本当にすみません」と自然と心の中で詫びていました。

さてさて今日も大嫌いな歯医者さんへ通院です。体のメンテナンスに追われている爺婆。
孫の成長を1年でも長く見守っていたいの一念です。
股旅さん*小枝 拝
2017/02/14 11:57
若星zブログへのコメントありがとうございました!
優しさとセンスが行間から滲みでている素敵なブログですね。
詩は人柄が垣間見えますよね。
少しだけ、実家の母を思い出したりしました。
ドリー
2017/02/16 00:25
ドリー さんへ

この度はお越しくださいましてどうもありがとうございました。
10歳の頃に高村光太郎の詩に接してからほぼ 1日1篇の詩を書き始めた記憶が…
FM東京では自分で朗読しにきませんか?の誘いがあり…
拙詩で詩と音楽の番組を構成していただいたり今となっては遠き日の良き想い出です。

TBSラジオ「夜のバラード」という番組は清水紘治さんの語り口に惹かれ
毎晩聴いていたものでした。お相方は吉田日出子さんでしたでしょうか。

石坂浩二さんとロッド・マッケンnコラボや津嘉山正種さんの「クロスオーバーイレヴン」

FM局全盛期には本当に素晴らしい番組がたくさんありました。
私は昨年還暦でした。どうかお母さまを大切になさって下さいね。またお越しください。


ドリーさん*小枝 拝
2017/02/16 17:27
更新が少なにので見落としをしていました。
我が家ではもう飾ることもなくなった日は人形。義妹の家へ嫁いでいきました。
今はそこにないはず。
昨日出かけた里山で人気のない場所に飾られたひな人形をみました。
侘しさがこみ上げてきました。日本の生末を暗示していました。

小枝さんちはお孫さんがいるからこれからまだまだひな人形楽しめます。
お孫さんと言い語らい、思い出をお創りください。
nibari1498
2017/02/18 08:47
nibari1498 さんへ

ご訪問いただきましてどうもありがとうございました。当方夫婦して現在体調が
すぐれずにいるなかいろいろな件で苦闘しておりますゆえ 更新頻度がガタンと
落ちてしまっており申し訳ございません。

>昨日出かけた里山で人気のない場所に飾られたひな人形をみました。
侘しさがこみ上げてきました。日本の生末を暗示していました。

*この文章に心震えました。同じ日本人として生まれながら世代の相違というだけで
日本のもつ古式豊かな伝統や、心のゆとりまでもが喪失しつつある今…
過ちを繰り返さねば分からぬのか!?そんな日本人で在ってはならない、あるはずがない。
飛躍した表現になり恐縮ですが トランプ氏が大統領になってから「世界が凶」へと
傾倒していくように思えてならず不安を感じている毎日です。

体を治して少し元気が出てくれば
個人的なこのような負の思考も軽減されていくものと信じたい気持ちですが。
東京オリンピックに不穏な動きが水面下で進んでいるのでは?
トランプ大統領をはじめ 世界のトップの方々のミスリードが最近富に目立ち(独裁的)
恐ろしく思えるのは単に自分が歳をとったせいだけだからではない気がします。

おっと、係の無い話になりました。私の亡きあともこのお雛様が受け継がれていくことを
願ってやみません。日本伝統の良きしきたりは引き継がれていってほしいものです。
nibari1498さん*小枝 拝
2017/02/18 17:29
小枝様
ご訪問いただきありがとうございました。
立派な五段飾りの関東雛ですね。
このような雛飾りは、親から子、子から孫へと引き継がれることで
より愛情が深まっていくのでしょうね。
加茂のフクロウ
2017/03/04 21:44
お孫さんの初節句、おめでとうございます。
健やかに美しくお育ちになりますようにお祈りいたします。

思い出のお雛様飾っていただいてお雛様方もきっと喜んでいらっしゃることでしょうね。
お嬢さんからお孫さんへと受け継がれていくお雛様。
古い日本の文化が受け継がれていくって本当に素敵なことですね。

我が古いお雛様も私の両親が私が生まれた時にきっと誂えてくれたもの。
亡くなった父が壊れかけたお道具などを治してくれて・・・
毎年飾っていましたが今年はちょっとおっくうになって飾らずじまいでした。やっぱり来年は飾ろうかな?
小枝さんのお雛様を拝見してそんな思いになりました。
あっこちゃん
2017/03/04 21:57
こんにちは。
気持ち玉添付、有り難うございました。初めてですね。
これからも、不定期でアップしていますが、よろしくお付き合いください。
ブログの構成、びっくりしています。素敵です。
yoshi
2017/03/05 13:28
芥子雛かわいいですね。

こんばんは〜。
訪問ありがとうございました。

わが家は息子二人で孫は女の子二人!!
嬉しかったです。

お雛様は本当に癒されます。
かわいくて華やかでステキですね。
ぐーま
2017/03/05 19:39
加茂のフクロウ さんへ

この度はご訪問いただきましてどうもありがとうございました。

女児が生まれるそのこのためにまた新しいお雛様を求める…というのは
地方によって様々なのでしょうか。私はこの芥子雛をたとえ染みやほつれも生じても
それは「女の歴史」として優しく手を加えつつ受け継いでいってほしい気がしています。
またのご訪問をお待ちしております。
加茂のフクロウさん*小枝 拝
2017/03/06 12:01
あっこちゃん さんへ

ご丁寧に初節句を迎えた初孫への温かなお言葉身にしみて感激しております。

お父様が壊れかけたお道具を修復して下さっていたとのこと・・・
どうか来年は新鮮な空気を胸いっぱいにお雛様に与えてさしあげて下さい。
きっとお父様も喜びながら お嬢様である貴女のお傍で
想い出の共有の懐古に更けられることでしょう。
受け継いでいくということの「美徳」… 大切にしたい気がします。
今後ともよろしくお願いいたします。 
あっこちゃんさん*小枝 拝
2017/03/06 12:13
yoshi さんへ

こんにちは。お越しくださいましてどうもありがとうございます。
五十路後半になってからますます物忘れに拍車がかかりこれではいけないと。
そこで4年前に始めて見たのがこのブログ。作成方法のマニュアルのPDFを
ダウンロードして「背景」や「ブログ幅」を既存のテンプレート以外にできること等
「CSS編集」なるものを行なうとかなりの模様替えがかのうであることを知りました。

でも私は当時まだPCなんてちんぷんかんぷん。何をどうすればいいのかさっぱり。
そこであるかたから 「壁にブチ当たったら先ず検索!
キーワードをあれこれ入れていくうちに必ずや自分のやりたい設定方法に出会える」

…するとどうでしょう。本当にキーワードだけで自分の望む設定方法に出会えました。
それでも今もまだ満足していません。毎日が勉強だと捉えて還暦のポンコツ頭で
ボケ防止のためにもブログをマイペースで続けていけたらいいな…と思っております。
こんなわたしですがよろしければ時おりご笑覧にお越し下さるとうれしいです。
yoshiさん*小枝 拝
2017/03/06 12:27
ぐーま さんへ

拙ブログにお越し下さいまして誠にありがとうございます。

息子様お二人に 女児のお孫さんがおふたりとのこと。さぞお喜びのことでしょう。
娘も高校に入ると雛人形の飾りつけなど別にどうでもいいというような感じで(苦笑)
で、私も次第に歳をとっていったことで飾り付ける前から片付けることの大変さが
先に立ってしまいまして。何十年ぶりかでお会いしたお雛様は老けたお顔になられ…
管理不行き届きのわが身を攻めました。孫をモチベーションに来年からは
こころのアンチエイジンにも気を配りたいと思っています。

それにしましてもお雛様はいつまでも見ていても飽きませんね。
芥子のように小さな…を意とするこの「芥子雛」が私は大好きです。
ぐーまさん*小枝 拝
2017/03/06 12:44
ほほがあかぎれやシモヤケにならずフワフワなままで良かった
立派なひな祭り出来ましたね。
股旅
2017/03/08 16:15
股旅 さんへ

附記したコラージュにもコメントをご丁寧にありがとうございます♪
マシュマロにチークをほどこしたようなほっぺは
愛くるしくてたまりません(笑)
股旅さん*小枝 拝
2017/03/12 17:30
 芥子雛なる物は知りませんでした。小型で愛らしい表情の雛人形と言うぐらいの事しかわかりません。しかしお孫さんかわいいですね。今年は珍しく、ブログでひな人形の特集をやりました。口を開けていたりする雛人形が有ったりするのを初めて知った次第です。
 関東はもうそろそろ桜の時期になりそうですが、どうでしょう。
 ブログ更新なされたの気付かずにすみませんでした。いろいろ大変そうですが頑張ってくださいね。
藍上雄
2017/03/25 18:17
 もうお雛祭りは終わってしまいましたが、やはりおんなのこがいると、お人形さんも華やかで良いですね。親の気持ちが詰まったお雛様、いつまでも大切に伝わると良いですね。
なおさん
2017/03/26 06:29
こんにちは
遅くなって申し訳ありませんが
初節句おめでとうございます。
素敵な雛人形ですね。
たくさんの愛情に包まれて幸せに健やかに過ごせますように

お孫さん とっても可愛いですね
ふりかけ
2017/03/26 13:40
藍上雄 さんへ

コメントの返信が遅くなり申し訳ございません。
芥子のように小さい雛という意味でこの名で呼ばれるようになったのですよ…と
販売員の方からのご説明を受けた記憶がございます。今年もまた春が巡ってきました。
次記事は例年と同じようなまた庭の花でもとりあげようかと思っております。
孫の満1歳の誕生日も済み3月は慌ただしい月間になると覚悟しました(笑)
これから住まいの管理組合やら入院やら控えてパニックですが
孫の成長が心の傷の軟膏になってくれています。体調不良につき更新はコンスタントに
とても参りませんが冷やかしに来て下さった時に更新されておりましたら読み流して行って
いただければ幸いです。
藍上雄さん*小枝 拝
2017/03/30 17:39
なおさん さんへ

お立ち寄りくださいましてどうもありがとうございました。
お返事が遅れてしまったことを詫びいたします。
たとえ白いお顔に染みがあらわれても衣装に金糸銀糸のお衣装が褪せほつれても

「そこには娘に恵まれた家系(族)の娘に託した想いが反映されていることで
そうした経年の劣化は家族の歩んだ歴史の証」…と思いたいです。
コメントをありがとうございました。
なおさん*小枝 拝
2017/03/30 17:49
ふりかけ さんへ

こんばんは。コメントの返信が遅くなってしまい申し訳ございません。
夫も私も自分等は爺婆になれそうにない?と思っていた部分もありましたので
懐妊・経産婦中の危機・難産と経てきただけに無事にここまで成長してくれたことは
大きな喜びです。如何せん娘を育てた時代と今は考え方が真逆だったりすることがあり
時々娘に否定されるたび「へ〜今はそうなの?」と目を丸くしているダメ婆でございます。
私もまた貴記事を拝見しに伺いますので今後もよろしくお願いいたします。
ふりかけさん*小枝 拝
2017/03/30 18:00
こんにちは、初めまして。
とても凝ったブログですね。
素晴らしいです。

芥子雛、小さくてもとても精密に作られていて
感心します。
日本人の器用さが発揮された作品だと思います。

お孫ちゃん、袴をはいておられますか?
お着物、とても良くお似合いです。
プチ・ミニ
2017/04/06 15:10
プチ・ミニ さんへ

こんばんは。日付が変わってのお返事になり申し訳ございません。
貴記事を拝見しておりましたら 思わずコメントを残させていただきたくなり…
ブログは1月で4年目になりました。
PCでワードがどうにか打てるようになった段階で始め独学で何とかここまでは
参りましたが 初孫のためにもまだまだボケてはいられないわ、と思いブログ(PC)の
スキル向上に更に頑張っていきたいと思っています。

孫が着ているのは着物(襦袢、着物、袴)が一体化になっているようでした。
袴もロンパースのようにスナップ式で脚の内側を止めていたと記憶しています。
時代は変わり 本当に今は可愛すぎる品物や便利な乳幼児グッズにあふれていますね。

孫の記事が多くなる傾向になると思われます。婆ばかぶりの発揮で…(笑)
よろしければ気が向かれた際にはまたお立ち寄り下さい。私もまたお寄りいたします。
コメントをどうもありがとうございました。
プチ・ミニさん*小枝 拝
2017/04/07 00:22
始めまして!
イータンへの訪問 気持玉ありがとうございました。

実はこんな夜中に眼が覚めてしまい ブログに向かいました。
私は小枝さんよりも年齢は化石です(笑)
「お雛さま」ブログを拝見してすごく自身に近い小枝さんのお気持に感銘しました。
私自身も幼い頃より、年間のお祝い事にはとても無縁でしたね〜
なので、比較的このような季節の行事には敏感になったのかな〜と思います

ところが 逆立ちしても小枝さんには追いつけません。
子供は男2人 
「桃の節句」だけは自身でお祝い(笑)
他の行事は人並みに頑張ってます。

小枝さんのお雛さまを拝見しながら、やっぱりいいなあ〜ととっても羨ましく拝見しました。
これからも、お邪魔虫させてください。

ありがとうございました。
イータン
2017/04/10 04:35
イータン へ

イータンさん、こちらこそ拙ブログにお越し下さいまして
どうもありがとうございました。

もっか入院を控えて気が重く…と一泊ですが。それが済むと夫は白内障の日帰り手術。
そして公用(住まいの管理組合の代表理事のため)で東京にある弁護士事務所に出向打合せと…
思うようにコメントをお返しできずにいて申し訳ありません。
夜中はJRの終電が行き過ぎると始発の朝5時まで静かなので必要に迫られてのC作業を
主に行なっています。でもそれが終わると 娘が送信してくれた孫の写真やMovieを
PCの外付けHDDに取り込む作業をしています。これが何とも捗らなくて…
可愛らしさについつい動画を再生し見てしまうためでしょうね。婆バカなを自分が悪いだけです。

イータンさん、
>私は小枝さんよりも年齢は化石です(笑)
とございましたがブログを拝見しているとそのようなイメージは湧きません。
工藤さんが愛犬を抱っこして下さっているお写真やお住まいのセンスも非常に良く…

私も両親には殆どと言っていいほど子供の喜ぶ行事はしてもらえなかったので
その反動で娘には寂しい思いをさせたくないと思い頑張って参りました。
が、私の手落ちで娘に行ない損ねた「お食い初め」や
誕生日に「一生餅を背負わせる」行事を娘は我が子にきちんとやってくれており驚きました。
反面教師の母ゆえ 私の駄目なところはカットorスルーして娘には子育てを頑張ってほしい!
そんな思いで毎日 孫の写真やMovieを見ては癒され元気づけられています。
いつでもお気軽に遊びに来て下さい。コメントの遅れをお詫びいたします。

イータンさん*小枝 拝
2017/04/16 01:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
。..。.。・* 雛人形を飾りました *・.。..。.。 小枝's Blog  "cm(センチ)な距離で…"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる