小枝's Blog "cm(センチ)な距離で…"

アクセスカウンタ

zoom RSS 《自作詩》 \*\ - 平和でいたい - /*/

<<   作成日時 : 2017/05/02 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 92 / トラックバック 1 / コメント 14










あなたは 言っていましたね



みんなが爆弾なんか作らないで

きれいな花火ばかり作っていたら

きっと戦争なんておこらなかったんだな



優しさにくるまれた それは何と重いメッセ|ジ



夜空に 美しい光の花たちを咲き誇らせ

人々に 希望と勇気を与え 歓喜させようと

花火師は 火薬の配列に精魂を込める



どこかの国の主様が トランス的に高揚し

研いだ剣 (つるぎ)

試し斬りをなさりたくなったのか

伸るか反るかで勢いづいた 別のお国の主様が

怪しげな動きを見せている






画像
















あぁ…  やめましょう



だって 私たちは

すでに あまりにも多くの犠牲を払った



悲しみと 絶望のどん底で

慟哭を 耳にしてきたはず

そして 約束をしたはず



奇々怪々に 牽制しあう

互いの想いの突端が

過去の手招きに

なぜか 誘引されてしまうようで …




画像


















あなたが 言っていたように

私も 言いましょう



世界中の爆撃機は

紙ひこうきに なればいい

世界中のミサイルは

鉛筆に なればいい



そして

紺碧の大空へ 飛ばし

そして  

仕舞うのだ



芯が折れようと 誤った憤怒は

こころの引き出しの 奥の

奥の ほうへ ・ ・ ・





















画像















◇*◇


(注釈)

冒頭引用させていただきました太文字の部分は山下 清 画伯が語っていらした言葉です

昭和24年に日本一の花火を見んと長岡を訪れた同画伯はそれを作品にされこの言葉を残されたとか…

(*画像検索よりお借りした下記がその作品)

画像


拙詩は 現在のきな臭い国勢状態と長岡の花火大会に込められた同画伯の

このメッセージが思いだされリンクし 心に滲み出たしだいです


◇*◇



自我意識を持つことを根絶し忠誠を誓った主様の意のままに動く

… という玩具の兵隊のような “あの行進スタイル”

過去の暴君を凌ぐほどの異様さを いま 私の心は震えながら感じとっています


◇*◇



拙詩コメントの欄解放のご要望を 承りましたので その様にさせていただきます

(※ 尚、お写真は“Wiki…” 他よりお借りいたしました)





BGMを流しながらの閲覧も可能でございます

美しいピアノ演奏のディディエ・メラさんのこちらを選曲させていただきました

水色のラジオボタンのClickにて再生・停止が可能です








◇*◇













\ I hope permanent peace /
















◇*◇










( ※ “ Fragile ” 和訳 )

生身のからだに鋼の刃が突き刺さり

流された血が夕陽に染まって乾いてゆく時

明日にでも雨が降れば血痕は洗い流される

だけどぼくらの心を襲ったものは いつまでも消え去りはしない

ことによるとこの最終的手段は

暴力は何の解決にもならず

行かれる星の下に生まれた者たちにはなす術がないという

一生かけて主張をねじ伏せるものだったのかもしれない

人というものがこんなに脆いとぼくらに思い知らせようと

いつまでもいつまでも雨は降り続けるだろう

まるで星が涙を流しているようだ

いつまでもいつまでも雨は降り続けるだろう

人というものがどれほど脆い存在か



◇*◇








画像










◇*◇






本日も小枝's Blogにお越し下さいましてありがとうございました。

気持玉や“にほんブログ村バナー”をClickしていただけた方々にもお礼を申しあげます。







にほんブログ村



にほんブログ村





【 追記 】

コメントを寄稿して下さっている皆さま方へ 心よりお礼を申しあげます。

私からご返信することは控えさせていただいております。

前述に記したような想いから 生まれた拙詩

現在の世界情勢を以ってして 願う想いはひとつ… そのように感じられております。

因って お返事が重複しそうなため 勝手ながら控えさせていただきます。何とぞご容赦のほど。





◇*◇



素敵なお知らせ



本日 “ごろ-。様”が この詩をご朗読して下さり とての感激しております。

画像

*URL=http://89049909.at.webry.info/201705/article_12.html#trackback

又は 気持玉欄の下にある「トラックバック」より ご訪問することが出来ます。


“ 2017-5-8 Mon. - 小枝 - ”


◇*◇






心の叫び 3ブログトーナメント - ポエムブログ村
心の叫び 3ブログトーナメント








カウンター

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 92
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
平和でいたい
http://aiyoeienni.at.webry.info/201705/article_2.html ...続きを見る
ごろ-の寝言
2017/05/08 13:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。平和への想いを綴った自作詩を拝読しました。

今日は憲法記念日で改めて平和の尊さを実感しますね。
憲法改悪論議や朝鮮半島の政治情勢を見ると大変心配です。
可愛い孫の将来を考えると、平和の続くことを期待しています。

山下清画伯の映画や花火の絵画は観たことあります。
素朴で親しみ易い素晴らしい作品ですね。
華の熟年
2017/05/03 11:14
こんにちは
心打たれる詩ですね
悲しいことに今の平和は、危ういバランスの上で続いてるようです
だからこそ存続の大切さをいつも思い起こすことが大事だと思います

ディディエ・メラさんの演奏、澄んだ音色がすばらしい
HPを見てプロフィールにも心打たれました
T&M
2017/05/03 12:34
世界中の爆撃機を紙飛行機にして、
夕焼けの空に飛ばしたい。
私もそんな幻想に思わず浸ってしまいました。
「私たちはすでにあまりにも多くの犠牲を払った」
「そして約束したはず」「大空へ飛ばし…仕舞うのだ」
今の私も100%同じ気持ちです。
世界の愚かな指導者に盲目的に追随する事なく、
戦後の原点、平和日本の原点に立ち戻りたいものです。
yasuhiko
2017/05/03 15:28
こんにちは〜

自作の詩 心うたれてしまいました。
日本は平和ボケしているとも言われますが、それで良いとも思いますが
しかし、戦争を知らない(自身を含めて)世代がほとんどの時代になろうとしています。

私は8月だけではなくもっともっと戦争のあった時代のことを、メデイアを通じ放送すべきだと思っている一人です。
戦闘機が紙飛行機 そうなって欲しい 理想の願いでもあります。
イータン
2017/05/03 16:38
感動的な詩ですね。日本人の中にまた戦争をしたいともう人はいないはずですし、経験のない若者だって見ず知らずの相手を殺すことはしたくないはず。
問題は国の指導者です。北朝鮮の指導者はかの国民の命などノミ・シラミ扱いでしょう。シリアの大統領もしかり。
何とか平和的に共存する使命を持った国の指導者に満ち溢れた国際社会になってほしい、と願うのみです。
nibari1498
2017/05/03 17:42
 テロを実行している人たちも、或る意味では犠牲者なのかもしれないと近頃は思う次第です。双ですね、爆弾を花火に、ミサイルを鉛筆に、戦闘機を紙飛行機にすれば、もっと平和な世界がやって来るものと思います。もっとも、鉛筆はミサイルよりも強いはずだと思いますが、近年ゲームで育った若者たちには、そのことを理解してくれる人がどのくらい居るのか不透明ですね。
 実際、戦争やテロで犠牲になる人たちは、指導的立場にある人たちではないので、或る意味で、ゲーマーに近い存在だと思います。本当の戦になって、自分がゲーマーのままで居られなくなった時には、もう遅いと言う事に、多くの人が気が付かなければいけないと思います。
藍上雄
2017/05/03 20:45
期せずして、同じテーマでしたね。

驚きました。

殺し合いをしても、何一つ解決しないのに…。

この詩をまた朗読してみようかなとも思っています。

期待せずに楽しみにしていてください。
ごろー。
2017/05/03 21:38
ごく一部の人たちを除いて、戦争をやりたくてしょうがない人なんていないと思います。
でも戦争のない世の中になってほしい、と思うだけでは戦争はなくなりません。
もちろん、そう思う気持ちはとても大切ですが。

安倍首相は、憲法9条に自衛隊を合憲化する規定を追加したいようです。
それであれば、日本の軍隊は徴兵制にして、総理大臣の子であっても(安倍さんには
お子さんがいませんが)、経団連会長の孫であっても、財務省次官の親族であっても、
連合の委員長の息子でも、平等に徴兵すれば良いのです。
そうなれば、ぎりぎり自衛に必要なとき以外に、戦争をしようなんて思わなくなる
と思います。

現実的すぎて、ごめんなさい。
カンツォーネ
2017/05/03 23:20
素敵なブログへの、お招き ありがとうございます。
この度は、拙い当ブログへのコメントを有難うございました。

「世界中の爆撃機は、紙飛行機に。
 世界中のミサイルは、鉛筆に」
それらが、優しく温かく
世界を美しく彩れば良いのに…。
切に切に、そう思います。


因みに 貴ブログの、トップデザインの
ANNASUIの「Flight of fancy」、
ここ数年、愛用している香りです。
風花
2017/05/04 00:19
内容が素晴しいです。
世界の指導者がこれを読んで、心を入れ替えて欲しい。
でも、一人か二人、国のリーダーに変人が居ると狂気の世界になります。
反乱分子や兄弟を平気で殺すリーダーと対峙し、日本を守るにはどうすればいいのでしょう。
現実は、ニュースにあるように一発触発!
平和憲法も、絵に描いた餅ではダメという事で自衛隊を盛り込む方向です。

でも、フランス革命も、ベルリンの壁崩壊も一般市民が主役でした。
外側からの圧力ではなく、内側からの変革で変えていくべきだと思います。
その意味で、この詩はとても重要だと思います。
アルクノ
2017/05/04 10:13
こんにちは

お隣同士は仲良しで
お互いちょっかい出し合って
関心ばかり言いている

それに乗じて
こちらも準備
どちらのいたずら小僧も
お尻ぺんぺんしないと
目が覚めないかもしれないね
無門
2017/05/05 20:23
こんにちは!
(爆撃機は紙飛行機に、ミサイルは鉛筆に)そのとおりです。
一部の危うい指導者に振り回され、平和への願いが置き去りにされ、危険な空気が満ちてきています。
世界中の指導者に是非この詩を読んでもらいたいものです。
一部の人を除いて平和を願わない人はいないでしょう。
eko
2017/05/06 17:57
『想定外の大津波だった』と言われていた3.11大地震の津波も、
よく良く調べてみれば、実は1000年くらい前にも同規模の
大津波の形跡があった・・・と
まさに<災害は忘れた頃にやってくる>でした。
70年ほど前、自国でも周辺国でも関係国でも、あれほどの
犠牲を払った大戦の反省から公布された<日本国憲法>の精神。
”まだ”70年しか経っていないのに、”もう”忘れられようと
しているかのようです。
誰か・・・ではなく、一人一人がよく考え、どうするのか?
選んで出た結論に対しては、責任をもつしかありません。
宮星
2017/05/07 17:50
こんばんは
拝読させていただきました。
とても共感します。
いつのまにか幼稚園あ児のような指導者が多くなってしまったように感じます。
歴史を学ばないような世界に逆戻りしている不安感を抱かざるような昨今の状態に危機感を感じている人は多いと思います。
”平和でいたい”ですね
強く願います
ふりかけ
2017/05/18 22:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
《自作詩》 \*\ - 平和でいたい - /*/ 小枝's Blog "cm(センチ)な距離で…"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる