酷暑お見舞い申しあげます*はじめて受けた検査 - 心筋シンチグラフィ検査 -


今年は記録的な猛暑日が続く酷暑の夏となっておりますが 皆さま 如何お過ごしでしょうか

心から 酷暑のお見舞いを申しあげます

画像




画像



私事になりますが 5月末に行なった24時間の心電図ホルター検査において

狭心症の疑いがあるという波形が表れているとのことで掛かり付けの内科主治医より

「紹介状を書くので希望される大きな病院の循環器科で精密検査を受けて下さい」と言い渡され

事前予約のうえ 7月始めに市内の総合病院循環器内科にて 下記の検査をうけてまいりました

『心筋シンチグラフィ』こちらのクリックにて検査内容の詳細が閲覧できます


若い方々ですと自転車を漕ぐとか

又は この様なトレッドミルで行なわれたりも…

画像



今回 私の場合は薬剤負荷(気管支喘息のある方は適用不可能とのこと)という形で行なわれました

画像




      *このような電極を6つ*

画像



画像


  右の位置関係で貼られ  更に 両手首と両足首には

  クリップ式の電極と 左腕には血圧計の腕帯が巻かれ

  右手の親指には 血中酸素飽和度を把握するための


  パルスオキシメーターを付けられ  ベッドに横になった状態で薬剤負荷による  
 
  心電図波形の読み取りが開始された次第です




ごくごく稀にではあるそうですが 検査中の負荷状態で重篤な症状になる方が居るとのこと

ですので今回の検査には一応 「同意書」に署名を求められました

結構ビビり症なものですから掛かり付けの内科の主治医にも「大丈夫でしょうかぁ?」と怖々 質問

「核医学検査の技師さんも 循環器科の医師も

その場に立ち会って行なう検査なので安心して受けて来て下さい、大丈夫ですよ」とのこと


***で、挑んだのですが 

    
薬剤が全て入って来た段階で 大腿部が小刻みに震えだし

                  
顎はガクガクと 歯がガチガチと鳴るような


いわゆる 痙攣状態が5~6分続いたのが正直チョット恐怖でした

でも 静脈への薬剤点滴が終了すると だんだんと治まっていき…

「あぁ やれやれ 無事生還!」(笑)  外で待ってくれていた娘と再会し先ずは一安心



今まで体験したアミューズメントパークのアトラクションの中でも

これだけのドキドキ感を味わったことはなかったなぁ~ と(笑)


  *こちらが当日の検査の流れが書かれた用紙*

画像





       薬剤負荷で心電図をとった後は
       
       ミニビスコを1袋と紙パックのコーヒー牛乳

       そしてこのようなハートを模った

       可愛いゴムまりを検査技師さんより手渡され

       薬が行き亘り 機器検査を待つまでの間にこれで手の運動を…とのこと




画像












    病院ロビー内にあるTULLY's Coffeeのソファをお借りして

    放射線技師さんのお言い付けどおりに
    
    ビスコとコーヒー牛乳
(私は牛乳が飲めないものでコーヒー牛乳のほうを選択)
    
    そして ※写真の→ハートのゴムまりを ぐにゅぐにゅ 揉んでいると

    あっと言う間に 〝核医学検査室〟に戻って 機器にかかる検査を受ける時刻になりました

     
『心筋シンチ』


※検査機器の詳細は記事の冒頭でもリンクさせていただいたこちらへ



画像



                         この検査で得られる画像は 素人が見ただけでは本当に分かりません

                     ※これは外部よりお借りした画像である点をご了承願いますが 同様の画像を見せられました


画像

               

静脈への点滴(注射を含め)3回の薬剤が投与されるので 用いられた注射針は柔らかくて細い針

それを検査中は刺したままで院内で休憩していましたが

食事やトイレ等で右腕を動かすと 一瞬 「チクッ!!」 と 痛みが走り…

検査終了後は チョット大袈裟なのですが このような処置をされました



画像





そして 約1週間後 

検査結果を聞くために受診しましたところ

掛かり付けの内科主治医が狭心症ではと心配した心電図の波形は『完全右脚ブロック』に因るものとのこと

(心電図が狭心症に酷似した波形を表示することがあるそうで…)

「内科の先生はこの点の診断(判断)に戸惑われたのでしょう」というのが循環器内科医師の所見でした



※ご参考までに こちらのクリックにてどのようなものかご覧いただけます『右脚ブロック』




思えば子供の頃より持久走などは 早々にダウンしていた生徒であったなぁ と…

驚かされたり 駈け足で階段の昇り降りをしても直ぐにドキドキし それがなかなか治まらない

子供の頃からそのような感じでしたので 今回の所見を聞き納得いくこと頻りでした

これから更に歳を重ねていくにつれ 恐れている方向へと変化していくことも考えられますし

症状に異変が生じた際には なるべく躊躇することなく検査を受けにいこうと思っています





今日は 掛かり付けの内科の定期受診日であったので 総合病院の循環器内科でいただいてきた

内科主治医への検査の返事(所見)をお渡しして参りました

私もこの内容を保存しておきたいので 主治医にコピーをお願いし 読んだところ

「誘発虚血は認めず 現時点では経過観察の方針としました」と記載されていました

如何せんこの酷暑もあってか 本日 内科で主治医が手首を取りカウントすると

脈拍数は 120

「やめていたお薬 どうも再び服用したほうが良さそうですので お出ししますね」と…

薬だけに依存せず 後は食生活の見直しにも 力を入れなければ と思った今日です




☆.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*☆.:*・’・*:.。☆




実は これも20年近くの付き合いである頸椎症(ストレートネック)から生じている

頭痛・肩凝り・各所の疼痛・痺れ etc...の悪化に伴い

心筋シンチグラフィ検査と相前後して 別の病院にてMRI検査も受けて参りました

市内の脊椎センターで行ないましたが 5年前の画像との比較では然程の悪化は見られぬとのこと

一応 それを聞けただけで 不思議なもので気分的には落ち着けたような…?

〝人間とは本当にデリケートな生き物〟に創られているのだなぁ…と改めて想います

(脊椎脊髄科の次回受診は 12月で良いとのこと)
画像

※ご参考までに 頸椎の異常が引き起こす症状を添えさせていただきます※


年々悪化していく後頭部の頭痛と最近妙に怒りっぽくなってきたことにも不安がよぎりましたもので…

脊椎脊髄科で現状の異常が払拭されたのに次いで 院内紹介の形を受けて 脳神経外科も受診

全脳MRI撮影検査も行ないましたが 異常なしとの診断で こちらも一安心



画像



脳外科から現在は神経内科へと移行し

『大後頭神経痛』(13年 代打者が居ないまま采配を揮っている管理組合のストレスが大きいかと…)ということで

ホームドクター(こちらでは コレステロールのコントロール治療)との連携治療が始まった次第です

『大後頭神経痛』こちらのクリックでご参照が可能です)

頭痛が酷いからと 安易に市販の鎮痛剤を長期に亘って服用していたことで却って頭痛が悪化

これが『薬物乱用頭痛』招くことは早いうちから承知していたのでしたが…

勇気の無さと手軽さから ついついやめられずに過ごしてきてしまいました

これに関しては7月初旬より一切やめたところ 気のせいか1週間も経たぬうちに

あれだけ激しかった頭痛が やや緩和されてきたような…

また綴ってしまいますが 本当に人間の身体は神秘に満ち デリケート 且つ ケアをしかっかりとし

奢らぬ食生活・豊かな精神生活を送れるならば 未知数の可能性を秘めた素晴らしい人生が

送れるように創造されている・・・ そんな風に想えてなりません




まだまだ やりたいことが山積しています

日本の外に足跡を残すぞー!!」という願望を叶えることもそのひとつ

それには何と言っても 〝苦痛のない身体を取り戻すことが大切(先決)〟という想いに支えられ

*これから治療を頑張って受けていこう そう気持ちを新たにしているこの夏です*




【終わりによせて…】




一部の方より 拙ブログ更新が停止していることに多大なるご心配のメッセージを頂戴致しておりました

購読して下さっておいでになる皆さま方にも 同様のご心配をお掛けしていたことかと…

この記事を以って 近況のご報告に代えさせていただくと共に 深くお詫び申しあげます

なお今しばらく治療に専念 また作業の優先順位で対応せねばならない事に着手している点

および 身体を配慮し前述の理由を踏まえPC作業等はなるべく控えるよう心掛けていますので

記事更新は思うように運べませんが 何とぞ お赦し下さいますよう

今後とも よろしくお願いいたします





病院の帰りには 元町を ちょっと お散歩



画像










そして


〝冷やしたぬき蕎麦〟を とても美味しくいただいて 帰途に着きました

画像



2015年 盛夏




画像
posted by 小枝 at 21:00Comment(0)
保留中各記事タイトル2018-10-13.jpg



- ☘ - 小枝 (mis@)の本棚 - ☘ -



映画備忘録として “Booklog” を利用させていただいています

本棚左下の “ 🏠マーク ” のClickで 私の本棚が開きます




保留中各記事タイトル2018-10-13.jpg



下のTOP画像のclickで 当ブログのTOPページにもどり

“ 過去記事50タイトル ” の 代表画像が表示されます








保留中各記事タイトル2018-10-13.jpg




【実行中】2021-2-4コメント書きこみについて.jpg

この記事へのコメント

- ☘ - Profile Gallery - ☘ -

- ☘ - Handle name
: 小枝 - ☘ -
- ☘ - Blood type
: B ( Rh + )  - ☘ -
- ☘ - Star sign
: Gemini ふたご座  - ☘ -
- ☘ - Hobby
: Watching movies( 映画観賞*洋画主体 ) / Music appreciation( 音楽鑑賞*洋楽主体 ) / Writing poetry( 詩作 ) / Photography ( 写真撮影 ) - ☘ -
- ☘ - Special skill ( 特技?? )
: Ear copy 耳コピー ( Can do little. ほんの少しだけですが… )    “ I play the piano though it is my own style. ”  - ☘ -
- ☘ - Apology(おわび) : Feeling ball (気持玉)is hidden.   勝手ながら現在 非表示とさせていただいています - ☘ -







- ☘ - Photography equipment / 撮影機器  - ☘ -


2020-6-18ヒメジャノメ.jpg


★ Flowers 花 / Insect 昆虫 (※ Macro 接写) : XPERIA   XZ 2 ( Android )  * Sony
★★ Same as above (※ Medium zoom) : Cyber-shot DSC-WX 300 * Sony
★★★ Moon 月 / Wild bird 野鳥 (※ High zoom) / Distance shooting : COOLPIX  B 700 * Nikon

※ 当Blogに掲載している画像 / 詩の無断転載およびコピーはご遠慮ください






縦型 左 蝶入り【 実行中】*2021-4-22作成🌷縮小ロゴのボーダー.jpg   ●GIF2020撮影の暖炉2021-1-17作成Pixaloop.gif   縦型 右 蝶入り【 実行中】*2021-4-22作成🌷縮小ロゴのボーダー.jpg




Blogを彩る🌷の各画像は 愛用のランプを暗室で撮影
アレンジさせていただいたものです








2020-1-24イソヒヨドリ.jpg
2020-9-28トンボA.jpg
※2020/10/1の記事より再掲: Shooting day : 2020/9/28

☘ Past Log ☘

☘ Theme List ☘