自作詩  * 夢 の 寝 息 *

画像画像
















いつの間にか 眠ってしまった


君のほっぺに ほっぺをよせた


ミルク色の すやすやした寝息が


わたしの鼻と 


耳をくすぐってきた




夢の無限の大海原を 泳いでいる君は


いろんなストロ❘クを 

これから覚えていくのだね



生(せい)なる 海へ 


神々しく 捧げられた


小さな 小さな この命



画像




















夢の寝息を 聴きながら 


わたしは 我が子の髪の毛を


幾度も幾度も 手櫛ですくっては


湯船に なびかせた


小さな 浴室の中に立ちこめる


夢の寝息と


両親の 笑顔の呼吸が


天使のほっぺを 


世界中で いちばんきれいな桃色に


染めていくので ありました  





画像







画像画像
















◆*◆


// 婆ばかぶりをお見せし恐縮ですがこの「詩」に関しましてはコメント欄を開かせていただきます //

*上のPhoto=今年になっての撮影で入浴のあいだ終始 爆睡をしていたとのこと*

**下のPhoto=生後1か月の頃 スリングでの抱っこのレッスン中に眠ってしまったワンシ-ン**







お気に召しましたら

下記のオルゴール曲を再生しながらご

鑑賞下されば幸いです









◆*◆








画像










この記事へのコメント

  • ごろー。

    綺麗な詩ですね。

    そして、この音楽がぴったり合います。

    小枝さんの詩は、音読するとなぜか涙声になって、声がつまります。

    娘たちの幼い頃をふっと思い出しました。

    いまは、憎まれ口しか言ってくれませんが。(笑)
    2017年02月02日 16:51
  • 長さん

    私にも男の子(小5)と女の子(小2)の孫がいますが、孫は文句なしに可愛いですね。
    親と違って育てる責任がないから尚更ですかねー。
    いつまでジジババと遊んでくれるかなー。中学生になったら無理だろうなー。
    2017年02月02日 18:24
  • eko

    こんばんは!
    素敵な詩ですね。お孫さんへの愛情がいっぱい溢れて、読んでいるうちに優しい気持ちになれました。
    私も孫が小さい時を思い出しました。眠っている顔はほんとに天使ですね。
    2017年02月02日 22:18
  • アルクノ

    久し振りのコメント、ありがとうございました。
    ご夫婦そろって体調が思わしくないとの事。
    お孫さんへの愛情を糧に、
    体調に気を付けられ、頑張って下さい。
    私は歩き回って、健康優良爺デス

    神戸は開港150年を迎えました。
    色々紹介していきます。
    アルクノにも磨きをかけていきたいです。
    お時間ある時、是非また立ち寄り下さい。
    2017年02月03日 07:14
  • ごろー。 さんへ*小枝 拝

    ごろー。 さん

    体調不良から気持玉だけのみで失礼していて申し訳ございません。
    孫の写真や動画をおねだりしては その整理をするのが日課になっています。
    気に入った表情やシーンの写真に出会えると 詩心が突き動かされ…

    おそらく私もこの拙詩を自身で朗読したなら 我が子への当時の想いが重なり
    声が詰まってしまう気がします。

    「朗読会」のご盛況お祈りしています。今後もどうかよろしくお願いします。
    2017年02月03日 16:14
  • 長さん さんへ*小枝 拝

    長さん さん

    お越しのうえコメントまで寄せていただきどうもありがとうございました。
    爺、婆のお仲間入りをし来月で1年を迎えますが。本当に「孫」というものがここまで
    可愛い存在であるなんて正直思ってみていませんでした。
    最強のサプリメントとして 孫の動画に癒されている毎日です。長さんの好々爺ぶりも
    目に浮かぶかのようです。お風邪に気をつけてお過ごし下さいますよう・・・
    2017年02月03日 16:24
  • eko さんへ*小枝 拝

    eko さん

    ekoさんにもお孫がおいでになるとのこと。お小さい頃を思いだしていただけたようで
    うれしく思います。
    「這えば立て 立てば 歩めの親ごころ」という想いはいつの時代に在っても不変だと思います。
    天使が舞い降りて来てくれた昨年3月… 
    娘のために買ったお雛様を 十数年ぶりで先日飾りました。豪華な物ではありませんが
    娘から孫(女児)へと 受け継いでいってほしいと思っています。雛飾りも後日 記事に
    してみる予定ですのでよろしければまたお立ち寄り下さい。
    2017年02月03日 16:36
  • 華の熟年

    こんにちは。

    可愛いお孫さんへの愛情あふれる詩を拝読しました。
    『 天使のほっぺを世界中でいちばんきれいな桃色 』は
    本当に可愛いさが表現されていますね。
    小生も孫がいますので、お気持ちは良くわかります。
    2017年02月03日 16:41
  • 宮星

    お孫さんへの優しい思いが静かに伝わってくるポエムですね!
    残念ながら私にはまだ孫がいませんが、そんな日が来たらいいなぁ・・・と思います。
    我が家の息子ら、早く結婚しないかなぁ・・・
    2017年02月03日 17:54
  • 股旅

    「ひょっとこ」

    行くよー と妻が言う
    いいよー と私がこたえる

    大きなガーゼにくるまれた
    小さな赤子が手渡される

    船の形の温度計
    優しく匂う白いお湯

    ゆっくりゆっくり慎重に
    お湯に赤子を入れていくと
    赤子のほほは桜色になり
    目元はほころび和らいだ表情になる
    そして口元は チューの口になるのだ
    幸せそうな顔だ

    この瞬間が私は好きだ
    この顔を見たいがために毎日毎日この子を風呂に入れいるのだ
    このひょっとこ顔が最高に大好きなのだ
    2017年02月03日 18:49
  • 華の熟年 さんへ*小枝 拝

    華の熟年 さん

    ご来訪下さいましてどうもありがとうございました。
    そうでいらっしゃいましたね、華の熟年さんも貴ブログで可愛いお孫さんの記事を
    掲載されておいでになっていたのを覚えています。
    「地球という名のゆりかご」に 世界の人々が共存共栄で安らぎを得られないことが
    惨過ぎる…とおもえる今宵、トランプ氏の一挙手一投足がやけに気になって仕方ありません。
    またお越し下さいませ。私も体調に応じお邪魔させていただきますのでよろしくお願いします。
    2017年02月03日 21:07
  • 宮星 さんへ*小枝 拝

    宮星 さん

    こちらへもお立ち寄り下さいましてとてもうれしいです。
    正直 孫を抱けることは無理かもしれない…そう夫婦で話していた時期もありまして。
    こればかりはご縁というやつでしょうがそれが突然「予告編」なしで展開されたという感じです。
    孫は可愛い・可愛すぎる!
    このご実感が味わえる日が是非とも宮星さんにも近く訪れますことをお祈りしています。
    2017年02月03日 21:16
  • 股旅 さんへ*小枝 拝

    股旅 さん

    「ひょっとこ」何とも素敵な詩ですね。
    常々、股旅さんから個人的には赤子の入浴の表情と その愛らしさ
    そして入浴させるのが上手いんです!というお話はうかがい知っていましたが…
    このように詩に託する才能も なかなかのものですね。
    きっと良いお父さんなのでしょう。拙詩と並行して皆さまに読んでいただけると
    興味深いかもしれませんね。詩を詩で返して下さるとは如何にも股旅さんらしいです!
    良い詩を本当にありがとうございました。
    2017年02月03日 21:27
  • ふりかけ

    こんにちは
    ご無沙汰してしまって申し訳ありません。

    沐浴のときの赤ちゃんの顔
    そして髪をなでている姿が浮かんできて愛され幸せな様子 素敵だと思います。
    生まれてきた命 皆そうであればいいなと願います。

    御身体は大丈夫ですか?
    おだいじになさってくださいね。
    今年も宜しくお願いします
    2017年02月04日 17:28
  • ふりかけ さんへ*小枝 拝

    ふりかけ さん

    お返事遅くなってしまいすみません。こちらこそご無沙汰してしまいお詫びします。
    産後約2ヶ月近くは実家で過ごしていましたが新しい家族の生活をスタートさせるため
    実家を去っていく日は私のほうがセンチになってしまいました。

    この詩は 娘が赤ちゃんの時にいだいていた時分の想いが
    我が子をお風呂に入れている娘を見ていたら何だか孫が 当時の娘に見えてしまい…
    そのようにして心にシャボン玉のように浮かんで来た言葉が詩になった次第です。
    こちらこそ本年もよろしくお願いします。
    2017年02月07日 19:09
  • アルクノ さんへ*小枝 拝

    アルクノ さん

    まぁ 何ということでしょうか。実はまたしてもアルクノさんのコメントは
    ブログ管理ページのスパムに格納されてしまっておりました。気づくのが遅れたこと
    心より深くお詫び申し上げます。でも 今回は何がいけなかったのでしょうね?

    よく「カップ○ー○ル」でさえも対象になるとか聞きますが…(笑)

    >健康優良爺デス
    「いいですね~!羨ましいです」私はもっか歯科通院とトリガーポイント治療に
    明け暮れています。元気を取り戻しぜひ神戸を再訪したいです。

    スパム扱いになっていたことに気付かず掲載が送れましたことお許しくださいね。
    また お邪魔させていただきます。今後もよろしくお願いしまーす!
    2017年02月07日 19:22
  • 詩 誠

    こんにちは!初めまして 
    書き込み有難うございました。

    ※天使の優しいホッペ!

    ホッペで ほっぺに そ~と触れた

    柔らかな マシュマロのように
     
    指で押すと つぶれそうな ホッペ

    それでも プニプニ したくなるホッペ

    シャボン玉のように 消えそうで
     
    そ~と そ~と触れた
     
    いやいやを するように 優しく 優しく 

    ホッペを 擦り寄せると

    愛しさが 大きく大きく膨らみ チューをした

    有難うございました。それではまた・・・・



    2017年03月05日 17:41
  • 詩 誠 さんへ*小枝 拝

    詩 誠 さん

    この度は拙ブログにお越し下さいまして本当にありがとうございます。
    詩 誠さんの夢のある言葉の数々 その表現力の穏やかさに魅かれました。

    小学校1年生の頃に落語まがいのお話を日記帳に綴ったのをきっかけに
    小学校4年の夏休みの宿題に原稿用紙を閉じた詩集を作って提出。
    それを担任がとても評価してくれたのを機に「詩」をいうものに目覚めました。
    その辺りのことは拙ブログの「詩との出会い」に大まかに載せせていますので。
    http://aiyoeienni.at.webry.info/201304/article_1.html

    よろしければ 詩 誠さんも天使のホッペのトラックバックをされてみて下さい。
    気まぐれな更新ですが今後もどうかよろしくお願いいたしします。
    2017年03月06日 13:28
  • ponko310

    始めまして

    あっけてびっくり、玉手箱。
    私も2013年が初めてのブログですが、小枝さまの素晴らしいblogにはキモが抜けました。
    物すごい操作の知識がおありで、頭が下がります。
    「素晴らしい」の一言です。

    この詩は小枝様の当時の優しい母親の愛情を感じます。
    読んでいてホッと心が和みます。
    こんなお母様に育てられて娘さんはきっと幸せな子供を育てていくんだろうなって、心が和みます。
    こんな女性たちがまだいるんだなって心が和みます。

    こんな記事が目に付いて心が和みました。
    どうもありがとう。


    2017年04月23日 18:06
  • ponko310 さんへ*小枝  拝

    ponko310 さん

    拙ブログへのお立ち寄りありがとうございます。ブログ開始時期が同じで在られるご様子。
    なぜかそれだけ親しさを感じてしまいます。
    「さま付け」はくすぐったいので「さん」でお願いします。

    2か月後には61になります。ブログを始めた動機は必要に迫られて購入したPCを
    いじくっているうちにWordが何とか打てるようになり…
    更には タレント界の方々がなされているのを拝見し触発され…
    でも自分には無理だろうなぁと諦めかけていたのですが。
    好奇心旺盛な性格とボケ防止に良いのでは?という思いも湧きまして…(笑)
    行ないたい設定は全てネットで検索してここまで辿り着いたという流れです。
    ページ作り(詩は縦書き/記事毎のイメージに合うパーツを検索する etc..)をしていると
    たちまち時間が経っていて ビックリぽん!です。key打ちも遅いせいですね(汗)

    このような詩で和んでいただけたのであればこんなにうれしいことはありません。

    孫の写真の掲載は加工のうえ娘のOKを貰わないといけないので時間を要しますが。
    日を追うごとに可愛くなっていく初孫にますます婆ばかぶりを発揮している私が居ます。
    娘に関してはお褒めいただいたような育て方は出来なかった反面教師の母親です。

    なのでせめて娘には私の失敗を我が子にせぬよう願っているのですが。
    実経験で失敗してみないと 分からないことって人生においては沢山ありますね。
    「親の意見と冷酒は後で効く」・・・それでいいのだ、と・・・

    ponko310さんのもともご訪問させていただきます。
    宜しければまた是非お気軽にお立ち寄りいただきコメントをいただければ なお幸いです。
    こちらこそ今日はありがとうございました。
    2017年04月23日 20:12
  • ponko310

    それでは小枝さん
    私はponkoです。

    好奇心旺盛な方はぼけません。
    それにこれから61歳とは、私には羨ましいぐらい若いです。
    と言う事で、私のPC能力はここで限界ですよ。

    キーを打っていてたちまち時間が過ぎて行くと言う感覚、痛々しく身に沁みています。

    お体を悪くなされたと言う事ですが、大丈夫。
    人間は結構回復力に長けているものです。
    美味しいものを食べて、素敵な詩を作って、心にたっぷり栄養を与えて健康を維持しましょう。

    これからもよろしく。
    2017年04月24日 00:07
  • ponko310 さんへ*小枝 拝

    ponko さん

    こんにちは。ご再訪ありがとうございます。

    >それにこれから61歳とは、私には羨ましいぐらい若いです。

    と記されているponkoさんはさて…お幾つぐらいの方なのでしょう。因みに夫は12上です。
    時々 Generation Gapが生じ 会話がフリーズすることもありますが…(笑)

    仰せの通り人間とは自身でも予測し得ぬほど力を発揮したり意外な治癒力を
    もっていることに気づかされたことがこれまでにもありました。
    一昨年の左手首の骨折も過去記事で扱っていますが 1ヶ月間のギプス生活後に
    8ヶ月リハビリ通院を頑張ったおかげで今はすっかり良くなっていますので。

    今回の入院は3本の下顎水平埋伏智歯と上顎の3本の抜歯のためでした。
    その他にもストレートネックの脊柱管狭窄症やら腰椎も悪く…
    今度は夫が目のオペを考えています。老夫婦で肩を寄せ合って細々暮らせるものと思ったら
    お困り隣人に振り回され係争中で私の采配に委ねられており…
    14年間その問題で苦しんでいる生活に在って昨年生まれてくれた初孫に勇気を
    そしてブログではお仲間の皆さまにエールを頂戴しては元気を貰っています。

    想うようにはいかぬのが人生。だからこそ面白くもあり いろいろと学ばされるこもあり…
    無駄・不要なことは一切ないのだと心の栄養を糧に頑張っていこうと思っています。

    こちらこそ今後もよろしくお願いします。

    2017年04月24日 16:04