春の良き日によせて…*わが娘に贈る


早いもので娘が出産し もう1年1ヶ月が過ぎました。そんな先日 ・・・

子供を連れた娘と横浜駅で落ち合い『川 崎 大 師』(文字のClickでHPが開きます。動画もあり素敵な構成のHPですよ)にお散歩して参りました。

正式な名称は《金剛山 金乗院 平間寺(こんごうさん きんじょういん へいけんじ)とのこと。

一般名では「厄除弘法大師(やくよけこうぼうだいし)」

でも ただ単に「川崎大師(かわさきだいし)

県民は 「川崎のお大師さま」という言い方もよくしています。そのほうが親しみ易さを感じます。

長たらしいご立派なお名前は一度 聞いただけでは覚えられませんものね(笑)


画像

*こちらの画像は外部よりお借りいたしました*



画像




初めにご住職のお話があり次いで祈願の護摩焚きの準備が・・・

若草色のお袖を振り乱しながら 力強く大太鼓が打ち鳴らされ いざ始まるというところで

孫は眠くなったのか大泣きを!他の方々のご迷惑になってはいけないと

娘は(さーっ)と 外へ出て行ってしまいました。大泣きしている孫の声は私の耳にも届くほど。

折角の厄除祈願に退座は無念だろうに…

そう 内心で想いつつ後方に座し私が待っておりますと何と娘は割と早く帰還したではありませんか!(笑)

孫は (パタッ!)と 寝落ちしたとのこと。娘は これ幸いに本堂の前(直ぐに外へ行けるよう後方)に座し私と並んで

護摩炊きを受けることができました。本堂の裏側を向かって右から入りご住職に導かれ

ゆっくりと歩いていく途中にある神仏にも手を合わせ お賽銭を捧げました。



画像




最後に名前を呼ばれお札をいただいて厄除の祈願は終了。

4日早かったのですが本堂の横にはお釈迦さまが愛らしいたくさんのお花に囲まれ設えられていました。

お釈迦さまの御身をわが身に見立てて 良くなってほしいところに甘茶を可愛い柄杓で掛けました。

すると甘茶のサービスがあり 娘といただきました。「何だかすごく久しぶりな気がする!」と娘。

子供の頃はお寺の幼稚園に行っていたのでお釈迦さま(花まつり)には必ず甘茶を掛けに…

そうなんです…こうして娘と出掛けたこと自体が私には寧ろすごく久々の外出で拙ブログで3回に亘って記事にしている

「 気ままに “@ 神戸旅” vol.1」 (こちらの文字のClickでその記事にジャンプいたします)以来の母娘での外出だったような気がします。




画像




お札を頂戴したあと ご住職さまが「お撮りしましょうか?」と声を掛けて下さり…

甘えて写していただきました。

スマホ用の三脚の位置が決まらず 私はベストショットを諦めていただけに

こうした優しいお声掛けに ひじょうに心安らぐ想いになれました。 

またお参りに来ようという気持ちにもなり。

画像画像


そのあとは境内の「八角五重塔(中興塔)」を目にしながらその前で

目を覚ました孫に離乳食を与えながら あっつあっつの蛸焼きで 軽食を摂りました。

春の日差しが実に心地よかったです。

画像


八角五重塔は、昭和59年の当山吉例大開帳ならびに弘法大師1150年御遠忌を記念し落慶されました。
当山の五重塔は、境内と諸堂宇との調和を考慮し、さらに真言の様式にかなうよう華麗にして格調ある「八角」としています。
八角は最も円に近い建造物の形といわれ、「包容力」「完全性」を象徴しています。

*上記の説明はHPより引用させていただきました*


画像




画像




そして こちらは

お大師さまをあとにする際の二人を(カシャッ)と私が…

画像




画像




境内も仲見世通りも お正月の混み様は嘘のように閑散としていました。

娘がお土産を選んでいるあいだ 孫を見ているとソーラー(?)電池で手が動く招き猫さんが気になった様子。

犬が通れば 私たちよりもいち早く発見し「ワンワンッ!」(←なぜか なんとな~く英語発音)

この日はお土産物屋さんの招き猫さんを じーっと見ては気になるのか声を出しながら指さしていました(笑)



画像




早いですねぇ この時期の乳幼児の発達とは。昨日まで出来なかったことが突然出来るように!!

うれしい成長に目が離せない時期を迎えた孫と わが娘が少しずつ「母親」として成長してくれていることを見て

《親は子供によって「親」を学ばせてくれるのだ》と… そう改めて思いながら

夫君へのお土産をチョイスしている娘の姿を 眩しく傍で見ている婆の私が居ました。



画像




お大師さまを出て帰り道の途中に 「明長寺」(みょうちょうじ)
という印象的な御門のお寺が私の目にとまり…

画像

*こちらの画像は外部よりお借りいたしました*



お大師さまでは気がつかなかった桜ですのに こちらのお寺の左手の御門にあった

たった1本の桜が なぜか私の目を奪いました。きっと満開を迎えている桜をこんなにも近くで

以外な場所で見ることが出来たからでしょうか。

私は 入っても平気なのかな?と ちょっと不安げにそっと門の中へ…

すると なーんだ次から次へ入って来られる方が。ネットで検索したところによれば

東海三十三観音霊場 三十五ヶ寺の「二十四番」にあげられているお寺とのこと。

山号は「恵日山」院号は「普門院」で 御本尊は「十一面観音立像」とのことでした。




画像





ベビーカーを押している娘を 御門の内側で咲き誇る桜の前に招き入れて

“2017年の娘と孫の春"を

どうしても残してあげたかったのです。

親 and 婆ばかですね…(笑)


画像



◆*◆


画像






画像





個人的に非常に体調が悪い日(生活環境に於いて長きに亘る争点が解決せず 私にその操舵が何十年も任されているのが原因のストレス)が続いているでのすが。

そんな意味で 自らが作ってしまう 悪化させてしまう病がこれだろうと…

「自身」を駄目にするのも「自身」を救うのも「自身」そう想えた瞬間(とき)から

少しずつではありますが 初孫の誕生とその成長に牽引されるようにして

私は まだやれる! ブログの出来るお婆ちゃんとして 私がここから見守っていた証しを

何も焦ることはない。自分の歩調でいいのだ、やれる限りのことを残していこう…そう 想うようになれました。



画像




孫の成長を見ることが今の私にとっては痛みをケアする特効薬であり 時にはサプリメントであり。

孫の成長と母親としての娘の成長を出来るだけ長く 叶うならばそう遠くない所で見守っていたい。

***そのようなことを想っている2017年4月17日の朝です。




◆*◆



32年前の昨日 … 私の子として生まれてきてくれて「本当にありがとう」をここに添えます。

駄目なお婆ちゃんですが大いに笑わせて。大いに甘えて。

何にでも すぐに感動してしまい 涙腺決壊になる反面教師の母より…

愛しき娘へ ***

愛しき孫へ ***



◆*◆





画像





画像

*女 三 代*




画像








***


心に響いた動画を

ここへ…







***






画像



この記事へのコメント

  • すーちん

    お早うございます
    お孫さんの成長楽しみですね(^^
    回復され何よりです
    2017年04月24日 08:28
  • すーちん さん*小枝 拝

    すーちん さんへ

    今日はお越し下さいましてどうもありがとうございました。
    入院と申しましても智歯3本の静脈麻酔を用いた抜歯入院は一泊でしたが…(苦笑)
    腫れと疼痛が思うようにひいてくれず あくびも思い切りできず少々難儀しています。

    娘の誕生日を祝ってあげたかったのですがさりげなくスルーされました(笑)
    それは「もう私は人の子の親なんだよ…」という意識に目覚めてのことだと捉え
    ちょっぴり寂しかったですが敢えて私も執拗にそれ以上は言わずに居たら・・・

    メールの中で娘が “生んでくれてありがとう”という言葉を
    打ってくれていたのを見つけて 目頭が熱くなるのも覚えた私でした。

    気が向かれた時には是非またお越し下さいませ。
    2017年04月24日 15:39
  • nibari1498

    感動的な文章で締めくくりをされていますね。娘さんの年齢から言えばまだ「ばあちゃん」という言い方は早すぎますよ。
    写真から判断してもまだ壮健に見えます。お孫さんと二人で旅行に行けるぐらい頑張ってくださいな。
    私も孫娘と二人だけで高校入学時と卒業時に小豆島と室戸へ泊まり込みのドライブ旅行を楽しみました。
    今もその孫娘は「おじいちゃんっ子」です。孫は癒し、元気の素です。
    小枝さんも未来を見通して頑張ってください。

    2017年04月24日 18:43
  • nibari1498 さん*小枝 拝

    nibari1498 さんへ

    こんばんは。Yellのコメンントとてもうれしく拝読させていただきました。
    いつもありがとうございます。

    昨年の娘の出産の際…
    破水したので夫の車で病院へ着くとボランティアで患者さんに寄り添い手伝って下さる、
    やや高齢の女性が娘の車椅子を押して 私は出産準備の大荷物を下げ先導。
    外来に到着するとその女性は「頑張って赤ちゃん産んで下さいね」と去っていかれたのですが。

    そこで娘は私に 「あの人、おかんのことを見て“お姉さんですか?”だってさ…」と。
    内心で私は「むふふ・・・」と小躍り(笑)

    実際のところ私の夢は“孫を抱っこしていたら自分の子供だと思われる”なんですよ。
    「冗談きついね!」的な返答を娘にされた記憶がありますが 「やだ、ガチで本気!」
    …と思っている、厚かましい婆ちゃんであります。

    nibari1498さんのお孫さん「おじいちゃんっ子」とのこと。実にいいですね~!
    私もそれ目指したいです。現に大いに孫がモチベーション・特効薬になってくれてますから。
    私も 頑張りまーーす!! Yellを本当にありがとうございました。
    2017年04月24日 20:19
  • イータン

    こんばんは~

    お写真って本当に貴重な記録ですよね。
    女三代記録写真 素敵過ぎです
    お孫ちゃんの成長 ホント楽しみですね。
    私の孫 幼稚園の年長さんです。
    その内に孫ちゃん談議いたしましょうね。
    2017年04月24日 22:44
  • イータン さん*小枝 拝

    イータン さんへ

    こんばんは。今夜はお越し下さったうえに温かなコメントをいただき感激しています。

    亡き父は写真好きで親戚などの集まりや交流関係の集まりの席では
    必ずといってよいほどスナップや集合写真を撮影しては写真屋さんに現像に出し(費用は自腹)
    仕上がりしだい小袋に入れて皆さんに差し上げていた姿を思いだしています。

    子供だった私に一眼レフでの撮影の仕方をレクチャーしてくれていた父でした(笑)
    もっと真剣に教わっていたなら このようなスマホのカメラで撮影していず
    私も今頃は一眼レフを提げて素敵な被写体を求めながら遠出を楽しんでいたかも…と。

    今はひたすら娘にねだり送信して貰っている孫、孫、孫の動画や写真の整理に
    うれしい悲鳴を上げている毎日といった感じでしょうか。
    頼まれもしていないのに BGMをチョイスしてショートムービー化にしては逆返送してみたり。
    ほんと婆ばかだなぁ~って娘に思われていると思います。

    いーたんさんのお孫ちゃんはもう年長さんなんですね。でもまだまだ可愛い盛り♪
    孫ちゃん談義に花を咲かせる日を楽しみにしています。よろしくお願いします。
    2017年04月24日 23:16
  • 信徳

     今晩は!
    いつも素敵なブログに癒されます。
    そして同じ孫をもつ爺として孫に真面目に接して上げているのかなと
    反省させられてしまいます。
    4人の孫がGWに遊びに来る、そんな楽しみを今から待っているんです。
    春の良き日に娘さんに贈ることば、感激しながら拝読させて頂きました。
    有難う!
    2017年04月25日 01:48
  • koji

    おはようございます。

    お体はいかがでしょうか。

    ボクも二年前に親知らずを2本抜いたので、ちょっとわかります。
    お大事になさってくださいませ。

    川崎大師へのお参りのお話をうかがって、こちらまで幸せな気持ちになりました。
    ありがとうございます。
    2017年04月25日 07:19
  • 信徳 さん*小枝 拝

    信徳 さんへ

    こんばんは。お越しいただきましてどうもありがとうございます。

    新徳さんがお爺ちゃまとしての目線でお孫さんと接しておいでの時のまなざし
    目に浮かぶかのようです。きっと目じりが下がっているはずと…私もそうですから(笑)
    GWに4人ものお孫さんたちが遊びにみえるのですね、それはさぞや御賑やでしょうね。

    『孫は来てよし、去ってよし』私も徐々にそれを実感しつつあるのかなぁ? と…

    本記事を見て感激していただけたのであればこんなにうれしいことはございません。
    こちらこそどうもありがとうございました。

    2017年04月25日 18:39
  • koji さん*小枝 拝

    koji さんへ

    今日はお立ち寄りいただきましてどうもありがとうございました。
    温かなお言葉に感謝してやみません。

    kojiさんも親知らずを2本抜歯されたとのこと。お仲間が居てうれしいです。
    静脈沈静麻酔というのを用いての3本の抜歯でしたが最終的には局所麻酔の追加で
    悪戦苦闘しておいでだった先生は上顎の親知らずを抜かれたので
    沈静沈静麻酔(お昼を絶食/点滴/一泊二日入院)の効果はあったのか否か…実に微妙ですが。
    でもやはり 歯科恐怖症の私には効果的に作用してくれていたのだと思います。

    どこにでもある“小さな倖せ” 
    それは ずーっと足もとに在るのに気づけない人にならぬよう…
    人の傷みはわが身の傷みとしてとらえられる女性へと
    娘には更に 孫には そう成長していってほしいと願っています。ありがとうございました。
    2017年04月25日 18:52
  • H・R 

    こんばんは!(^^)♪ 小枝さん

    何時も気持ち玉を頂き ありがとうございます

    川崎大師に お参りに来られたようですね

    川を挟んで反対側に住んでいますので

    お大師様までは10分程度で行けますが

    無信心の私は前を通るだけです(^'^)

    2017年04月25日 19:06
  • H・R さん*小枝 拝

    H・R さんへ

    こんばんは。ご訪問下さいましてどうもありがとうございます。

    H・Rさんが お大師さまのお近くにお住まいの方とは存じ上げませんでした。
    苦しい時の神頼み というのか“敬虔な面持ち”が 私の中で麻疹のように発生したような…
    参拝後からどこか吹っ切れた自分になれている気がするのでこれはこれで 有りかなと。

    あまりに地元すぎ 却って疎遠、足を運ばない場所ってありますよね。

    浜っ子として好きな場所は数々あります。それを専ら皆さまの記事で拝見しているのも
    一味違った楽しみに浸れます。ぜひまたお時間の許す時はお気軽に立ち寄ってみて下さい。
    ありがとうございました。
    2017年04月25日 20:29
  • ふーう

    素敵なお話でした。感動しました(*^▽^*)
    頼りになるお母さまがいらして、
    娘さんも安心ですね。
    お孫さんが健やかに成長されますことを
    お祈りいたします。そして、小枝さんも
    どうかお体ご自愛くださいね。
    2017年04月25日 21:07
  • 華の熟年

    こんにちは。

    川崎大師で可愛いお孫さんの成長を願う護摩炊きによる祈願を受けられ良かったですね。手が動く招き猫や犬が近づくとワンワンッ!と言って動くものに興味がある仕草は可愛いですね。お孫さんの健やかな成長は1番の楽しみで、写真も大切な記念になると思います。小生も孫の写真をたくさん撮って印刷し専用のアルバムに残しています。
    2017年04月26日 11:14
  • クリム

    こんにちは。
    優しく素敵なお母様・・・娘さんは幸せですね
    娘さんやお孫さんに対する溢れる想いが、文章やお写真から伝わってきました。
    「自分の歩調」という言葉が印象的です
    2017年04月26日 15:58
  • りーにん

    子供の事を思う親、孫を思う ばあばの愛おしく思う気持ちが十分伝わってきますね。
    これだけの愛情で育てられたら、いい子に育つなぁ~って思います。
    女3代、みんなかわいい(^'^)

    そして、どちらが娘さん?って思うような親子写真ですね。
    スタイル抜群ですやん(^'^)

    1歳ちょいの孫ちゃん、見るもの全て始めてのものが多いから、楽しいでしょうね。
    それに反応するしぐさが、これまた可愛いんですよね。
    これから、いっぱい思い出を作っていって下さいね。


    2017年04月26日 21:50
  • ベティーちゃん


    こんばんは~♪
    退院されておめでとうございます。
    元のように早く回復されますように!
    私も2月に仙骨にひびが入り痛い目に遭いましたが
    少しでも不具合が有るとつらいものです。
    良い季節。お孫さんの成長もお楽しみですね。
    ご無理をなさらずお大事にお過ごしくださいませ。
    2017年04月27日 19:03
  • ふーう さん*小枝 拝

    ふーう さんへ

    こんにちは。ご訪問いただきどうもありがとうございます。

    頼りになるどころか寧ろ真逆で私が頼って(老いては子に従えを納得中)いる感じです。
    唯一 娘が“お母さん大変だったんだな~”と思ってくれていることがあるとすれば
    それは昨年の出産を経験し“陣痛の辛さ”を身に染みて感得してくれたことでしょうか(笑)

    試行錯誤で子育てをしていた私の時代に比べ今は情報が簡単に得られるぶん良いような?
    却って溢れすぎていて悪いような?惑わされてしまう昨今に在っては正しいものを
    見極めていく眼が要求されている気がしてなりません。スマホで孫を撮影している時も
    フラッシュはOFFにして!子供の前であまりスマホを開かないでね…と注意されています。
    御尤もなことなので協力しようと頑張っています。

    お返事が遅れてしまいすみません。今後もよろしくお願いします。
    2017年04月28日 13:15
  • 華の熟年 さん*小枝 拝

    華の熟年 さんへ

    こんにちは。お立ち寄りどうもありがとうございました。
    川崎大師へは娘の前厄の厄除祈願で参りました。女性で該当する表を見ますと
    私は後厄?らしく… 心身両面から14年間傷めつけられているもですからそれが私にも
    祈願の方向へと導いていったようでした。平日の閑散としたお大師さまでないと幼な子を
    連れての参拝は気兼ねを要しますからこの日を選んだことは正解でした。
    それでも そろそろ始まるという時に “おねむ”に襲われ大泣きされてしまい…
    急いで外の境内へ去った娘でしたが。アッという間に寝落ちした我が子を連れて
    戻ってくることができて何よりでした。

    動くものに興味がある仕草 本当に愛らしいですよね♪
    孫の成長記録の保存でHDDが埋まっていき嬉しい悲鳴をあげている婆ばかぶりも板についてきました(笑)
    華の熟年さんもお孫さんの写真をたくさん写し専用のアルバムに保存されているとのこと。
    その作業の際のお顔の目尻が下がっておいでになること ご想像できます。共に頑張りましょう!

    お返事が遅れてしまい大変申し訳ございませんでした。今後もよろしくお願いします。
    2017年04月28日 14:04
  • クリム さんへ*小枝 拝

    クリム さんへ

    こんにちは。この度はご訪問下さいましてどうもありがとうございます。
    反面教師の母ですので 娘もシニカルに対応してきていますがそこは実の親子。
    がーがー言い合っても他人様(or義理)のように消せない蟠りを残してしまうには至らずに
    何とかここまで来ることができました。地方自治体によっては
    “爺婆用の子育てマニュアル”なる物が無料で配布されているとか?母と娘 嫁と義母がで
    子育て流儀の相違から喧嘩に至ってしまうケースが往々にしてあるために用意されたらしく。

    時代は意外なところにも否応なしに変化をもたらしているんだぁ…と 実感する毎日です。

    お返事遅れてすみませんでした。これからもよろしければ是非またお立ち寄り下さいませ。
    2017年04月28日 14:15
  • りーにん さん*小枝 拝

    りーにん さんへ

    こんにちは。ご訪問いただきとてもうれしく思います。
    ばあばの気持ちなるものを拙記事で お伝えすることができたのであれば良かったです。
    こんなにうれしいことはありません。いい子になぁ~れ!っていう想いが通ずれば良いのですが。

    女3代、恥ずかしながら暈し無し(娘には許可を求めた上)で GO!いたしました(笑)

    >そして、どちらが娘さん?って思うような親子写真ですね。スタイル抜群ですやん(^'^)
    これまた恐れ多きお褒めのお言葉に恐縮しております。りーにんさん褒めすぎですよ(爆笑)

    “目にする見るものみな全て初めてのものばかり”この《刺激が誘因する感動!》は
    想像を絶するものなのでしょうね。人として生まれることができたことに素晴らしさと
    親への感謝の気持ちを素直に表せる女の子へと成長していってほしいと願っています。

    孫の全ての仕種や発語が愛くるしさに包まれていてそれが私を癒してくれています。
    孫と娘夫婦から元気を抽出させてもらいながら素敵な想い出の1ページを増やしていきたいです。

    お返事遅れてしまいすみませんでした。抜歯後の抜糸(←日本語ってややこしいデス)受診やらで
    ばたばたしておりましたもので。また貴ブログに遊びにお寄りいたします。こちらへも是非また!
    2017年04月28日 14:34
  • ベティーちゃん さん*小枝 拝

    ベティーちゃん さんへ

    こんにちは。こちらへのお立ち寄りとお優しいコメントどうもありがとうございます。

    一泊二日の入院でちょっと息抜きができました。見晴らしの良い病室は一流ホテル並みの
    景観でしたので驚きまして…それを見られた効果もあってか親知らず3本の抜歯オペは快適でした。

    ベティーちゃん さんも2月 仙骨にひびが入ってしまわれたとのこと。大変でしたね。
    私も以前 左手首を骨折しました。それも記事にしています。(当該記事は下記URLになります)
    http://aiyoeienni.at.webry.info/201411/article_1.html

    少しでも不具合が有ると本当につらいものですね。その後ベティーちゃん さんのお体は
    如何でしょうか。どうかご自愛なさってお過ごし下さいませ。
    またお立ち寄りをお待ちしております。ありがとうございました。
    2017年04月28日 14:49
  • はな♪

    こんにちは
    バラいっぱいの芳しいブログにビックリしました
    素敵なピアノまで楽しめて・・・
    お孫さん、一歳と一ヶ月ですか
    可愛い盛り、成長が楽しみですね

    おかげんを悪くされたとか
    どうかご自愛ください
    2017年05月01日 10:06
  • はな♪ さん*小枝 拝

    はな♪ さんへ

    こんにちは。今日はお越し下さいましてどうもありがとうございます♪
    知識ゼロスタートでブログを始めて1月で満4年。ネット検索を頼りに独学で
    ここまで来ることはできましたがまだまだ納得のいく記事は作れていません。
    それが “上を向こう”という姿勢にさせてくれるのかもしれません。

    入院という文字は大袈裟に聞こえますね。
    静脈麻酔で智歯を一括3本抜歯しただけですが何せ歯医者さんが大の苦手で…
    歯茎再生には2~3ヶ月を要するらしく。元来の虫歯治療は夏から開始です。

    はな♪ さんの素敵なお写真を拝見しに またお立ち寄りいたしますので
    今後もよろしくお願いいたします。
    2017年05月01日 12:02
  • こんにちわ。

    早速ですが寄らせて頂きました。
    長らくご無沙汰して申し訳ございません。
    コチラは、昨年4月の震災以来、慌ただしい日が続いておりました。
    震災から1年が経ち、ようやく日常生活が戻ってきました。

    春の一日、家内安全の祈願に川崎大師さんに行かれたのですね。
    赤ちゃんのお節句としてはお食い初めがありますよね。
    地方によって時期が異なりますが、もうお済みなのでしょうか?
    私も自分の子どもをお宮に連れて行った事を懐かしく思い出しました。

    子育てって、人間として、生物としてとても大切な営みですがマニュアルがありません。
    親は、自分が子どもだった頃に親からして貰った事、教えて貰った事を思い出しながら手探りで子ど建てという重大プロジェクトをこなしていかなければなりません。
    親は子供の手本。でも子どもによって親は親になるのでしょうね。
    でも、親と言えども試行錯誤の連続です。
    小さな間違いならフォロー出来ますが、子育てという営みの中には一つのミスが取り返しがつかない結果になってしまう事もあります
    そんな時、お爺ちゃん、お婆ちゃんのアドヴァイスが必要だと思いますよ。
    お孫さんにとっても、お爺ちゃん、お婆ちゃんが何時までも元気でいる事は嬉しい事だと思います。

    年齢を重ねると若い頃には考えもしなかった“自分の存在意義”という事を考えるようになるみたいです。
    でも、自分は自分の為だけに生きているのではない事に気が付くと少しだけ元気が出て来るみたいです。

    くれぐれもご自愛頂き、お嬢様やお孫様の為にも元気でお過ごし下さい。
    また、遊びに寄らせて頂きますね。
    2017年05月01日 12:21
  • こんにちわ。 さん*小枝 拝

    こんにちわ。 さんへ

    今日はお越し下さいましてありがとうございました!もしや貴殿のブログ式に
    NK欄に「タイトル」をご入力されてしまったのかしら?と ご推察していますが。
    NKを伏せたいから…?とのご推察もできるので ここは敢えてスルーで参りますね(笑)

    そうでしたね、甚大なる今般の震災被害、さぞや慌ただしくご傷心の日が続いて
    おられたことでしょう。 「絆」で結ばれているからこそ人は再生の時に在って、
    気丈で前向きになれるのだと思います。普段の日常生活が戻ってこられたご様子で
    安堵しています。

    子育てに関する捉え方もまさに仰るとおり。マニュアルがありませんね。
    31年前の自分が試行錯誤で在ったことを思いだしてします。けがをさせぬようにとか、
    食にアレルギーが出たら? ちょっとのことではめげない子に…とかetc,,
    悩み多き育児をしていた自分を今の娘と重ねて見ていたりします。
    いよいよ困ったらいつでもREDカードあげていいからね的なことは言ってあります。

    30年前とはだいぶ子育ても違ってきているので迂闊に助言しても否定されることも多くて。
    爺婆用に「孫の育て方の相違の冊子」を配布している自治体もあるとか?
    こんなことで喧嘩したくないよ~という些細なことで声のトーンが互いに上がることも。
    まっ、そこは実の親子とやらで尾は引きませんが。目の中には入らないけれども
    入ったとしても痛くない!と断言する勢いで 爺ばか&婆ばかぶりが板についてきました(笑)

    孫のパワーを貰い元気と勇気をチャージして人生の放課後を謳歌していきたいと思っています。
    ぜひまたお時間の許す時にはお遊びにお越し下さいね。私からもお訪ねします。
    2017年05月01日 16:23