ザ・よこはまパレードと元町散策 / その2 元町 篇




さて ***


「ザ・よこはまパレード」(こちらのClickで前記事にリンクいたします)を見物し お腹も満たされたところで

次は 元町の散策へと歩き始めます


画像



横浜スタジアムを見ながら横浜公園前に差し掛かると

時期的にもう見納めかな(?)と思しき

白いチューリップが それでも懸命に競い合うかのようにして咲いていましたよ


画像



画像






*あかいく号の信号待ちに出逢いました*  この路線バス情報はこちらの文字をClick「あかいくつ号」
画像



*中華街を見やりながら*  中華街を知りたい方はこの文字をClick「中華街」
画像画像




*中村川を渡ると石川町~元町へと入って行きます*  この川について関心を持たれた方はこの文字をClick「中村川」
画像


画像




*そして 元町*   元町の情報を得たい方はこちらの文字をClick「横浜元町ショッピング」
画像







◆*◆



正直申しあげますと 元町にくるとウィンドウにばかり目が奪われてしまい…

街全体の写真を今回も撮り損ねました

視界に飛び込んでくるもの全てを珍しがる孫をかまっていたら写真どころではなくなっていた私です(笑)

つきましては元町通りについて関心をもたれた方は上記のHPより各種の情報をご覧下さいませ

それではここから 気に留まった物のスナップをあげてまいりますね



◆*◆



*道路の脇に等間隔で設えられているプランターのお花がゴージャス!名前は何というのでしょう*
画像




*点在しているポストがなぜか みなブラックの鏡面仕上げ!*私好みのポストにうっとり…変ですか?(笑)
画像



◆*◆


*CHARMYのベル時計*とても良い音色で時を教えてくれます
画像



*その近くのビルから 突然かわいいらしい音色が!*

ベビーカーを押しながらちかづいてみるとこんな仕掛け時計が…

“Small world Country”というらしいです。15:00を告げ終えるほんの瞬間だけ拝めました

もう少し早くここへ来られていれば孫は大喜びしたかなぁ…と 私



画像




◆*◆


画像
     
*そして 横浜と言えばこちらのお店を忘れることもできません*
画像


*それはここ 霧笛楼* とても素敵なHPがごらんになれますよ…

こちらをClick「横浜元町 霧笛楼」

この日(5/3 祝)も多くのご予約が入っていました


◆*◆


そう こちらでは 挙式から披露宴までも承っています
画像

*この画像はHPよりお借りいたしました*


何ともロマンチックな想い出を育めそうな 素敵なお店

それがこちらの「霧笛楼」

返礼品としてクッキーをいただいたこともありますが とても美味しいですよ






◆*◆



昨年の5月3日 「ザ・よこはまパレード」は ここ(実家)で見ていた娘家族

里帰り出産をした娘が生後2ヶ月のわが子を連れ テレビでの中継を見たあと

自分の家庭に戻ったのがこの日でしたので

私としてはひじょうにこの1年に感慨深いものがあり…



あんなに小さかった命が “笑い” “大声で泣き” “親を認識し…” と

めざましい成長を遂げていることに わが娘を育てた時と同じ歓びに包まれました

パレードを見物し元町を散策する娘家族がとても眩しく

頼もしく映りYellを送らずにはいられない

そんな 幸福感に満たされた一日でした


画像

*県立歴史博物館の前でパレードを見ていた時のスナップより*



◆*◆





横浜にお越しの節は“あかいくつ号”で ぜひ巡ってみてご覧になって下さい

横浜市観光情報公式サイト - Yokohama Official Visitors' Guide-(こちらのClickで観光情報がご覧になれますよ)


“赤い靴”の名称が上がったところで“赤い靴の少女像”が思いだされ …
                              “33年も前の想い出をカミングアウト?(笑)で貼り付けさせていただきます


赤い靴の少女像は今なお 少女のままで若くて羨ましいかぎりです








◆*◆
















画像






この記事へのコメント

  • eko

    こんにちは!
    横浜は一度も行ったことがなく、いつかは行きたいと皆様のブログを拝見しています。
    横浜パレードは毎年行われているのですか?衣装も華やかで素晴らしいですね。これで混んでいなければもっと良いですが…(苦笑)
    元町、中華街、あかいくつ号など名前だけは知っています。
    お孫さんももう1歳の誕生日を迎えられたのですね。おめでとうございます。小さい子は一年間の成長が著しく早いですね。
    ご一緒に元町を散策され、良いGWでしたね。
    2017年05月13日 13:20
  • ekoさん*小枝より

    ekoさんへ

    こんにちは。コメントうれしく拝読させていただきました。ありがとうございます。
    このパレードは今年で65回目。港祭り(開港記念日に寄せての催事)の一環として
    私も子供の頃よりずっと親しんできている行事ですが 雨に祟られることもしばしば。
    でも昨年同様に今年も好天に恵まれました。

    呼び名ですが気がつくと いつの間にかメインの名が“ザ・よこはまパレード”に。
    若い世代にも浸透・受け継いでいってもらうためかな?と勝手に解釈しています。
    でも'50年代世代にはサブタイトルになってしまった“ 国際仮装行列”のほうがピンときます。

    以前記事にもしていますが…同じ港町である“神戸”を訪ねた際にも北野異人館周辺に
    横浜に似た異国情緒を感じ魅かれましたが 横浜はまた神戸とは少し違った雰囲気が
    漂っていると思います。機会がございましたなら是非お訪ねになってみて下さいね。

    孫は早くも1歳を過ぎかなり発語をするようになってきて可愛いです。婆ばかですみません。
    この時期の成長のパワーには目を見張りますね。少しでもお裾分け 元気のChargeを
    してもらえることが何よりも有り難いと思っています。またのお越しをお待ちしています。
    2017年05月13日 14:46
  • nibari1498

    横浜、響きがいい名前ですね。神戸もそうですが。横浜は一度も行ったことがありません。
    東京でさえこの前行ったのはすでに15年ぐらい前です。田舎者は大都会へ行くと気分的に
    疲れます。田園地帯になじんだ者のみが知る独特の習癖でしょうか。
    娘夫婦が西宮にいますが、そこでさえ行くのが億劫です。孫が「大阪すぐ近くだから行こう」
    と誘ってくれますが、それすらついついそびれています。
    小枝さんのお孫さんも1歳、これからの成長は早いですよ。でも小学校終える頃まではいっぱい
    なついてくれて、じじ・ばばの幸せを胸いっぱい吸い込めます。
    お孫さんとの人生を楽しんでください。
    2017年05月13日 17:12
  • nibari1498さん*小枝より

    nibari1498さんへ

    本日はこちらへのお立ち寄りどうもありがとうございます。
    田園地帯にお住まいの方にとり都会は喧噪・混沌・殺伐と映りお疲れになるかもしれません。
    流通の核であるため直ぐに何でも手に入るメリットはありますがそのぶん実は大切な何かを
    代償に支払い生きているのかもしれない…都会を離れ旅に出た時そこに気づかされます。

    昔のタカラジェンヌさんの男装の麗人で有名であられた“水の江竜子さん”が…
    「私は1週間銀座に行かないと気がおかしくなりそうなのよ」と仰っていました。
    都会の喧騒に揉まれていることで生きていることを実感する意の言葉だと受け留めました。

    私は横浜以外の土地を知りませんので生来の都会っ子と言えてしまうかと思います。
    北海道の大自然にふれるツアーで3泊4日留守にしただけなのに横浜に戻るとなぜか
    ほっと落ち着くという感覚でした。この現象は都会色に染まってしまった証しかと…(笑)

    “孫は来てよし 帰ってよし”とか言いますね。そのうちに 爺婆のことなどお小遣いの
    おねだり以外にはどうでも良い存在になっていくのでしょう。そこに到達するまでの短い期間
    想いきり孫の愛らしさを心のフィルムに焼きつけておこう!と思っています。
    亡くなる時に持っていけるものは大切な想い出だけですから---
    更新は気まぐれですが気になる記事がお目にふれた際にはコメントをいただければ幸いです。

    2017年05月13日 17:56
  • nibari1498

    「そのうちに 爺婆のことなどお小遣いの
    おねだり以外にはどうでも良い存在になっていくのでしょう。」
    それは絶対にありません。私の孫娘は「じじ・ばばの家に来ると
    一番落ち着く」と言って未だに毎年年2か行きます。
    「じじと旅行に行こう」というと一緒についてきます。ホテルの部屋は
    さすがに別ですが、大事なことは相談してきます。
    親とは違った感覚というか安心感があるみたいですよ。
    だから金銭に関係なく素晴らしいじじ・ばばの絆を作ってください。
    甘やかすだけでなく、時にはきつい忠告も私はしてきました。
    差し出がましい説をを垂れて申し訳ありません。
    お気に障らなければ幸いです。
    2017年05月13日 18:34
  • Re : nibari1498さん*小枝より

    nibari1498さんへ

    >差し出がましい説をを垂れて申し訳ありません。
    お気に障らなければ幸いです。

    *全く気にしてなどいませんので大丈夫ですよ。というかお金が全く無いので…(爆笑)
    あげられるものは 人として一緒に歩く“道”に在って
    父と母・そのまた父と母が居て今の自分が在るということの意義。
    そして 愛されているのだという感覚。放任と放認は違うと思っていますので。
    私も一人娘を時には突っぱねてきたほうなので 孫にも必要と感じた時に直球を投げる。
    そんなウォーミングアップを 先日したばかりでして…(笑)

    自分の「両親の親という存在」であればこそ感得させてあげられるもの
    そしてこちらも祖父母として孫により感得させてもらえるもの”
    そんな疎通が図れることに期待しています。
    nibari1498さんのように素敵な爺婆になれるよう頑張ります。
    爺婆としてのご先輩フィールドでまたアドバイスをいただけるとうれしいです♪
    ありがとうございました。
    2017年05月13日 19:09
  • 宮星

    「ザ・よこはまパレード」GW中に華々しく行われるんですね!
    GWの記事はどうしてもちょっと遠出の観光地がメインになるので、
    横浜でこんなイベントが行われている事自体、知りませんでした。
    1歳を過ぎたお孫さんにはとても刺激的で印象に残る街中探検に
    なったのではないでしょうか?
    以前、「モノより思い出!」というCMがありましたが、
    たしかにその通りだと思うようになりました。
    2017年05月13日 21:15
  • 宮星さん*小枝より

    宮星さんへ


    本日はお越し下さいましてどうもありがとうございます。
    開港記念日である6/2に付随して65年前から続いているこの催事は横浜人にとり
    廃れぬ人気を保っているかと思います。子供の頃から親しんでいるためできることなら
    TV桟敷ではなくその場に出掛けて見ていたいのですが。老夫婦ふたりでは神輿が挙がらず…
    昨年はまだあまり反応を得られなかった孫ですが今年は目に飛び込んでくるものに
    声を出すまでに成長している孫を見て 間近でパレードを見せてあげたいという想いになり
    娘家族を誘ってみたしだいです。婿も昨年はここで見ていたのにわが子を連れてその場に
    臨んで見られたことに感慨無量だったようです。若夫婦の親としての成長も嬉しいかぎりです。
    横浜開港記念日は市立の学校はお休みですが市内にある県立学校は休みではなく
    もちろん会社も市庁舎・公的機関は普段どおりに稼働しています。
    このお休みが自分も小学生の頃はとても嬉しかったことを今でもよく覚えています。

    「モノより思い出」まさに同感です。この歳になると本当に物よりも想い出を残したい…
    そんな気持ちに 年々傾倒していく自分に気づかされていること頻りの毎日です。
    またのお越しをお待ちしております。
    2017年05月13日 22:13
  • ごろー。

    さぁ、次あたりに小枝作「ドルフィン」の詩が掲載されるんでしょうか…。

    ユーミンは、ソーダ水の中を貨物船が通り、小枝さんの詩では、どんな情景が歌われるのでしょう?

    楽しみにしております。
    2017年05月13日 22:16
  • りーにん

    横浜特集ありがとうございます。
    1.5ヶ月前に訪れた所が沢山見られて大満足。
    お孫さんのように、色んな画像に注目(^'^)
    それにしても、どれもこれもオサレやなぁ~。
    中村川、興味持って瞬間移動! 勉強になりました。

    1番のメイン!!
    おぉ~赤い靴履いていたお嬢さん。
    肩に手を回されてますやん(^'^)
    幸せMAXって感じですね。
    バブリ~!
    2017年05月13日 22:22
  • ごろー。さん*小枝より

    ごろー。さんへ

    こんばんは。平素な記事にもコメントをお寄せ下さり「ようこそ」です!
    たいへん嬉しいのですが さて困りました。プレッシャーを掛けられたようです…(笑)

    「首」を麒麟にして何とぞお待ち下さいますよう・・・<(_ _)>
    2017年05月13日 22:37
  • りーにんさん*小枝より

    りーにんさんへ

    ようこそここへ… ♪クッククック~ わたしの赤い靴 ~ ~♪
    りーにんさんのノリが伝染しました(笑)「ゴメンちゃいな」がド壺に填まってとっぴんしゃんで。

    まだこちらにお越しになられてから日が浅いことでいろいろ回想していただけたのであれば
    とても光栄です。横浜で暮らしていても知らない場所や行ったことのない場所は沢山あります。
    先のごろ-。さんより“ドルフィン”を訪れての詩作Missionを賜り…(汗)

    バブリ~な二人は きっと弟さん? or 妹さん?といった体に変貌しております(笑)
    これ確か 三脚を立てて自分等で撮影した記憶が。傍(はた)で見ていらした方の目も気にせんと…
    この時すでに夫君は三十路の最後でありました。
    Coming outのおかわり付きにて「ごきげんよう」(終)またのお越しをお待ちしております。
    2017年05月13日 23:00
  • T&M

    やはり横浜は異国情緒たっぷりでおしゃれな街ですね
    ここは日本?と一瞬思ってしまいます
    黒い郵便ポストもセンスが良くて何か別物のよう
    横浜を堪能できました
    2017年05月14日 16:09
  • T&Mさん*小枝より

    T&Mさんへ

    こんにちは。お越し下さいましてどうもありがとうございます。
    ポストの他に 一緒に映りこんでいる物(皆さんそこによく腰掛けていたりするのですが)も
    同じ黒の艶あり塗料で塗られていました。一昨年夏に訪ねた際にはどちらも黒ではなかったような。
    私の記憶が間違っていなければ 最近塗り替えられたのでは?と思っています。
    このテカリ感は半端ではなかったものですから…(笑) このセンスを共感していただけたことと
    机上で横浜を堪能していただけたのであればたいへん嬉しく思います。
    今後もお目に留まる記事がありましたらコメントや足跡を残していただけると励みになります。
    よろしくお願いいたします。
    2017年05月14日 16:30
  • 股旅

    ハイカラな街はマンホールの蓋もハイカラですね
    私もあちこち出掛けた折に気になるのはマンホールなんですよ
    実に様々なデザインがありその土地の個性が現れており見ていて楽しい
    さすがに現物までは集めようとは思わないけど必ず写真は撮りますよー

    先日「ブラタモリ」で横浜をやってましてね、どのようにして発展したかをブラタモリ流に解き明かしてました
    なぜ「横浜」の名になったか
    なぜ、洋館が今も多数残っているのかなどなど見ていて今すぐ行きたくなりました

    いずれその街に挨拶に行こうかと思っとりますのでその時は穴場などね
    コソコソっとね、お願いしますよ!

    でわでわ
    2017年05月14日 18:00
  • 股旅さん*小枝より

    股旅さんへ

    こんにちは。お立ち寄りとコメントどうもありがとうございます。
    「ブラタモリ」でのタモリさんの観察眼と視点の鋭さには私も毎回驚かされると同時に
    感服しています。“道の高低差”に於ける疑問符から解明されていく経緯がとても興味深くて
    私も大好きな番組です。

    マンホールの蓋が各地方々によりご当地デザインがあるのも面白いです。
    何気なく歩いている道に視線を落とすと意外な物に気づかされ年甲斐もなく興奮します。
    いったい横浜に何十年(ぶっちゃけ61年ですが…笑)住んでいるのよ?と
    思わず自分でボケとツッコミを演じながら今回は短い時間でしたが いろいろな発見があり…
    楽しいひとときを 娘家族と共有できました。
    水先案内人は務まりませんがこちらにみえるご計画で質問が湧かれて私に分かる範囲であれば
    お教えしたいと思います。
    2017年05月14日 18:29
  • 信徳

    今晩は!
    横浜ストーリー、元町編楽しく読ませて頂きました。
    最初に横浜に行ったのは55年前、横浜の友人を訪ねて港の見える丘、外人墓地などを散策しました。
    写真が数枚残っているのですが記憶の中には有りません。
    そのあと10年前にはクラス会があり中華街で食事をしました。時間が無くて食事をとっただけで帰宅して横浜の散策は有りませんでした。
    今年の秋に(銀行通りのイチョウが黄色くなる時期)に横浜で一泊二日のクラス会が行われます。
    みなとみらいの高級ホテルに泊まって夜景を見ることなどビッシリと散策が計画されていますので今から楽しみにしています。
    その前段で小枝さんの横浜ストーリーを楽しみにしています。
    2017年05月14日 20:14
  • 信徳さん*小枝より

    信徳さんへ

    こんばんは。ご来訪下さいましてどうもありがとうございます。
    ザ・よこはまパレードと元町散策 お楽しみいただけたのであれば幸いです。
    もっと微に入り細に入り 写真を撮りたっかのが本音ですが日頃の運動不足が祟り
    爺婆は足が限界にきてしまったのと 孫の機嫌を鑑みながらの散策でしたので…
    粗削りなご紹介でもうし訳ございませんでした。

    秋ぐちにこちらへクラス会のためおいでになるとのこと。季節もちょうどいいので横浜を
    存分に楽しんでいただけるといいなと思っています。かなりハードなスケジュールのご様子。
    そのぶん“横浜の魅力を余すところなく網羅されている”ものとご推察してします。
    秋のクラス会後に新徳さんの心のレンズで切り取られた横浜もぜひ拝見したいと思っております。
    今後もよろしくお願いいたします。
    2017年05月14日 21:29
  • ほよん

    はじめまして
    横浜はずいぶん昔に行ったきりなのですが、おしゃれな街ですね。
    マンホールのふただけでも楽しめる街歩き、一緒に楽しませていただきました♡
    2017年05月14日 21:43
  • 藍上雄

     横浜はさすがにおしゃれな街ですね。洋風にデザインされた建物や足元には地下設備にのふたにまで、端正にデザインさえれていて、すごいと思いました。中華街も昔ながらの雰囲気で長い歴史を感じます。レトロ感のあるバスで観光して観たくなりますね。youtubeのデスカバージャパン以前登録していた事が有るチャンネルです。魅力的な動画沢山撮られていますね。少し懐かしく拝見しました。
    2017年05月14日 22:47
  • ほよんさん*小枝より

    ほよんさんへ

    こんばんは。本日はご訪問下さいましてどうもありがとうございます。
    横浜にお越しになったことがおありとのこと。少しでも回想のお役に立てましたでしょうか。
    机上散策を楽しんでいただけたと寄稿して下さっていたのでこのお言葉に甘え感謝いたします。
    また気に留まる記事がございましたらコメントや足跡を残していただけると光栄です。
    更新は気まぐれですが 今後もよろしくお願いいたします。
    2017年05月14日 23:21
  • 藍上雄さん*小枝より

    藍上雄さんへ

    今宵はお立ち寄り下さいましてどうもありがとうございます。
    根っからのハマっ子ながら未だに訪ねていない場所は多くあります。いつでも行けるという感覚が
    そうさせているのかもしれませんね。5/3のパレードも外国人観光客の方々をよく目にしました。
    “みなとぶらりチケット(\500)”というのを求めますと一日乗り降り自由で横浜の観光スポットを
    無駄なく巡ることができるかと思います。もちろんこの“あかいくつ号”にも乗車可能です。
    ユーチューバーの皆さまも最近は4Kのビデオでアップされている方が増えてまいりましたので
    お茶の間に居ながらにして臨場感のある素晴らしい映像を楽しむことができるようになりましたね。
    ほんの束の間でございますが 楽しめていただけたのであれば記事におこした甲斐がございます。
    2017年05月14日 23:39
  • あっこちゃん

    さすが、横浜にお住いの小枝さん。とっても素敵に横浜をご紹介くださってありがとうございます。
    5月3日のパレード、なんだかとっても楽しそう!!
    4月最後の横浜でしたのでこのパレード見れなくて残念でした。
    いつか機会があったらお邪魔してみたいです。
    お孫さん、3月には初節句でいらっしゃいましたよね。
    満一歳をお健やかにお迎えされた由、
    孫の成長はまた格別ですね。
    2017年05月15日 20:54
  • あっこちゃん さん*小枝より

    あっこちゃん さんへ

    こんばんは。コメントを嬉しく拝読させていただきました。
    国際仮装行列は企業やNPO 学校や雄志のある団体連が参加しているパレードですが
    最盛期の頃に比べるとフロート(←華やかにデコレーションした車の上のことです)を出す所が
    減ってきたような気がしてちょっと寂しいというのが本音かもしれません。
    それでもやはり地元横浜の大掛かりな取り組み行事の1つなので
    ハマっ子としましては これを迎えてから梅雨が来て→夏が来るという感覚に在ります。

    よく覚えていて下さいました。そうなんです 初孫は3月に桃の初節句を迎えました。
    1歳2ヶ月になった今 這えば立て 立てば歩めの親心という感じで娘夫婦もわが子によって
    親として成長しているようで 安堵しているところでございます。
    可愛い盛りに入ったこの時期は正直たいへんな時期でもありますが振り返ることが出来た時に
    「たいへんだったけど今思うと楽しかったよね」と笑えるように頑張ってほしいと思っています。

    本日はコメントをどうもありがとうございました。
    2017年05月15日 22:02
  • アルクノ

    前記事から
    よこはまパレードは5月3日のGW真っ盛りのお祭りなんですね。
    調べると、
    「国際仮装行列が最も適当であるとして採択せられ、昭和28年6月2日の横浜開港記念日を期して第1回の行列が挙行された。」
    とあり国際仮装行列がユニークです。
    音楽隊や踊りに太鼓、ハロウィンみたいな仮装もあるようですね。
    神戸まつりのルーツのひとつが「みなとの祭」で、昭和8年大不況の時代に始まりました。
    現在の神戸まつりは昭和46年からなので、よこはまパレードは18年も先輩になります。
    最近テレビによく登場するようになった神奈川県知事の黒岩祐治さんがパレードに参加され、横浜市長と同じ車ですね。
    神戸市と兵庫県はあまり仲が良くないので、別の車で行進しています^^;

    この記事から
    中華街は歩いたのでよく覚えています。
    神戸元町に比べ数倍の距離にお店が沢山並んでいました。
    郵便ポストがブラックの鏡面仕上げに驚きます。
    漢字なのに、外国の雰囲気です。
    時計もお洒落で神戸に欲しい^^)
    全体としてお洒落な写真集という感じのお祭りと、元町の風景でした。

    2017年05月15日 22:35
  • アルクノさん*小枝より

    アルクノさんへ

    こんばんは。本日はお立ち寄りくださいましてどうもありがとうございました。
    この仮装行列は私が横浜で産声をあげる3年前から開催されている伝統のある行事なので
    個人的にもこの行事にまつわる悲喜こもごもの想い出があります。

    >神戸市と兵庫県はあまり仲が良くないので、別の車で行進しています^^;
    *おぉなるほどそうなんですね。せめてこうした公の催事に在っては
    つくり笑顔であっても仲良くしていただけないのでしょうか(苦笑)
    横浜市長さんも陰ではいろいろと取りざたされ厳しい表情も垣間見せておられますが
    この日ばかりはフロートから満面の笑みを振りまいていらっしゃいました。
    県知事の黒岩さんはNHKのキャスターをされていたので県知事さんとうよりも芸能人に逢えた?
    そんな妙な感覚に陥っている私が居ました。

    神戸も横浜も港町として一世を風靡した流行歌がありますね。「そして神戸」とか
    「ブルーライト・ヨコハマ」とか。神戸は淡谷のり子さんの「別れのブルース」もそうですね?
    横浜は他に青江三奈さんの「伊勢佐木町ブルース」というのがありました。
    悩ましい溜息で始まる青江さんのハスキーボイス 伊勢佐木町に行くと碑があります。

    ハマっ子にとり「横浜はお洒落な街ですね」といわれることが何より嬉しいです。
    アルクノさんのようなに健脚で情報を収集し健筆で載せることは真似できませんけれども
    気に留まった記事がございましたら いつでもコメントいただけると励みになります。
    2017年05月15日 23:49
  • つとつと

    6/2に金沢でも市街を練り歩く百万石まつりが開催されます。そういえば、もう長いこと生では観ていないような。。
    いつもテレビ観戦になっています。僕の子供の頃は地味なパレードでした。お松の方を女装した商工会長や副知事がやって、たまげた記憶が。。
    でもタレントさんが利家と松を演じるようになって、どんどん華やかになって、参加者も年々増えて演技も多士済々になってきました。
    そうそう今年は利家は保阪尚希、松は佐藤藍子さんらしいです。俳優さん選びも大変らしいです。30年ほどになりますか以前はタレント1.2回が名高達郎(金沢工大卒)鹿賀丈史(金沢市出身)みたいに石川所縁の人でしたが、なにせ長時間馬に騎乗できるというのが絶対条件ですからたいへんそう。。
    読浜のパレードはよく見聞きするのですが、いまだにニュース映像でちらりとしか見ていませんが、港町の華やかさが感じられるパレードのようでぜひ目の当たりで観たいですねえ@@

    お孫さん、可愛いですねえ。。我が家でも両家と離れて暮らしていて、たまにしか行けませんでしたが、小学校前は、嫁さんの療養がてら一緒によく長期滞在していて(僕は仕事の関係で別居生活TT)、娘をねこっ可愛がりしてもらいました。迎えに行くと、恨めしい眼で観られたなあ。。今でも、娘は上越のばあちゃんと義兄に会いに行く。というと喜んで率先していってます。
    両親より、向こうの方が何でも相談できるみたいです。近くて遠い存在は一番信頼できるみたいです。

    まだまだ、娘の様子では孫はまだまだ、その立場は見れそうにないですが、、、
    2017年05月17日 14:10
  • つとつとさん*小枝より

    つとつとさんへ

    こんにちは。本日はコメントをお寄せいただきましてどうもありがとうございます。
    6/2に金沢でも市街を練り歩く百万石まつりが催されるとのこと。伝統ある行事は廃れることのなきよう
    存続していってほしいものですね。私もこの国際仮装行列をその場で見ましたのは娘が小学生の頃。
    それ以来でしたので約20年ぶりぐらいでの今回の見物でした。金沢の百万石まつりは俳優諸氏の皆さまを
    招致しての壮大なパレードのようですね。以前TVのニュースで一瞬ですが拝見したと思います。
    古式豊かな装束でのパレードというのは日本人としての血が根底で揺さぶられるものがありそうです。
    生きているあいだに私も金沢に足を運べるといいなぁ…と感じております。
    つとつとさんもぜひ港町である横浜の雰囲気を体感されにお越し下さい。

    昨日は娘に誘われ横浜駅のほうでお茶してきました。孫の笑顔を見ているだけで体の苦痛がいつしか
    去っているのを昨日も実感させられて帰宅いたしました。孫のパワーは絶大です。
    夫も孫には目じりが下がりっぱなしですが会ってしばらくのあいだどうしでも孫が泣いてしまい…
    私は泣かれないことにヤキモチ?を妬いているよ・う・な?(笑)

    ご丁寧なコメントに感謝いたします。今後ともよろしくお願いいたします。
    2017年05月17日 15:56