滲出性中耳炎の回復


早いもので もう9月

7月半ばに罹患した夏風邪の高熱が引き金になってしまい

同月末に “滲出性中耳炎” (こちらのClickでNHK「きょうの健康」へリンクします)を発症

先ず右耳に障害が現れ次いで左耳にも…(幸い左耳は 右耳より軽い症状に終始)

“急性中耳炎”の場合ですと 「痛み」「発熱」が伴いますが

激しく顔を動かさない限り“痛み”は感じなかったのが 救いでした


◇◇◇


発症の翌日に耳鼻咽喉科を受診

耳を診ていただくと直ちに 「滲出性中耳炎になっています」との診断が下され“聴力検査”

このような個室にヘッドホンをして約10分間…

様々な周波数の音を聴きボタンで外へ合図します


画像

(※ 上記の画像は外部よりお借りいたしました)



「ひと先ず “耳管通気療法”と“投薬”で 様子を診ていきましょう

それを続けても治らない場合には外科的処置の “鼓膜切開”を考えます」と 医師


◇◇◇


“耳管通気療法”とは …

両方の鼻に 痛みを緩和させるスプレーを噴霧し少し待った後に

下の写真にある耳管カテーテルを (ぐーッ)と鼻の奥へ…

このカテーテルの先端部を 耳管開口部である“耳管咽頭口”に合わせ

“空気”を送り込むことにより“鼓膜”の圧を調整する 施術です

画像

(※ 上記2枚の画像は外部からお借りいたしました)




若いドクターの中には このスキルを不得手とされる方も おいでだとか…

難なく施術していただける医師に出会えて 良かったです

正直 やや身を退きそうになる瞬間(金属が容赦なく侵入する違和感への恐怖)もあったのですが

“鼓膜切開”は なるべく回避したかったものでから…(苦笑)


◇◇◇



耳管通気療法の次は “ネブライザー”を 3分間吸入(鼻から吸い口から息を吐く)
画像チューブの先端には両鼻から吸入するこの“アタッチメント”が…
="288" class="up-image" alt="画像" title="画像を等倍で表示します" />

(※ 上記2枚の画像は外部からお借りいたしました)




画像




通院(週一)治療ではこの“ネブライザー”と


“耳管通気療法”(合計4回の施術)を受けると共に下記のお薬が処方され…


初めは "日に3回服用"の“抗生物質”を


"日に2回" → "日に1回" と 徐々に減薬していく処方でした


画像



まるで海底に沈められてしまったような “ごぼごぼ感(籠った音質)”と


自分の声が頭の中で響いてしまうため「咀嚼」の動作も苦痛で


食事のたび 鼻と口も塞がれいくような激しい圧迫感によるストレスを


かかえて過ごした 辛い1ケ月間でしたが


先月下旬から耳の閉塞感が薄れ 音が澄んで聴こえるように…


そして 先週の受診で

“ティンパノメトリー”(こちらのClickで説明の頁が開きます)の検査と


再び 聴力検査をしていただいた結果 高音部の聴こえの低さ(これは加齢の影響も)は若干あるものの


今回の滲出性中耳炎は回復し 治療を終えることができました




◇◇◇




以前にも“急性中耳炎”を罹患したことがあったり


飛行機を利用した旅で“航空性中耳炎”(こちらのClickで説明の頁が開きます)になったこともあり


今回の滲出性中耳炎で 鼓膜が弱いことを再認識し


「これからも気をつけていこう」という思いになりました


皆さま方も“風邪などの予後”は どうかお気をつけ下さい






画像








◇◇◇


耳が回復してくれたおかげで


8月の1ページを可愛い孫と飾ることができました


孫と娘に感謝です



画像


◇◇◇













◆◆◆



【終りに・・・】




8月20日 ご逝去されたジェリー・ルイス 氏(※ こちらのClickでWikiが開きます)


同氏の貢献に厚く敬意を表し ご冥福を心よりお祈りいたします


同氏がご自身の番組で 見事な集団演技を紹介されている動画に


遅まきながらこの夏初めて出逢い 深い感銘をうけました









◆◆◆





画像






この記事へのコメント

  • ひま爺

    小枝様

    滲出性中耳炎、完治されたそうでよかったです。
    身体のどこが悪くなっても大変なことです。
    さぞかし不自由な日々だったことでしょう。

    一度罹患したことがあるので、よく分かります。
    風邪は万病の元とも言われます。侮れませんね。
    小生も気をつけねばと思います。

    完治。お孫さんとの時間も楽しくなりますね。

    よかった。よかった。

    2017年09月07日 10:41
  • ひま爺さん*小枝 拝

     ひま爺さん へ

    こんにちは。早々にコメントをどうもありがとうございます。
    高層ビルのエレベーター、高い所、高速で走る列車がトンネルを通過する際に耳に閉塞感が生じるので
    自分は本当に鼓膜が弱いのだなと実感しています。そういう時にはできるだけ口を動かすようにして
    だいじに至らぬよう心掛けるようにしています。 気持ちは若いつもりでも身体は正直ですね。
    若い頃は難なくできたことが不可能になっている現状に 最近 富に遭遇してしまうようになってしまい
    夫婦で「互いに気をつけよう」と言っております。

    「夏祭りにおいで…」と私から誘っておきながら耳を患ってしまい消沈していたのですが。
    行事にセーフで間に合い回復したことでお陰様で孫と楽しい一日が過ごせました。
    不安定な気候が続いています。どうかお身体をご自愛下さいますよう。
    2017年09月07日 15:35
  • eko

    こんにちは!
    滲出性中耳炎、完治おめでとうございます。
    私、おかげさまで耳鼻科へかかったことがありません。中耳炎といってもいろいろありますね。
    出来る限り医者のお世話にはなりたくありませんが、年齢を重ねるとそんな訳にもいかなくなります。
    何処が悪くなっても気分が滅入りますね。
    丁度季節の変わり目、お身体ご自愛ください!
    2017年09月07日 17:04
  • ekoさん*小枝 拝

     ekoさん へ

    こんにちは♪
    7月末の朝、目覚めた瞬間に耳の聴こえが悪くなっていることに気づかされたショックは大きかったです。
    急性と違い痛みがないことには救われていましたが、閉塞感が招く "咀嚼することで溺れそうになる恐怖"を
    体感し愕然としました。身体のどこが悪くても本当に気が滅入ってしまうものですね。

    今日も不安定な天気ですが、ekoさんもどうかお身体をご自愛下さい。
    コメントを どうもありがとうございました。
    2017年09月07日 18:18
  • tor

    しばらく更新されなかったので、お病気かなと心配していました。完治されて良かったです。それにしても痛そうな治療ですね。私には耐えられないかも・・・?ご不自由だったことと思います。お孫さんが癒してくれたことと思います。無理をされませんように。
    2017年09月07日 21:31
  • torさん*小枝 拝

     torさん へ

    こんばんは☆
    耳の閉塞感程度であればブログ更新は可能だろうと思っていたのですが考えは甘かったようで(汗)
    写真詩などの構想を練るもののPC作業が一向に捗らずにおりました。

    耳管通気療法は見かけ程は苦痛ではありませんが、金属が侵入してくる違和感に身を固くし怯んで
    しまうと、本当に "痛み" (女は陣痛の経験からその辺りを心得ている気がします)を感じてしまう
    …と思ったので、ここは辛抱、々と、言い聞かせている自分が居ました。

    孫の"癒しパワー"の強力さを今回も改めて感じとれた次第です。
    滲出性中耳炎は一度罹患すると再発し易いとも言われていますので気をつけようと思っております。
    温かなお言葉をどうもありがとうございます。またよろしくお願いいたします。

    2017年09月07日 22:15
  • とんだ災難でしたね。
    でも快復なされたとの事でよかったですね。
    回復おめでとうございます。

    人間どこかの器官が悪くなってもこまりますから、
    回復されて良かったです。
    2017年09月07日 22:58
  • 温さん*小枝 拝

     温さん へ

    こんばんは。拙記ブログへのご来訪とコメントをどうもありがとうございます。
    仰せのとおり人はどの器官が悪くなっても困りますね。耳に支障をきたし街の騒音が極小化した点も
    今回の罹患で恐怖に感じられました。五感が司ってくれている対応能力に改めて感謝した今般の罹患です。
    温かなコメントに心より感謝いたします。今後もよろしくお願いいたします。
    2017年09月07日 23:29
  • nibari1498

    つらい経験されたけど、ほぼ完治されてよかったですね。私のストレス難聴になり、悪くなる一方で回復の見込みはありません。
    視力はやや軽い白内障があるものの、1.0と0.8なので耳は仕方ないけど目の方は大事にしていきたいと思います。

    ジェリー・ルイス は若いころディーン・マーティンとコンビでコメディによく出てましたね。
    日本・海外ともによく見た映画の俳優が次々に亡くなられるのは、自分の老い先短いことを思い知らされます。
    20代のころには70歳まで生きれるかなと思っていましたら、いつの間にかとっくに通り越しています。

    余生を楽しみたいです。小枝さんもお体に気を付けてください。
    2017年09月08日 13:03
  • nibari1498さん*小枝 拝

     nibari1498さん へ

    こんにちは。ようやく記事の更新へ漕ぎつけることができました。今年の8月は通院であっという間に
    過ぎ去って行ってしまった感じです。貴ブログへお訪ねしてはおりましたが気持玉のみで失礼させて
    いただいてしまい申し訳ございません。
    6月に次いで今月夫はもう片方の眼の白内障オペを控えています。術前術後のケアがやや大変ですが
    施術したほうの眼は視界がすっきりしているとのことなので今月のオペにも期待している次第です。

    ルイス氏とマーティン氏によるコンビ作品は純粋に面白かったですね。古き良き時代のコメディ映画の
    「笑いのつぼの見極め」や「製作スキルの高さ」には敬服するものがあります。

    自分も母が他界した年齢にしだいに近づき、深い感慨に陥る今日この頃です。
    物でなく、「心豊かな晩節」を送っていきたいです。本日もコメントをありがとうございました。
    2017年09月08日 13:38
  • 宮星

    小枝さん、滲出性中耳炎が回復したとの事!良かったですね
    私も子供の頃は風邪をひくたびに中耳炎をやっていました。
    すごく痛くて毎回難渋していました。
    大人になってからはまだ罹った事がありませんが、気を付けないといけませんね!
    気を付けるといっても、私の場合は鼻を噛む時に耳にボンと来ない様にする位ですが・・・
    2017年09月08日 20:59
  • 宮星さん*小枝 拝

     宮星さん へ

    こんばんは。今回の罹患の通院で夏が過ぎていきました。まさかの滲出性中耳炎でしたが
    鼓膜切開を免れたことは幸いでした。一昨年の手首の骨折もそうでしたがどうも怪我や病気が
    長引いてしまうほうなので、今回もしも鼓膜切開をせざるを得ないと言われたら鼓膜の修復に
    人様よりも時間がかかるのだろうなぁ…と覚悟してました。しかしそうならずに済み一安心でした。

    子供の頃であれば回復が早くても、大人になってからの発症であると重症化するという病は意外と
    たくさんあるようですので、気をつけねばと思っております。
    如何せん中耳炎に関しては私も、"強く鼻を噛まないこと" 程度しかできませんが…(苦笑)
    気候の変動が激しいですね。どうかお身体を大切にこの時期をお過ごし下さいませ。
    2017年09月08日 21:34
  • イッシー

    それは大変でしたね!
    痛みや発熱を伴うのはキツかったでしょう。治って良かった!
    わが家の奥さんは突発性難聴で治りませんでしたが都合の悪いことは聴こえない事にできるから、便利だとうそぶいています。
    2017年09月09日 18:38
  • イッシーさん*小枝 拝

     イッシーさん へ

    こんばんは。
    音がこの頃やや耳が遠くなってきており。私の声は人様からもどうも小さめと言われているためか
    夫に今までよりも大きめな声で話す必要が生じているために、今回の中耳炎の罹患中に在っては
    これも辛さの1つでした。16、7年前だったか娘に頼まれライヴハウスに同行したおり、
    大型スピーカーの正面で立ったまま2時間近く聴いていた翌日から音響外傷に因る難聴で1週間ほど
    母娘で難儀した経験がありました。悪いところ(鼓膜が軟弱)が似てしまったようです。

    ご訪問とコメント、どうもありがとうございました。
    2017年09月09日 19:06
  • 華の熟年

    こんにちは。

    滲出性中耳炎を罹患され大変な思いをされた様子を拝読しました。
    適切に治療されて回復し良かったですね。

    秋に向かって朝夕は涼しくなり、過ごし易い季節になって来ました。
    可愛いお孫さんと公園でブランコに乗っている写真の様ですね。

    2017年09月10日 10:34
  • 華の熟年さん*小枝 拝

     華の熟年さん へ

    こんにちは。
    孫は今日で満1歳半になりました。あんよがしっかりしてきて目が離せない時期に入りましたが
    “這えば立て、立てば歩め…”の何とかで娘夫婦も爺婆もうれしい悲鳴をあげております。
    公園に行くと、今は滑り台に興味をもっているようですが。まだ胸を下にして滑っています。
    ブランコに一緒に乗ることも、孫としたいことの1つでしたが。それがだんだんと叶い始めたことに
    《成長への「喜び」と「幸せ」》を感じている毎日です。

    季節の変わり目を迎えますのでお身体をご自愛下さいますよう。
    コメントと気持玉をどうもありがとうございました。
    2017年09月10日 13:09
  • すーちん

    お早うございます
    回復されて良かったです
    航空性中耳炎の言うのもあるんですか
    中耳炎は掛ったこと有ります
    2017年09月12日 08:22
  • すーちんさん*小枝 拝

     すーちんさん へ

    こんにちは。
    「中耳炎」にはいくつかの種類があるようで、主に「急性中耳炎」は激しい痛みと発熱を伴うようです。
    今回の罹患は「滲出性中耳炎」でしたので痛み、発熱は殆ど無くて済みました。

    「真珠腫性中耳炎」というものもあるようですが、これは命に関わることもあるそうです。
    特に小さいお子様をお持ちの方は、お子さんが頻りと耳に手をやったり、呼び掛けに直ぐに応えない仕種が
    あるような場合は滲出性中耳炎が疑われるらしいので気をつけていただきたいと思います。
    「中耳炎」を侮ってはいけないと改めて思っているしだいです。
    ご来訪とコメントをどうもありがとうございました。すーちんさんもお身体をご自愛下さいますよう。
    2017年09月12日 14:58
  • 股旅

    お久しぶりです
    正念場の八月が過ぎましたね
    只今絶賛歯の治療中のマタです
    歯医者ってなんでこんなに時間がかかるのか…
    先日から三度にわたりSRP(歯ぐきの中の歯石除去)というのをおこないました
    麻酔バシバシ打たれるはがりがり歯周ポケットを掘られるわで涙がちょちょぎれました
    もう気が遠くなるほどの痛さ
    前歯をやられたときには麻酔で鼻の下の感覚がなく処置が終わって女医さんの話を聞きつつ
    鼻の下を指で触っていたら女医さんゲラゲラわらいだしちゃってね
    人に笑ってもらえるとそれはそれでこちらも嬉しいものでして(もしかして俺って変な奴なのか?)
    痛みはあるものの和んだ空気のまま歯科を後にできました
    歳を食うとメンテナンスに時間がかかるものですね
    小枝さんもベトコン(ベストコンディションね)になったらば尾張の国でもふらりとどうぞ


    追伸
    メッセは… まぁんだ先かな~~
    でわでわ
    2017年09月13日 00:12
  • 股旅さん*小枝 拝

     股旅さん へ

    こんばんは。歯医者さんは小間切れ治療というか通院回数が多いですね。
    痛いことは1回で済ませてしまいたいという思いもあり、智歯3本の抜歯を一泊入院で行なった次第ですが。
    抜歯孔の回復を待ち7月から虫歯治療をするはずが風邪→中耳炎と罹患。
    ですのでこれから私も歯の治療開始です。(メッセージバナーはTPOページにて…)
    コメントと気持玉をどうもありがとうございました。
    2017年09月13日 00:55
  • アルクノ

    以下は、以前にWordに書き込んでいたものです。

    滲出性中耳炎で鼓膜の内側に粘液が溜まる原因を調べてみました。
    鼻咽腔は鼻腔と咽頭をつなぐ部位で、耳管はここに開口しており、滲出性中耳炎の発症には重要なところ、とあります。
    様々な鼻の病気が耳管機能低下の原因となるそうです。
    代表的なものがアデノイドで、鼻咽腔にある扁桃組織が腫大したもの。
    アデノイドは成長期の5~6歳頃に最も大きくなるもので、これは関係性が薄い?
    鼻の病気でアレルギー性鼻炎も挙げています。
    私達の場合は年齢による機能低下が、耳管そのものの機能不全を引き起こし、滲出性中耳炎の発症に大きく関わっているとあります。
    そうだとすれば、防ぎようがないです。
    小枝さんの場合は夏風邪の後遺症で、鼻咽腔に異常をきたし、それが耳管に侵入していったのでしょうか。

    飲み薬と、紹介しているような施術が必用とありました。
    更に悪化すると切開手術になるので、早期治療でいい判断で良かったですね。
    2017年09月14日 12:42
  • アルクノ

    Wordに書き込んだ文章が長くなったので二つに分けました。

    ジェリールイスの事は飛んでしまって^^、
    動く千手観音のYouTubeが素晴しいです。
    これは50万アクセスで2008年の物ですね。
    MDA Telethon Chinese Disasobledで検索すると色々出てきました。

    映像は11分36秒で、アクセスは150万を超えている↓
    「HD千手觀音Lady Buddha With Thousand Hands」
    https://www.youtube.com/watch?v=vD3dVVZFlZY
    中盤から音が消えて残念ですが3方向に千手観音が広がります。

    映像と音楽が優れているのは↓
    「Juno Reactor - Invisible & dance "Thousand Guanyin"」
    https://www.youtube.com/watch?v=mXUa3UHMRq0
    2015/01/14 に公開したものです。

    アクセスが480万を超えているのは↓
    「極上の月夜 10億人が泣いた衝撃の美少女パフォーマンス千手観音」
    https://www.youtube.com/watch?v=uqtjb0LjC3c
    2010/01/14 に公開されたもので、6分7秒。

    凄いのは、彼女たちは全員音が聞こえないことです↓
    「中国障害者芸術団」に所属する彼女たちは音楽でタイミングを合わせる代わりに、音による空気の振動、舞台の傍らにいるサポート役のサイン、そして後ろから首筋に息を吹きかける事によりタイミングをあわせ、この素晴らしい演舞を可能としています。そして、この技術を会得維持するために毎日10時間以上練習を行っている。
    午前中はこれらで、素晴らしい時間を過ごしました。


    2017年09月14日 12:43
  • アルクノさん*小枝 拝

     アルクノさん へ

    こんにちは。データを網羅して下さってのコメントに感激しております。

    先ず今回罹患した滲出性中耳炎ですがご指摘いただいたとおりでして大人も気を付けていかないと
    だいじに至ってしまうことがあるようです。私は音楽が大好きで「耳」は敏感なほうだと自負しています。
    オーディオ的にも「音質」に拘りがあるので、コンポ、イヤホン、ヘッドホン選びには時間を惜しまず
    購入の際に要チェックを入れてしまうほうです。そのようなしだいですので耳の障害はハード面でも
    メンタル面に於いてもダメージが事の他大きかったです。今回の罹患原因は夏風邪の発熱と
    近年慢性化していた鼻炎を放置していた点にあると思っています。鼓膜切開を覚悟していたものですから
    それに至らず良かったと安堵しています。

    次いで、このパフォーダンスですが・・・
    敢えて2つの動画を添付させていただいたのも、この方々が耳に障害をもたれているにも関わらず
    ここまで素晴らしいパフォーマンスに到達させた努力に敬意を表したいという想いからでした。
    自分が今回耳の聴こえが悪くなったことで街を歩くことにも不安を感じましたが。
    「音のない世界」で彼女、彼等がそれを克服して築き上げたものが素晴らしすぎて胸が熱くなり…
    自分が恥ずかしくもなったしだいです。

    いつも本当に真摯なコメントをいただき感謝の念でいっぱいです。ありがとうございました。
    2017年09月14日 15:04
  • りーにん

    しばらく更新されていなかったので、心配していましたが
    ほぼ完治という事で安心しました(^'^)
    私も中耳炎ではなかったのですが、メニエールになった時は
    同じ様な症状でした。
    検査も同じ様な感じ。 さすがに薬は違いますね(^_^;)

    少し不自由な生活だったと思いますので、これからまた
    娘さんとお孫さんといっぱい楽しい思い出を作って下さい。
    お孫さんと遊ぶ事で、若いエキスも吸収できるしね(^'^)

    2017年09月16日 18:45
  • りーにんさん*小枝 拝

     りーにんさん へ

    こんにちは。昨日はお立ち寄り下さいましてありがとうございます。
    メニエール症候群はお友達のお父様が罹患されていらしたことがあり症状のお辛さなどは知っています。
    どの器官・部位に不具合が生じても気持ちが萎えてしまうものですね。治ると信じる、治そうという思いを
    持つことも大切だと改めて感じました。日々 進歩している医療。それに従事しておられる方々の努力もまた、
    今回の罹患で再認識した次第です。

    娘家族、孫との交流で残された時間の中で1ページでも多く、想い出を編集していきたいと思っています。
    コメントと気持玉をどうもありがとうございました。
    2017年09月17日 15:33