雛人形に想いをこめて

娘が生まれた翌年に買い求めた雛人形


30年以上の月日の流れを経て さすがに傷んできた箇所が増えてしまいました


娘が成長するにつれ 飾りつけをしてもあまり喜んでくれなくなり飾りつけのモチベーションも下降気味に…


傷ませてしまった原因が自分の怠惰にあったことを反省することしきりです


そんな中 昨年からは孫にモチベーションを移行させてもらうことができ


今年も昨日 飾りつけを終えることができました



画像             画像


          先ずは雛壇の組み立てから・・・                                       続いての作業はこのような感じです  


          どちらの模様もコラージュに仕立てました  


     


画像



わが家の雛人形は各お道具(長持/お駕籠etc..)を省いた五段飾り                              そして お雛様たちは定位置へ鎮座


あとは お雛様にお出ましいただくだけ


お雛様は“芥子雛”といい小ぶりなのでこのように収められています





画像             画像



                                今年もお雛様たちと対面が果たせた喜びに浸っております

画像




ではここからちょっとPhotoアレンジを施しての

ひと味違ったお雛様たちをご覧いただきましょう

画像     画像


◆ ポップカラー調(左)とパートカラー調(右)に ◆


◆ モノクロームで ◆
画像



◆ セピアカラーで古(いにしえ)のお雛様へ… ◆
画像



画像             画像



◆ “赤”を拾ったパートカラー ◆




画像



今回このようなPhotoアレンジを施しながら

色調が変わるだけで これほどにも違った一面を垣間見せてくれる

“雛人形のもつ不思議な魅力” それをあらためて感じているしだいです










◆-◆-◆




雛人形を飾るたび私の中では ある想いがよぎります

それは 娘を嫁がせる時の“親の心(真)情”

子に対する“無償の愛”は永劫おなじ想いであろうかと…

娘をもった母親としての心情が三代受け継がれていくことに

ひとしおの感慨をおぼえ

雛人形を見つめていると この唄が聴きたくなる私がいます



◆-◆-◆








◆-◆-◆





雛祭りは女性にとり幾つになっても心洗われるような

穏やかに過ごしたい日のひとつ

母娘三代が 集えますかどうかはわかりませんが

永久に変わることなく 孫の健やかなる成長と娘の母親としての成長

そして 家族の安泰を願う“桃の節句”

春の足音を感じつつ

このお雛様とともに これから2週間過ごしてまいりたいと思います




◆-◆-◆





昨年の雛祭りの記事は下記“タイトルのClick”にて開きます - ご併読いただければ幸いです -

 。..。.。・* 雛人形を飾りました *・.。..。.。 




画像

* 昨年の雛祭り記事より *





また以前の記事にて 雛人形をモチーフに詩を掲載させていただいておりましたので

よろしければこちらも…

上記と同様に 下記“タイトルのClick”にて詩の記事が開きます 

 *o○*:.。 忘 れ 六 花 (りっか) 。.: *o○*





◆-◆-◆









画像             画像






【 後日談 】 ( 2018-3-2 Fri 追記 )



又しても婆ばかモードから このようなものをPowerPointで作成

孫と 娘と共に楽しい“桃の節句”を 2/28の宵から翌夕まで過ごすことができました



画像   画像




関東は一昨日(2/28)夜半から 昨朝にかけ春の嵐に・・・

“春一番”だったそうですが 来週はまた寒さが戻るとか

三寒四温を繰り返しながら冬の衣を春が一枚 そして又 一枚 と

脱がせていることを感じた 2018年の“桃の節句”でした






( 2018-3-4 Sun 追記 )



わが家のこの“芥子雛”の大きさについてのお尋ねを本日のコメントでいただきました

御箱に再び仕舞う作業をする前にと思い 大きさを想像していただけるよう

お雛様の下にA4サイズのコピー用紙を敷いてみました

“親王様お二人”はA4サイズの概ね半分の大きさで

三人官女 / 五人囃子 / 随臣 / 仕丁 の大きさはそれより一回り小ぶりであるかと…



画像




*** 芥子雛とは本日にて 来年までお別れです ***



本記事へ気持玉(薔薇)を添えて下さいました皆さまへ

この場をお借りして 心よりお礼を申しあげます

どうもありがとうございました




◆-◆-◆




画像             画像



◆-◆-◆




【 お 礼 】


本日 2018-3-6(Tue)夜をもって 本記事の気持玉(薔薇)が 上限の500に達しました

ブログを開設し5年2か月 初めいただいた薔薇の数… 

これは一重に皆さまからのご支援の賜物と 心より感謝申しあげます

“誠にありがとうございました”

拙いブログでございますが

これからも 何とぞよろしくお願いいたします





-*- 小枝 -*-





◆-◆-◆







画像








posted by 小枝 at 12:00Comment(40)
保留中各記事タイトル2018-10-13.jpg



-♠- 小枝 (mis@)の本棚 -♠-



映画備忘録として “Booklog” を利用させていただいています

本棚左下の “ 🏠マーク ” のClickで 私の本棚が開きます




保留中各記事タイトル2018-10-13.jpg



下のタイトル画像のclickで 当ブログのTOPページにもどり

“ 過去記事50タイトル ” の 代表画像が表示されます






保留中各記事タイトル2018-10-13.jpg