小枝's Blog "cmな距離で…"

アクセスカウンタ

zoom RSS 蔵出し(SD Card)Photo " 滝 "

<<   作成日時 : 2018/11/19 13:00   >>

ナイス ブログ気持玉 315 / トラックバック 0 / コメント 44


10年は“ひと昔”と称されてしまう歳月ですが

その当時 よく夫婦で旅をしておりました

夫が 「滝めぐりをしてみようか?」と提案

個人旅行とツアー旅行を利用し 県下〜北〜南 へと 旅したことがあり・・・

(※ 写真にそっとオンマウスしていただくと “ 個人orツアー ”のどちらかがわかります )



*-*-*




初めて買ったデジタルカメラ(性能は今いち)を手にし オート撮影で滝を夢中で撮りました

写真に焼くこともせず そのままSDカードで眠ったままの滝の写真たち

日の目を見させてあげようと思いたち

こちらに掲載させていただくことにいたしました



*-*-*



何れも8年〜10年も前に訪ねた所につき記憶が曖昧なため ご紹介文は控えます

詳細は“滝の名称のClickによるリンク”を設えましたので

ご興味をもたれた方は そのClickで開く関連HPをご参照いただければ幸いです



*-*-*



訪ねた年月日は 写真に附記されている日付となります

お好みに応じて 下にご用意したBGMをお聴きになりながら

しばしお寛ぎ下さいませ





では 以下に訪ねた順に沿い

さくさくっと 写真を掲載してまいります




画像





静岡県伊豆市湯ヶ島 “浄蓮の滝”
画像   



画像





画像




茨城県久慈郡大子町 “袋田の滝”
画像





画像
          




画像




画像








画像







神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷 “千条の滝”
画像






画像
      




同地 “飛龍の滝”
画像




画像




画像




画像





画像





北海道上川町層雲峡 “ 銀河・流星の滝 ”
画像




画像





画像





北海道斜里町ウトロ “ オシンコシンの滝 ”
画像




画像





知床半島観光船 おーろら号/硫黄山航路
画像





知床半島 オーロラ号船上から眺める “ カムイワッカの滝 ”
画像
       



画像




画像





画像






宮崎県西臼杵郡高千穂町 “ 高千穂峡 / 真名井の滝 ”
画像




画像




画像




画像




日時表示を削除 EffectをかけたVersion
画像






画像









*-*-*



以上 訪ねた“滝”の写真をアップさせていただきました

滝や噴水の水の流れを“糸のように繊細”に撮影/表現するには

シャッタースピードが大切だとネット検索で学びました

やさしい印象の“小さな滝”や“噴水”の撮影に

スローシャッターを体得しトライしてみたいと思い始めている今日この頃です



*-*-*



SDカードでまだ眠っている他の写真につきましても

また機会をみつけ “ BLOG DE 虫干し(?) ”をさせていただければと思っております

本日は最後までご覧下さいましてどうもありがとうございました

滝の写真たちになりかわり お礼申しあげます



*-*-*












画像










◆ にほんブログ村“60代主婦”に登録中です / 薔薇の左ClickにてYellをいただければ幸いです ◆

にほんブログ村

*小枝 (mis@)の本棚* ◆ 映画備忘録として“Booklog”を利用しております / 左下の🏠マークのClickにてMy本棚が開きます ◆
カウンター

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 315
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(44件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんにちは!
蔵出しして貰った画像さんたち、さぞかし喜んでいる事でしょう。
丁度10年前、小枝さんがデジカメ買って勇んで滝を写した時代ですね。
袋田の滝、高千穂の滝、浄蓮の滝など名だたる滝が出て来て楽しませてくれました。
そして2013年1月に戻ってハンドルネームの由来も見させて頂きました。
有難うございます。
信徳
2018/11/19 16:17
 新徳 さん

こんばんは☆彡
ケースに収められSD Cardに圧縮されたままになっている想い出… その中から今回は“滝”をPickupし
虫干しさせていただきました(苦笑) 私以上に滝の写真たちはご覧下さった皆さまにお礼を述べているものと思います。
北へ南と出掛けていながら初代デジカメ(Casio社製)の性能が今いちであった点とその時同時購入したてのPCの扱いが
全くわからなかったものですからデータを取り込む作業もできず。SD Card自体をしまいこんでいる有り様でした。
年月が経ってしまっていることから記憶も曖昧になっており。
今回は記事内での説明を省かせていただくことにしました点を何とぞお許し下さいませ。

私のハンドルネームの由来として初めの記事をも併せてご閲覧下さったご様子。重ねてお礼申しあげます。
今日は早々に拙記事にコメントをお寄せいただきましてほんとうにありがとうございました。
信徳 さん へ*小枝 拝
2018/11/19 20:37
小枝さん こんばんは!
滝巡りの蔵出し写真いいですね!この中で小生が訪れた滝は3カ所です。
小生が国内(恥ずかしながら外国の滝は見たことがありません)で一番感動した滝は立山の称名滝(落差350m)です。
確か8月にNHKの北アルプスドローン大縦走でも紹介されたと思いますが、北アルプスの雪解け時期(豪雨時)には
左側にハンノキ滝という落差500mの幻の滝が出現します。小生が訪れた時は一昨年の5月20日でしたので、競演を見る
ことが出来ました。まだご覧になっていらっしゃいませんでしたらお勧めです。

小生の胃カメラは定期健診でした。小生をダイヤモンド富士や雪の白川郷の撮影に連れて行ってくれた師匠が一昨年胃がん
で亡くなりました。奥さまのお話では会社をリタイアされてから一度も健診を受けなかったそうです。それで健診だけは
受けることを約束させられました。各々メリット・デメリットがあるようですので、バリウム検査と胃カメラを交互に受けています。

こちらでちょっと捕捉をさせていただきました。夜分失礼しました。おやすみなさい。
熊谷 三郎
2018/11/19 21:52
フィルムカメラの時代は否応なくサービスサイズの写真にしましたが、未だデジタルなので眠りっぱなしの写真もあるのですね。
私の場合、ブログやフェイスブックに載せる写真は撮った写真の一部ですから、その他はPCモニターで見てそれで終わりとなります。
プリントするのは年に数枚といったところで、カラープリンターが暇を持て余しております。
2008年から10年間分のSDカードって一体何枚になるのでしょう。昔はSDカードの容量も小さかったからですからねー。
長さん
2018/11/19 22:18
 熊谷 三郎 さん

こんばんは☆彡

立山の称名滝と雪解け時期に左側に出現するというハンノキ滝の存在は全く存じませんでした。
機会があればぜひ訪ねてみたいと思います。情報のご提供どうもありがとうございます。
それまでにカメラを買い替えると共に撮影スキルを向上させておかねば… と2つ目のモチベーションアップになりました。

胃の内視鏡検査の経緯にはそのようなお話があったのですね。旦那様を失くされたご夫人が仰せになった言葉は重いです。
私の父は脳梗塞で母(継)は胃癌にて他界いたしました。父の血をひけば脳を案じなければ…と感じております。
内容の補足のご再訪を賜り今日は誠にありがとうございました。
熊谷 三郎 さん へ*小枝 拝
2018/11/19 22:22
 長さん へ

こんばんは☆彡

娘が生まれた年から15年間ぐらいというものは膨大な量の35mmフィルムを焼いた写真をアルバム整理してございます。
写真屋さんに出し早く現像して見たいのでその当時は割高でも12枚撮りのフィルムを買っては撮影していました。
成長とともに子供がしだいに写されるのを嫌がるようになりそれをよいことにしだいに親も写さなくなっていき…(苦笑)
デジカメの誕生は画期的でした。その場で即座に見られることと駄目なショットはすぐさま削除できることが驚きでした。
アナログの心でデジタル機器を扱うことは今でも至難の技と感じる時が多々あります。

現行のデジタルカメラで撮影した写真は直ちにWi-Fiでスマホに転送。望む加工後スマホからPCへはBluetooth転送。
この手順でブログ掲載用Photoとプライベートphoto(外付けHDDへ保存)の処理は行なっております。永久保存したい物は
複数媒体にコピーしておく作業にゆっくり取り掛かりたいと思っております今日この頃です。

過去の夫婦旅は恥ずかしながらこちらにあげたものだけです(苦笑)旅で使用していたSD Cardは全て16Gでした。
写真よりもどちらかと申しますと動画をメインに録りたいほうなため旅では予備に16Gをもう1枚持参していました。

今日はこちらへのコメントと気持薔薇をどうもありがとうございました。

長さん へ*小枝 拝
2018/11/19 22:49
月の写真を撮るまでは、マニュアルも見ずほぼオートで風景を撮っていました。花火もうまく撮れないし、一眼はそれでなくとも重い。
富士フィルムのX20やオリンパスの簡易なほうをついつい多用。
小枝さんの滝の写真、ほぼ間違いなくオートですね。デモ滝は何か人を引き付けるところがあります。

毎日が日曜になった今、キャノンEOS7Dを頑張ってオートではなくシャッターや絞りに気を付けていい写真を撮るべく頑張りますが、
いかんせん、写真史や新聞に載るような構図を見つける能力がないのです。川柳はちょこちょこ入選しています。
nibari1498
2018/11/20 09:28
 nibari1498 さん

こんにちは☀

孫娘さんに譲られた一眼レフカメラをカバーするようにご親友の方からキャノンEOS7Dを譲りうけられたと知り
お羨ましく思っております。
花のマクロ/月(星空)/滝/噴水/野鳥の接写/子供の速い動き/ヘッドライトの軌跡を撮影したいのですが
使用しているデジカメにはマニュアル設定ができる領域が殆どありませんので何れの撮影も厳しい現状です。

今回の滝は10年前にPCと同時購入(+プリンターのセット価格といえば?お馴染みのT通販さん/苦笑)によるCasio社製の
デジタルカメラでした。当時はオート機能しか扱えない自分でしたので仰せのようにすべてオート撮影の写真です。
滝が(べたーっ)とした水の流れでしか表現されていず…遠方にある滝をせっかく訪ねていながらこのような写真しか
撮ることができなかったことが残念です。スキルアップできた暁にはリベンジ撮影にまた訪ねてみたい気もいたします。

キャノンEOS7Dを使用されてのお写真とすばらしい川柳のアップを楽しみにお待ちしております。
今日はこちらへお越し下さいましてどうもありがとうございました。

nibari1498 さん へ*小枝 拝
2018/11/20 11:47
北海道から九州まで!凄い〜!!
写真は色あせちゃうけれど思いでは色あせませんね!
イッシー
2018/11/20 17:52
 イッシー さん

こんばんは☆彡

簡単デジカメのオート機能だけで撮った写真ですのでイッシーさんの足もとにも及びませんが。それゆえいつも
貴作品を私は教材のように拝見させていただいています。一眼レフには到底かなうものではありませんが…(苦笑)
遠征した旅はこちらにあげさせていただいたものだけですので今後また行なう予定の“SD CardからのPhoto虫干し”は
重複した旅からになりますがお目にふれた際にはご笑覧のうえひとことでもいただければうれしいです。

今日もご来訪下さいましてどうもありがとうございました。
イッシー さん へ*小枝 拝
2018/11/20 18:36
こんばんは〜。
いつも訪問頂き有り難う御座います。つい先日、久し振りに袋田の滝に行ってきたばかりです。こちらの写真と比べて水量が少なかったです。
にか
2018/11/20 21:38
 にか さん

こんばんは☆彡

袋田の滝にご再訪されて間もないとのこと。私どもの訪ねたこの時の水量は多かったといえるわけですね。
そのような比較のコメントをいただけたことで古いSD Cardから写真を蔵出しした甲斐があったと思えております。
貴重なご寄稿に感謝いたします。

こちらこそ今宵はご来訪下さいましてどうもありがとうございました。
にか さん へ*小枝 拝
2018/11/20 21:52
10年ほど熟成してあった写真でしたか!
この間のデジカメの性能の進化は大きいので、写り云々はやむを得ないところでしょうね。
それにしても・・・ずいぶんと広範囲な滝を巡られましたね!
『百名山』同様に、『日本の滝百選』があるようですね!?
写真や滝自身の様子もありますが、一番はご主人との思い出ですよね!?
宮星
2018/11/20 22:52
 宮星 さん

こんばんは☆彡

はい 10年熟成させたPhotoでございます(笑) 
デジタル機器の進歩には近年めざましいものがありますね。
ここにあげさせていただいた旅をした際に使用した機器は現在の物よりも劣っていましたので画像も今いち冴えず…
再訪し自分が使いこなせる最新の機器で撮影し直したいところではありますが諸事情から今はそれもかないません。

このような形で皆さまに見ていただけた写真たちが 深々と感謝の一礼をしているものと思います。
// 心のネガに焼きつけた美しい光景は経年に負けることなく眼を閉じれば鮮やかに甦ってくれています //

今宵もご来訪のコメントをどうもありがとうございました。
宮星 さん へ*小枝 拝
2018/11/20 23:14
おはようございます。
素晴らしい蔵出しお写真。
当時の思い出がよみがえりますね
ゴンマック
2018/11/21 06:05
小枝さん、おはようございます。
テーマを絞るのは良いと思います。

お時間があればご夫婦で那智の滝はどうでしょうか?
水かさが多い時には迫力があります。
セラ吉
2018/11/21 10:31
 ゴンマック さん

こんにちは☀

もしも私が5年前からブログを始めていなければこれらの写真はSD Cardの中で更に眠り続けていたかと思います。
何せ最も古い旅は10年前ですので掲載には戸惑いもありましたが皆さまの眼にふれていただき
このようにコメントまで頂戴しておりますことに感謝の気持ちでいっぱいです。
滝の写真たちともども 私からもお礼申しあげます。

今日ははお越し下さいましてどうもありがとうございました。
ゴンマック さん へ*小枝 拝
2018/11/21 11:14
 セラ吉 さん

こんにちは☀

夫からの提案であった“滝めぐり”は2010年2月末の高千穂峡/真名井の滝を最後に諸事象から旅行は休眠中ですが
再会の暁には“那智の滝”は訪ねたい候補地(滝)のTOPに上がっております。
(実は個人旅行での遠出として熊野古道を訪ねるプランニングを立てたこともあったのですが…)
滝の迫力はその年の水量に関係しているようですので 訪ねた時の“運/不運”は天まかせになるかもしれませんね。

今日はご来訪と那智の滝のご推薦をいただきうれしく思います。どうもありがとうございました。
セラ吉 さん へ*小枝 拝
2018/11/21 11:24
滝巡り、素晴らしいですね。滝って時々吸い込まれそうな気にもなりますが、見ていると癒されますね。マイナスイオンたっぷりのおかげでしょうか。^^
高千穂峡の真名井の滝、すてきです。素晴らしいお写真ありがとうございました。
かるきち
2018/11/21 21:31
 かるきち さん

こんばんは☆彡

8年〜10年も前の旅であるため当該地の説明を自分の記憶をひもどきながら説明文にする作業は控えました。
滝そのものの外観は今も変わらぬと思いますが付随する“最新の情報は滝の名称にハイパーリンクさせる形”に
させていただいてしまいましたので味気ない記事になりましたがお許し下さい。

凍結した滝もみごとですが滝を冬場に訪ねるのは若干寒いかと(笑)
マイナスイオン効果絶大の滝は 夏場に訪ねたい気がしました。ここにあげた旅では静岡の“浄蓮の滝”が9月で暑く
北海道オシンコシンの滝と知床半島のカムイワッカの滝がともに5/7で この日の知床は29度という暑さで驚きました!

写真で拝見し“さぞやすばらしいのだろうなぁ”と期待しておりました“真名井の滝”は少々期待はずれでした。
私の撮影もそう写っているのですがこの滝は写真に撮るとひじょうにスケールが大きく見えてしまっているような?
見解の相違もございますので何とも申せませんが(苦笑)

今日はこちらへのご来訪と気持薔薇をどうもありがとうございました。
かるきち さん へ*小枝 拝
2018/11/21 22:18
素敵な 滝を 沢山見せて頂きました。
どんな小さな滝でも 見つけると 何も考えず すぐシャッターを
押していましたが やはり 小枝さんのように どうすれば 美しい水の流れが
撮れるか 工夫をしなければ ダメなんだと 気付かされました。
袋田の滝の 豪快な流れが 素晴らしいですね。
5年ほど前に 計画を立てたのですが 行く数日前に 夫がけがをして
中止になってしました。 お写真を拝見して 改めて 是非 行ってみたいと思いました。
フラバーバ
2018/11/21 23:18
BGMを聴きながら・・・
素敵なお写真で滝巡りをさせていただきました。
マイナスイオンをたっぷり浴びたような、爽やかな気分になりました
クリム
2018/11/21 23:42
 フラバーバ さん

こんばんは☆彡

滝百選がありますがそこにランクづけされることもなく存在している小さな滝にも美しいものがある気がします。
ダイナミックな滝はダイナミックに 繊細な滝は繊細に…とそれぞれに適った撮影の仕方を学ぼうと思います。
たとえば滝の撮影は 滝の落下から滝壺までおさめること/周りの木々や緑も背景に入れる/スローシャッター設定etc.
覚えてしまえば以降はそれなりにコツも掴めてくるのでしょうね。私ども夫婦も滝のめぐりの再開を夢見ております。

袋田の滝は第二観瀑台ができるなど滝を多方面から眺められるようになりました。
上部にある“生瀬の滝(拙写袋田の滝の4枚目がそれです)は袋田の滝とは違い優雅に流れる滝でした。
そこには飲食処もありますので滝を眺めながら一息つかれるといいですよ…

今日はコメントと気持薔薇をお寄せ下さいましてどうもありがとうございました。




フラバーバ さん へ*小枝 拝
2018/11/21 23:47
 クリム さん

こんばんは☆彡

10年前はまだまだ体力があったので北海道と九州の旅での一日300km近い観光バス移動での3泊4日のツアーは
疲れもさほど感じませんでしたが同じ行程の旅を今したら“さぞかし疲れるのだろうな”という気がしています。
冥途の土産に(苦笑)見ておきたいと思っているところを絞り込んでいこうと思っております今日この頃です。

今日はこちらへご来訪下さいましてどうもありがとうございました。
クリム さん へ*小枝 拝
2018/11/21 23:58
こんにちは。
ご訪問いただき、ありがとうございました。
北から南まで、いろんな滝めぐりをされてきたのですね。
滝にポイントをしぼっての旅って、なかなか行けないと思うのですが、それを実践されたことが素晴らしいです。
常連の滝をひと目見た瞬間「天城越え」の歌詞が脳裏を過りました。
記憶としては忘れていても、写真を見ると蘇ってくる数々の思い出。写真っていいですよね。
流れる水を撮るのって難しくて、手も足もでない始末です(泣)

テンプル
2018/11/22 16:36
素敵ですね。
滝の流れの勢いが、よくわまりますね。

小枝さんのように、ちゃんと管理していないので、
私もSDカードで眠っている華厳の滝は
どこにあるのか???
きちんとタイトルを書いていないので
わかりません。
今よりきれいにうつっていると思うけど。。。
小枝さんの丁寧な写真の撮り方
私も見習いたいです。
あこ
2018/11/22 17:05
 テンプル さん

こんばんは☆彡

10年前まだ夫が勤めていたおり職場のお仲間でダムマニアの方がいらっしゃたようでして…
“ダム湖めぐりも悪くはないが滝のほうがいいなぁ”と夫。私も共感し滝めぐりとなったしだいです。
日本各地には大小の差はあれど美しい滝が多数存在している様子。それらをインターネットで検索できてしまう今は
ほんとうに凄い時代になったものだとつくづく思います。
ともすれば動画にもアップされていたりしますのでそれを見るともう行った気分にもなってしまい…(苦笑)
でもマイナスイオンとその醍醐味だけは現地を訪ねてこ味わえる喜びですね。

今日もこちらへお越し下さいましてどうもありがとうございました。
テンプル さん へ*小枝 拝
2018/11/22 17:52
 あこ さん

こんばんは☆彡

デジタルカメラなる物を初めて使った10年前〜8年前のこちらの旅。昔でしたらフィルムをすぐさま写真店に持参し
プリントを依頼していましたが写真のデジタル化によってその保存方法を無駄のないものにしてくれた点は画期的ですね。
でもその反面では記録媒体に保存したままでも劣化も少なく見たいと思えばPCやTVに写しだしいつでも見られる
…という思いからSD Card / DVD / Blu-rayに眠らせたままでいるという事態になっているのも事実。

感動と興奮で撮影したあの日の自身の想いは経年とともに少しずつ退色していくようですが
写真をこのようにして取りだしてみますと 徐々に当時の記憶がたどっていけるのを今回の蔵出し作業で感じました。
如何せんSD Cardはどれも同形をしていることからこのSDには“いつ・どこで・何を記録してあるか?”の識別が
スムーズに行なえず難儀することが私もしばしばあり…
SD Cardに添付されているインデックスシ−ルは必ず貼っておく!というのが旅の後の自己反省会であげられています(笑)

今日もこちらへのご来訪どうもありがとうございました。
あこ さん へ*小枝 拝
2018/11/22 18:09
こんにちは〜

「袋田の滝」先週行ってまいりましたが、水量が少なかったです。
同じ「袋田の滝」でも小枝様の袋田の滝はダイナミックさを感じました。
写真構成 とてもお上手ですね いつも感心してしまいます。
イータン
2018/11/22 22:16
 イータン さん

こんばんは☆彡

私どもが訪ねた10年前の“袋田の滝”他のブロガーさまからも水量が少なったとのコメントを拝読し“なるほど”と。
この時の旅は栃木県に所用ができたため少々足をのばし同滝を訪ねたものですから水量に関しまして全く無頓着でした。
この状態がコンスタントに保たれているものと解釈するのは誤りと知り今更ながら恥ずかしく思っております(苦笑)
訪ねたことがラッキーであったといえるこの年の袋田の滝にここで改めて感謝しなければ…という想いです。

過去の旅を記録した5枚のSD Cardから今回は“滝”の写真をPickupし蔵出し(虫干し)させていただきました。
また機会をみつけ同じSD Cardにから別なものを蔵出しさせていただければと思っております。
今日はこちらへのコメントと気持薔薇をどうもありがとうございました。
イータン さん へ*小枝 拝
2018/11/22 22:38
素敵な滝のコレクション。
お蔵の写真を天日干しにして
下さって、感謝します。
この中で私が実際に見てているのは、
箱根の千条の滝くらいですが、
色んな滝の姿を見比べるのも面白いものですね。
yasuhiko
2018/11/23 10:56
 yasuhiko さん

こんにちは☀

5枚のSD Cardから“滝”を蔵出しをしようと思いたち写真を時系列(訪れた順)で追いかえながらこのように
配列させてみたことで私自身も見比べがで再認識でき とても興味深いものがありました。記憶の中で比較するよりも
一目瞭然でわかるのはいいですね(笑)

箱根の千条の滝を訪ねられたことがおありとのこと。この滝は幅も落差も小さいですが そこが実に繊細で…
恥じらう乙女のように感じられ魅かれるものがありました。

こちらにあげた旅の中からまた機会をみつけて蔵出しをさせていただこうと思っております。
またお目に留まるものがございましたらコメントをいただければ幸いです。
お立ち寄りと気持薔薇をどうもありがとうございました。
yasuhiko さん へ*小枝 拝
2018/11/23 11:51
実にいろいろな滝を見られてますね…凄いです。
私も何か所かは行ったことがありますが…滝めぐり…いいですね〜。
行ってみたくなりました。♪
気楽人
2018/11/23 12:23
 気楽人 さん

こんにちは☀

夫がまだ勤めていた時の職場のお仲間さんにダムに興味をもたれている方がおり。ダム湖をめぐっているとの話が
滝めぐりを決定させた下敷きにございました。諸事情から今は旅ができませんがまた再開できる日をモチベーションに
撮影スキルも学びながら 更に美しい写真が撮れる日を夢みております。

今日はコメントをお寄せいただきましてどうもありがとうございました。
気楽人 さん へ*小枝 拝
2018/11/23 12:34
こんにちは!
少しご無沙汰しました。北から南まで滝の蔵出し写真のアップ良いですね。その時の思い出と共にその風景がよみがえることでしょう。私も滝は迫力があってマイナスイオンもたっぷりで大好きです。袋田の滝、千条の滝、カムイワッカの滝は見たことがありません。いつか行けたら良いなぁと拝見しました。
eko
2018/11/23 16:39
 eko さん

こんばんは☆彡

静岡〜茨城〜箱根〜知床〜宮崎と かなり大股で北から南を跨いだ勘のある旅でした。
北海道と九州のツアー旅行は羽田から各々の空港まで現地集合で そこから観光バス3台で移動するツアーはハードで
北海道も九州のツアーも一日の平均移動走行距離は約300km。狭いようで日本は広いなと感じた旅でもありました(笑)

//知床半島を遊覧しているおり遥か前方で熊の親子を見つけたのですが… 異様に痩せてしまっている体を視認し
自然破壊/地球温暖化 といった深刻な問題を野生の動物に反映されてしまっている現状に憂いを感じた旅でもありました//

今日はこちらへのコメントと気持薔薇をいただけましたことに感謝いたします。どうもありがとうございました。
eko さん へ*小枝 拝
2018/11/23 17:13
全国の滝巡り 素晴らしいですね 北海道の滝行きたいものです。 蔵出しして昔の写真の宝探しも良いですね、いつかやってみたいと思いました。
ゴン太
2018/11/26 10:46
 ゴン太 さん

こんにちは☀

8年〜10年も前の旅なので記憶が曖昧になってしまっていることで写真のみの掲載で申しわけございません。
自分自身にとりましてもこうした形でPickupしてみたことで 一目瞭然で“訪ねた滝”の姿が分かり整理がつきました。
これらの旅に付随するその他の写真で目ぼしいものもまたいつか蔵出しを試みてみようかと思っております。
ゴン太さんの蔵出しお写真も楽しみにさせていただきます。

今日はこちらへのコメントをどうもありがとうございました。
ゴン太 さん へ*小枝 拝
2018/11/26 12:33
いずれも名爆揃いで清々しい限りです
日本は大陸と違い短い川と数々の山から成り立つ島国
手を加えなければどこも清流
そこにはダイナミックな滝がありひっそりと静かな滝もありますね
滝の音が聞こえてくるような写真たちをありがとうございます
でわでわ また
股旅
2018/11/26 12:44
 股旅 さん

こんにちは☀

ダイナミックな滝/デリケートな滝/人が訪れる滝/人知れず流れている滝 etc.
そのような分類などお構いなしに 轟々と さわさわと 今日も滝は流れているのでしょうか。
その流れに異変が生じてはじめて私たちは重大な危機を目の当たりにすることになるのかもしれませんね。
地球が提示しているイエローカードに もう見て見ぬふりをするのはやめなければ と …

これらの旅を収めたSD Cardからまた何点かの写真をいつか蔵出ししてみたいと思っています。
今日は2記事にコメントと気持薔薇を添えて下さりどうもありがとうございました。
股旅 さん へ*小枝 拝
2018/11/26 13:29
『不都合な真実』1と2 見ましたよ
地球を守るも壊すも人次第なのだと…

もしかしたら・・・・
もう自然淘汰は始まっているのかも
未来をどうするかは今をどう生きるかということなのかもしれませんね

でわでわ
股旅
2018/11/27 07:40
 股旅 さん

こんばんは☆彡

今朝はこちらに再訪して下さっているのを確認してはいたのですが毎週火曜日は娘のもとでのベビーシッターDayで
今しがた帰宅したところでこちらに返信させていただいています。
“不都合な真実”私も1と2を続けて観ました。幼い息子さんが瀕死の事故から生還されたことでゴア氏の中に
いまの子供たちが自分の歳を迎える時にこの自然を見せてあげらるのだろうかと自問自答し地球温暖化/自然破壊への
警鐘を声を大にして世界中に発信するという行動に至られた経緯を知り 真摯なその信念と行動力に敬服しました。

地球にすむ生き物たちは運命共同体。何かが激減しても 何かが激増してもそれは地球の悲鳴=サインなのだと…
数字が打ち出す『危機に面している事実=(見て見ぬふりの権力からすればそれこそが→)“不 都 合”な 真 実』
ということなのでしょうね。

今日は再訪して下さいましてどうもありがとうございました。

股旅 さん へ*小枝 拝
2018/11/27 21:36
こんばんは。
全国の滝巡り
これは 素晴らしいですね 
私も滝が好きで写真を集めたことがあります。

蔵出しの昔の写真
これはいいですね。
私もブログを始める前にたくさん旅をしたものが眠っています。やってみようかな?
ろこ
2018/11/29 22:42
 ろこ さん

こんにちは☀

夏に訪れる滝はマイナスイオンを全身に浴び 実に爽快ですね。
冬は寒さに震えるかもしれませんが 袋田の滝など凍結した滝の美を観賞できる意味ではまた違った一面の滝を
知ることができるのでそれはそれで訪れる価値がじゅうぶんあるかと思います。

過去になされた旅のお写真… ろこさんもぜひ蔵出しなされて下さいませ。
旅を振り返ることのできる作業には楽しいものがございました。自身でも記憶の中に再発見があるかもしれません。
こちらへのお立ち寄りどうもありがとうございました。
ろこ さん へ*小枝 拝
2018/12/01 16:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蔵出し(SD Card)Photo " 滝 "  小枝's Blog "cmな距離で…"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる