・・* 写真詩 vol. 23 *・・



† 幻 映 †







画像









*-*-*



嵐の去ったあと

公園にうまれた 束の間の池…

反転させた世界

画像




*-*-*









画像












*-*-*


イメージとして

こちらの曲を選ばせていただきました



よろしければお聴きになりながら

しばしお寛ぎ下さい



*-*-*













画像








この記事へのコメント

  • 気楽人

    Good Job ! 
    面白いですね…発想の勝利です。♪
    私もやってみようかな~。(笑)
    2018年12月05日 12:14
  • 気楽人 さん へ*小枝 拝

     気楽人 さん

    こんにちは。

    この写真は娘の入院中に孫を預かり暮らしていた初夏の某日 孫を公園で遊ばせていたおり なにげなく撮った風景でした。
    私の心の中で ずっと気になっていた心象風景でした。娘の出産が無事に済んだなら写真を反転/絵画風にアレンジをし
    そこに湧きあがった感情を載せよう…と 半年のあいだ温め続けてきた末ようやく完成させることができたしだいです。
    ぜひ気楽人さんもTryなされてみて下さい。

    今日も早々にコメントをお寄せ下さいましてどうもありがとうございました。
    2018年12月05日 13:08
  • CHIEKO

    素敵なアイディアですね✨
    風景と音楽を楽しませていただきました💕
    視覚、聴覚などいろんな感覚を研ぎ澄ませて素晴らしい感性ですね✨
    私もお花を活けながら、いつも音楽がオーバーラップしてます。お花や風景に合った音楽はより一層お互いの美しさを増しますね💐🎵
    2018年12月05日 18:33
  • peko

    お写真も詩も素敵ですね~(^_-)-☆
    反転の世界^^
    私も好きです^^
    非日常の世界を感じられて面白いですよね~
    コメント頂き有難うございました<(_ _)>
    2018年12月05日 18:54
  • CHIEKO さん へ*小枝 拝

     CHIEKO さん

    こんばんは。

    なにげなく撮っていた写真。それをふと見返した時に思いがけぬ感情がわいてくることがあり…詩に書き留めています。
    自らが追い求める想いのイメージとして写真と詩と音楽が理想に近い形で融合できた瞬間 充足感と喜びに満たされます。
    自発的に音(言葉)を発せない植物もきっと何かを語りたいのだと思います。その補佐として音楽を添えてあげることで
    草花が生き生きとした表情を見せてくれることに不思議な力を感じます。

    今日はいくつもの記事に気持薔薇とこちらへ温かなコメントをお寄せ下さいましてほんとうにありがとうございました。
    2018年12月05日 19:19
  • peko さん へ*小枝 拝

     peko さん

    こんばんは。

    反転させた写真が見せてくれる世界は 現実であって現実ではない…
    SymmetryとAsymmetry(→深層心理上)の世界観には どこか惹きこまれるものがありますね。
    現実からの逃避を心の隅のどこかで願っている時にそれへの魅力が増すような気がしてなりません。

    こちらこそ今日は温かなコメントと気持薔薇を添えて下さいましたことにお礼申しあげます。ありがとうございました。
    2018年12月05日 19:26
  • 信徳

    嵐の去った後の池でしたか。
    やけに荒れている池だと心配していました。
    荒れた池に映った影、詩がピッタリですね。
    凄い感性、驚きました。
    2018年12月05日 20:40
  • 三郎

    アイデアの勝利ですね!
    11/14閉山になる1日前の上高地を訪れた時、水溜りにカメラを向ける方々にお会いしたことを思い出しました。
    何を撮っているのか伺ってみると、逆さ穂高を撮っていたのです。
    「游ぐ」も詩的です!
    2018年12月05日 20:51
  • 信徳 さん へ*小枝 拝

     信徳 さん

    こんばんは。

    半年ほどPCに保存してあった写真をアプリで加工し仕上げてみました。
    束の間の池には 葉や草や枝が無残な姿を浮沈させていましたが それらを含めすべてが幻のようにも映しだされ…
    自分もまた逆さに映しだされているのを見て この短詩が生まれました。

    今日もご来訪下さいましてどうもありがとうございました。
    2018年12月05日 21:39
  • 三郎 さん へ*小枝 拝

     三郎 さん

    こんばんは。

    逆さ富士を筆頭とする“逆さ”の画像に映しだされる“被写体”には正規の画像とまた違った美しさがありますね。
    写真家の皆さま方が魅かれる所以が分かるような気がいたします。
    憧れている被写体に“しずく”があり… しずくの中に映しだされる花や人物を心象的に撮影したいと憧れております。
    いつになることやらわかりませんがそうした願望を持ち続けることの大切さを感じている今日この頃です。

    今日もコメントと気持薔薇を添えていただきましてどうもありがとうございました。
    2018年12月05日 21:48
  • eko

    こんばんは!
    良いアイデアですね。詩と良くマッチして束の間に出来た池が木々を映して幻想的に見えます。
    反転させると非日常の世界が広がり違った美しさがありますね。
    2018年12月05日 23:09
  • eko さん へ*小枝 拝

     eko さん

    こんばんは。

    ほんの僅かな間だけ出現する… というシチュエーションはそれだけで とても幻想的な妄想へと誘ってくれる
    そんな気がします。虹やブロッケン現象などもその中のひとつかと思います。
    スケールの大きな反転世界をいつか体感しそれを画像におさめられたらいいなと思っているのですが。。。

    今宵も温かなコメントと気持薔薇を添えていただきましてどうもありがとうございました。
    2018年12月05日 23:45
  • イッシー

    遠い日の恋ですか。おじさんにはもう思い出せないかも。。
    写真の加工がおしゃれですね!後にでてくるバラの写真の色合いも素敵です。
    今日の雰囲気に曲がマッチしていますね。
    2018年12月06日 07:39
  • わけい

    こんにちわ。
    小枝さんのブログはとても不思議な気がするのですが・・・
    ウェブリブログでこんなにすごい画面にすることが出来るなんて、小枝さんはもしかして、独自に画面を作っているのではないかと?
    CSSのスタイルシート、あるいは別の機能?
    でも使いこなすには相当な知識がないと出来ませんよね。
    実に驚きです!
    2018年12月06日 11:19
  • イッシー さん へ*小枝 拝

     イッシー さん

    こんにちは。

    人間年式 '56年型ですが 心の一部のパーツ(感性)については いつまで研ぎ澄ましていたいと思っています。
    詩と音楽は夫婦のような関係で絶妙なバランスで融合した時 視覚と聴覚から伝わってくる心情が最も輝いてくれます。
    その追求の過程が写真詩の醍醐味となってくれています。

    今日もご来訪下さいましてどうもありがとうございました。
    2018年12月06日 13:00
  • わけい さん へ*小枝 拝

     わけい さん

    こんにちは。

    ブログを開設してから年明けで6年目になりますが当時はPCの扱いがほんとうに不慣れでした。
    住まいの管理組合業務の必要に迫られ夫がPCを購入。私に使いこなせと(苦笑)Wordを何とか使える状態でした。
    しだいにブログというものに憧れをもち始め… 自分には到底無理だと諦めていた世界でしたがプロバイダのBIGLOBEに
    ウェブリブログがあるのを知り暗中模索のまま初めて記事が作れ公開できた日の感動は今でも忘れられません。

    天の邪鬼な性格と 自分がどこまでできるのかを知りたいという想いが今なおありまして…(苦笑)
    ウェブリブログからPDFをDLしプリントアウトしたオリジナルデザインのCSS編集マニュアルと睨めっこをしては
    変えてみたいなと思う部分の変更が 可能なのか否かを確認しながら未だ勉強中です。
    写真が映えるのは黒の背景という主観から ウェブリブログのオリジナルテンプレートであるこの“バイク”を
    常用させていただいております。黒背景と文字色のバランスが理想に近いものですから。
    ウェブリブログでは得られなかったブログのマニュアル(縦書き設定etc..)についてはネット検索で情報を得ています。

    今日はご訪問いただきまして どうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
    2018年12月06日 13:52
  • 宮星

    嵐が去った後の殆ど葉が落ちてしまった木が水面に映り・・・
    数ヶ月も前のそんな景色が、こんな心証風景をして蘇る・・・
    あの時の嵐でさえ、糺せない、冒せない世界がある・・・
    今しか生きていない私には、とても思いつかないポエムです。
    2018年12月06日 22:59
  • 股旅

    その中ではぜんぶさかさま
    上も下も右も左も
    男の子も女の子も
    犬は猫、ゾウはアリ、メダカはクジラ
    トマトは……
    トマトのまんまだ
    見ていたらあっちからも見てた
    同じこと考えてるのかな?
    ふふっ、きっとさかさまだ

    あとがき
    頭の中で、絵本が開き子供が木の枝持ってしゃがんでる
    水たまりをのぞいて何か笑ったり真剣な顔したり
    そんなイメージが浮かびました
    ありがとうございます、楽しいひと時を。

    2018年12月07日 08:11
  • 宮星 さん へ*小枝 拝

     宮星 さん

    こんにちは。

    反転させて世界は 現実そこに在るものが映っているにもかかわらずどこか非現実感が漂いますね。
    まるで精巧に創られた贋物を見ているような想いに陥ります。その中に在る自分もまた 自分であって自分ではない…
    そんな心情がこの“束の間の池”に投影されてこの短詩になりました。

    いつもご来訪いただきどうもありがとうございます。
    2018年12月07日 11:32
  • 股旅 さん へ*小枝 拝

     股旅 さん

    こんにちは。

    嵐の置き土産のようにして公園に造られた束の間の池… じっと見つめていると想いがゆっくりと
    様々な心情の陰影を波紋のように広げていくのがわかります。股旅さんのお心に広がっていった“幻映”もすてきです。
    空想すること。それは誰にも冒せない空間と時間。癒しはそうしたものだと思います。

    いつも真摯なコメントと気持薔薇を添えていただきどうもありがとうございます。
    2018年12月07日 11:55
  • わけい

    小枝さんへ
    ご丁寧な説明で、よく分かりました。
    小枝さんの研究熱心さには、とても敬意を表します。
    ウェブリブログ上のCSSの編集で、これほどの小枝さん流スタイルが実現できるとは、驚きました。
    気持ち玉のデザインまで変えてしまうなんて、不思議なマジックを見ているようです。
    どうもありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

    p.s. それにしても、ご主人さんもすごいですね。
    パソコンには素人だった奥様をこれほどに変えてしまうんですから。
    ご夫婦にはきっと他にも、すごいことがいっぱいありそうですね。
    2018年12月07日 16:46
  • わけい さん へ*小枝 拝

     わけい さん

    こんばんは。

    ご丁寧なお返事をいただき 私のほうこう恐縮しております。どうもありがとうございます。
    良きにつけ悪しきにつけインターネットでの検索は数多の知識を容易に収集することができてしまう
    …という 凄い時代に生まれたことは やはり良かったなぁと思ってしまう自分がいます。
    PCと向き合えば家に居ながらにして世界とも繋がる… すばらしくもあり恐ろしくもある一片を垣間見ながら
    今日も拙ブログにお越し下さった皆さまへ 心より感謝申しあげている夕暮れです。

    74歳と62歳 爺婆ばかぶりと呆け(私は天然)ぶりを競争し始める日々に突入いたしました(汗)
    未だに全くPCは使えない夫のおかげで スキルを向上せざるを得ぬ状況下に置かれここまでくることができたことには
    感謝せねばと思っております(苦笑)

    あらためまして私からも… 今後とも何とぞよろしくお願いいたします。
    2018年12月07日 18:03
  • TAMO

    こんばんは。
    反転画像は私も良く使いますが、
    この画像はまたきれいですね~!
    1枚の絵画かと思いましたよ。
    添えられた詩も小枝さんの作品ですか?
    2018年12月07日 18:46
  • TAMO さん へ*小枝 拝

     TAMO さん

    こんばんは。

    反転画像には不思議な魅力がありますね。現実の世界であるにもかかわらず 抽象的なオーラが放たれ…
    そこに引きこまれていくのを感じます。絵画に於いても芸術家の皆さまが描かれていますがやはり同じような
    面持ちにさせられます。この写真に求めたイメージとして若干“絵画調”になるようEffectを施してあります。
    記事のページ上部欄のブログのテーマとして分類されている“写真詩”は “詩も自作”でございます。
    納得のいく作品に向けて これからも試行錯誤で“写真詩” ならびに“自作詩”(←こちらは写真を外部からお借りした形と
    自ら撮影した写真であっても 写真内に直接印字をしない形の作品です)を続けていくつもりです。
    お時間のある時にでも気が向かれましたなら お立ち寄りいただければ幸いです。

    今日は温かなコメントと気持薔薇を添えて下さいましてどうもありがとうございました。
    2018年12月07日 19:11
  • つむぎ

    こんばんは~
    今日は本当に寒くなりました。
    芸術的な写真・・素晴らしいですね。
    ただただシャッター押すだけが精一杯の私。
    いつも感心し、どうすれば・・と思いながら
    拝見させて頂いています。
    いつもありがとうございます。
    2018年12月08日 22:35
  • つむぎ さん へ*小枝 拝

     つむぎ さん

    こんばんは。

    寒暖の差が激しいので体調を崩している方が周りに多いようです。私も気をつけようと思います。
    なにげなく撮っていた写真… それを見返したと時に 思いがけぬ心情がわいてくることがあります。
    私の場合 詩の大半は写真を見つめている時/音楽を聴いている時に泡のように心に浮かびあがることが多いようです。

    今日のご来訪と気持薔薇を添えて下さったことにお礼を申しあげます。どうもありがとうございました。
    2018年12月08日 23:08
  • イータン

    こんにちは~
    私にはとうてい及ばぬ小枝さんの感性に驚きを感じました。
    素敵な詩 そしてお写真ですね。
    なぜか幻想的な世界へ引き込まれそうです。
    2018年12月09日 08:41
  • 茜雲

    半年温めて完成した写真詩、熟成しないと納得のいく作品は作れませんね。私など、思いつきで、ちょちょっと、では納得いく作品は作れませんね。教えられました。
    2018年12月09日 12:00
  • ふりかけ

    こんにちは
    ご無沙汰してしまって申し訳ありません。

    素晴らしいお写真とご作品に魅了されています。
    池に映る風景 現実であって どこか現実ではないような世界・・・
    特に 波紋を広げずに游ぶ鳥に心動かされます

    とても素敵なブログでしたが、ますます素敵になって素晴らしいです☆

    2018年12月09日 12:16
  • イータン さん へ*小枝 拝

     イータン さん

    こんにちは。

    公園の見慣れた光景 そこにできた束の間の池に映っているものをその時はなにげなく見つめていたのですが…
    時間をおき ふと反転させた時 あの日見た光景があざやかに甦り そこから想いを更に展開させこの詩になりました。
    詩作に在っては 言葉を選ぶという作業に時間が経つのも忘れているしだいです。

    いつもお優しいコメントをお寄せ下さいましてどうもありがとうございます。
    2018年12月09日 13:14
  • 茜雲 さん へ*小枝 拝

     茜雲 さん

    こんにちは。

    私はB型なのですが そう思えない部分が顔を覗かせる瞬間があり…  見のほど知らず(スキルが追いついていない)に
    写真詩の作成の際に完璧を求めている自分を感じるのが“それ”といえる部分のひとつかと思えております。
    茜雲さんのすばらしい感性で撮られたお写真に 拙心が突き動かされた時には
    またコラボレーションをさせていただければと存じます。

    今日もご来訪下さいましてどうもありがとうございました。
    2018年12月09日 13:25
  • ふりかけ さん へ*小枝 拝

     ふりかけ さん

    こんにちは。

    時おり貴ブログをお訪ねしていましたが更新なされていないことでご案じ申しあげておりましたが
    今日は思いがけず ふりかけさんからのご訪問を賜り感激しております。
    7月に ふたり目の孫(男児)を授かることができ そこに至れるまでのあいだ上の孫(女児)を預かり一緒に生活。
    30余年ぶりの子育てにうれしい悲鳴をあげていた春の某日… 孫と遊んだ公園でのひとコマがこの詩のベースです。
    婆ばかに歯止めがききません(笑) 孫にシフトする詩を近日中にアップする予定でございます。
    お時間のある時に またお立ち寄りいただければ幸いです。
    寒波が来ているようですので ふりかけさん ご家族の皆さまも くれぐれもお身体をご自愛のうえお過ごし下さいませ。

    今日のご来訪と複数記事に気持薔薇を添えて下さったことに心よりお礼申しあげます。どうもありがとうございました。
    2018年12月09日 13:43
  • koji

    こんばんは。

    反転ですか。

    なるほど\(^o^)/

    面白いです。

    幻想的な風景になりましたね!
    2018年12月09日 18:56
  • koji さん へ*小枝 拝

     koji さん

    こんばんは。

    写真にかぎらず絵画でも“水面に映った風景”を描き入れる作業には その芸術家の心模様が深く投影されるのだろう
    …といつも思っております。現実を写しているのに非現実的な世界がそこには広がり。
    不思議な想いが掠めていくのを感じ 反転した心の窓から“私を見つめるもうひとりの私”がペンを執らせた気がします。

    今日は拙記事へのコメントと気持薔薇を添えて下さいましてどうもありがとうございました。
    2018年12月09日 20:12
  • ごろー。

    加藤楸邨の句に、

    「蝶のとぶ日本語学校のハ・ヒ・フ・ヘ・ホ」というのがあります。

    台湾の日本語学校で詠んだ句なんだそうです。

    楸邨に師事した父が教えてくれましたが、この、ハ・ヒ・フ・ヘ・ホが、飛ぶ蝶のカタチをあらわしているのだそうです。

    文字で風景まで描いてしまう。

    それもたった17音の俳句で。

    今回の小枝さんの詩と写真でぼくはそれを思い出しました。
    2018年12月11日 10:42
  • ごろー。 さん へ*小枝 拝

     ごろー。 さん

    こんばんは。

    お父様が加藤楸邨 氏に師事されていたとのこと。同氏による“詠むことと 書くことをひとつにした作句法”が
    私の拙き写真詩から思いだされた…と記していただき 光栄至極にございます。
    写真も詩も 納得のいくものはまだ作れた試しがありませんが それは自分に未だ伸びしろがあるということだと
    思うようにし これからも“心の中に浮かびあがる想いの表現として“言葉と写真(心)”を融合させた作品を
    楽しみながら作り続けていきたいと思っております。

    あえて分類させていただいている“自作詩”(←外部からお写真をお借りし作成していた物/写真に直接「詩」を
    焼き込んでいない形で 且つ 若干長めの詩)の作成が休止していますが こちらも続けていく予定ですので
    今後とも何とぞよろしくお願いいたします。今日は週一のベビーシッターDayで今しがた娘のもとから戻りました。
    お返事が遅くなり申しわけございません。こちらへのご来訪 ほんとうにありがとうございました。
    2018年12月11日 20:29