自作詩   。.. 。.・* 令和を往く君へ *・. 。..。










画像






画像

2019-4-1 Mon. 撮影













*-*-*



新元号が公表されたあとで ふと仰ぎ見た空

私の孫たちは


画像



まさしくこの “ 令和 ” という時代を闊歩して往くのだと***

そんな感慨に耽る



*-*-*










画像














 万 葉 集 より




師の老の宅に 萃まりて

宴会を申く

時に 初春の月にして

気淑く風

梅は 鏡前の粉を披き

蘭は 珮後の香を薫す












*-*-*



イメージ曲に

こちらのしらべを 選ばせていただきました



よろしければお聴きになりながら

お寛ぎください


*-*-*









画像









*-*-*



コメントへのお返事が

遅れがちになるかと思われますが ご容赦願います

コメントと気持バラを

いつも ほんとうにありがとうございます





2019-4-1 Mon.  - 小枝 -  



*-*-*








画像







【 Private Memory 】






過去の旅 (九州散策 2010年2月) にて

2/28 朝 7:11 羽田は土砂降り


画像



数十分後…

眼下に広がったその世界に 圧倒され


画像




この雲の下で

時に悩み 苦しみ 涙し

そして またある時には怒り…


画像



自分が如何に ちっぽけな存在か

それを 思い知らされた瞬間を

ここに ***






※ この旅を含む記事は こちら (タイトルのClickにて記事が開きます)

蔵出し(SD Card)Photo " 滝 "








2019-4-5 Fri. 追記













画像


















この記事へのコメント

  • ひま爺

    小枝様

    ご無沙汰しております。素敵な詩を拝読いたしました。新元号「令和」の代を担うみなさんに思いを寄せ、
    励ましを贈る御心に感動しております。また、お孫さんの健やかな成長を願っております。

    新年度スタートの日、真っ青な空色は、それぞれのスタート地点に立った若人のみなさんを祝うが如くでした。 
    嬉しいこともたくさんあるでしょうが、辛いことにもぶち当たることでしょう。人生は、一つ一つ山を乗り越えて
    行くことになります。そんなみなさんに声援するしか脳はありませんが、自分を見失うことなく歩んでもらいたい
    と思います。

    新しい元号が発表されました。「平成」の代も残り一ヶ月で、「令和」の代に写ります。
    昭和・平成・令和と三代生きることができそうです。その重みをかみしめ、厄介者にならぬように気をつけたいと
    思うしだいです。

    いつもとんちんかんコメント入れ恐縮です。また、拙いブログを見てくださりコメントや気持玉をいただき
    ありがとうございます。

    寒暖差の大きい日々です。どうぞお身体ご自愛ください。
    2019年04月01日 17:50
  • 宮星

    うわっ!早いですね~!『令和』記事!!
    私のブログ友さんの中ではダントツですね!
    孫どころか、まだ息子2人とも所帯を持っていないので、孫の事は実感がイマイチですが・・・
    そんなところまで気遣われる小枝さんの繊細さに驚かされます!
    出典の万葉集は義母さんが持っていて(昭和18年発刊)開いて見せてくれました。
    文学的才能の無い私は(戦中にこんな文学書に、よく貴重な紙を使わせてくれたなぁ・・・)なんてバカなことを考えてしまいました!
    『令和』に込められた願いの通りの時代になって欲しいと切に願っています!!
    2019年04月01日 18:47
  • ごろー。

    いいですねぇ。

    やっぱり、小枝さんはある程度言葉を紡がれた方が調べがいいですよね。

    ぼくはこっちの詩のほうが好きです。

    音楽がまた素晴らしい。

    お孫さんたちが生きる「令和」の時代が、心穏やかに過ごせる時代であってほしいと切に願います。
    2019年04月01日 21:05
  • 気楽人

    『がんばる、って そう自分にいえる 君であってほしい』
    そうですね…一番の強敵は自分自身ですから…
    2019年04月02日 11:28
  • 股旅

    お空の小さな青空は
    どんどんどんどん広がって
    どんどんどんどん高くなる
    梅と杏と桜と桃と
    どんどんどんどん広がって
    どんどんどんどん赤くなる
    小さな左手小さな右手
    どんどんどんどん手繋いで
    どんどんどんどん育ってく

    明日も晴れるよいい天気
    2019年04月02日 16:09
  • 小枝さん/としさんより

    「雲の上はいつも晴れている」というフレーズは、いいですねえ。
    音楽もいい。写真もいい。デザインのセンスもいい。
    こんなブログ作りたいんですけどねえ。
    センス、テクニックが、絶望的に足りないので無理。
    この夢のあるブログを発見して幸せです。
    頑張れえ!!
    2019年04月02日 17:43
  • イータン

    こんにちは~
    私達にとってたった一人の孫ですが、つねづねいつも思っています。
    この子はどんな時代を駆け抜けていくのだろうか・・・と
    私達の知らない世界を観て 感じていくのですよね。
    まさに「令和」という時代を
    小枝さんととても同じ思いを感じながら残りの生を大切に生きていかねば。
    お孫ちゃん 可愛い~ですね。
    2019年04月02日 20:40
  • ジュン

    光を浴びたお孫さん
    素敵な年号も決まり
    この光のような未来を期待して。

    すみません
    リンクが貼れませんので申し訳ございません
    2019年04月03日 13:27
  • 茜雲

    “雲の上はいつも晴れている”

    私の好きな言葉の一つに「雲を抜けて、太陽へ!」、この言葉があり、それを思い出しました。
    前の東京オリンピックの日本サッカーを強くするためにドイツから招いたデットマルクラマーコーチの名言に一つ。
    それまでマイナースポーツであったサッカーを現在の隆盛への礎を築いた、日本サッカーにとっては、恩人です。大学生の私は彼の残した名言の数々に心酔していました。他にもう一つ、
    「物を見るのは 精神であり 物を聞くのも 精神である。眼それ自体は 盲目であり 耳それ自体は 聾である」。

    小枝さんの詩を読み、若い頃の自分を思い出しました。
    と同時に、若い人たちに希望を持って未来を切り拓いていってほしい、そう思いました。私自身、自分なりに自分の人生を切り拓いて歩んできた人生を振り返って強くそう思いました。私は、いわゆる成功者とは言えませんが、希望を持って切り拓く努力をしてきたことだけは言えます(自分としては)。

    「令和」の発表。いろいろ言う人がいますが、今回の総理の記者会見、私は素直に受け入れられました。冬を耐えて咲く梅の花、人々が美しく寄せ合う中でそれぞれの花を大きく咲かせてほしい、この元号に込められている趣旨を話していました。私は素直に受け止めたい、そう思いました。
    2019年04月03日 17:12
  • のんたろう

    「やせ蛙負けるな一茶これにあり」

    応援しています。
    2019年04月03日 20:36
  • 藍上雄

     新しい年号が決まりましたね。「令和」直訳すると「喜ばしき和み」となるのでしょうかね…?これからどんどんとグローバル化され殺伐とした時代に成って行くと思われますが、日本古来からの和みも大切にしてゆきたいものです。「雲の上は晴れている」晴れ間を隠している雲はいったい何なのだろう…?もしかしたら、自分の目が曇っているからなのかもしれないし、誰かが隠しているからなのかもしれません、ネット社会では、晴れ間を偽装するケースも多々あるようですし…。難し時代になっていますね。しかし、曇っていても太陽はどこにあるかは、示されていると思います。
     悲観ばかりもしてはいられませんので、私たち凡人には、とにかく一つ一つ頑張り続ける事しかありませんね。
    2019年04月03日 22:31
  • あっこちゃん

    そう、これから始まる令和時代を担っていくのは
    今、無邪気に遊んでいる幼子達なのですね。
    彼らにとって令和時代が良き時代となるよう
    昭和時代に生きた私たちはただただ祈るばかりです。
    2019年04月04日 21:13
  • yasu

    小枝さん、こんにちは。

    新しい年号、令和 美しい響きで品がありますね。日本古来の万葉集からと言うのも嬉しいです。
    青い空、自分がいかにちっぽけな人間か、そんな気持ちになりますね。
    じっと見つめて広い空を眺めるのも、時には必要ですね。
    音楽を聴きながら楽しませていただきました。
    小枝さん、ありがとう^^。
    2019年04月05日 12:05
  • ひま爺 さん へ*小枝 拝

       ひま爺 さん

    こんにちは☀

    春爛漫… この良き日に新元号の発表をうけ令和という時代にどのようなことが待ちうけていようとも
    自分を信じ前を向いて歩いていってほしいと バトンを託す若い命(若人の皆さん)にエールを送り続けようと思います。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月05日 14:30
  • 宮星 さん へ*小枝 拝

      宮星 さん

    こんにちは☀

    令和にこめられた想いが 春の陽射しをうけ輝いているかのように見えますね。
    ご皇室の細部につきましては 下々は想像の領域。軽々に語ることは控えますが 揺れておいでのご様子ですが
    少なくとも令和に臨まれては少しでも皆さまに笑顔につつまれる日がふえますようにとお祈りしたい気持ちです。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月05日 14:42
  • ごろー。 さん へ*小枝 拝

      ごろー。 さん

    こんにちは☀

    新元号「令和」の発表のあった1日。渋谷に多くの方々が集い発表を今か 々 と待たれている姿をTVで拝見し
    歓びを共有したいという想いがこちらへも伝わってくるのを感じました。
    発表後にしだいに 雲行きが怪しくなり… 見あげた空が印象的でカメラを向け この詩へと至りました。
    私もまた ごろー。さんの評価(詩)が かなりのウェイトを占めているように思われます。前出作品よりもこちら…との
    ご評価を たいせつに受けとめさせていただきます。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月05日 14:51
  • 気楽人 さん へ*小枝 拝

      気楽人 さん

    こんにちは☀

    >一番の強敵は自分自身ですから…
    私も 仰せのとおりの見解に たどりつくのを感じているしだいです。
    自分に厳しく 他人に優しくのスタンスが 逆転しているかのような昨今。真にたいせつなものは目では見えず
    心で感じとらなければならないということに 気づける人であってほしいと思います。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月05日 15:01
  • 股旅 さん へ*小枝 拝

      股旅 さん

    こんにちは☀
     
    すてきな詩で返して下さって たいへんうれしく思います。
    追記させていただいた機内の窓からの画像。眼下に広がる小さな器の中で生きている自分を
    感じとった瞬間のことを忘れずにいようとあらためて自分にいっています。見あげる雲と見下ろす雲の説得力に感謝です。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月05日 15:19
  • としさん へ*小枝 拝

      としさん

    こんにちは☀

    「雲の上はいつも晴れている」という言葉は日本の格言としてあるものですが 多くの方々(国々)が類似の言葉を
    のこされています。この比喩は どなたの心にも スーッと溶けこんでくれるからではないでしょうか。
    そんな言葉の枠からちょっとだけ想いを発展させ うまれた拙詩。これは私自身にも送っている永遠のyellに他なりません。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月05日 15:31
  • イータン さん へ*小枝 拝

      イータン さん

    こんにちは☀

    おばあちゃまトークを共有できる方と こうしてブログを通じて出会えていることにも感謝の気持ちでっぱいです。
    “令和”の時代を闊歩していく若い命と 令和に朽ちる命と… 神様はどちらにも同じ温もりで接しつづけて下さり
    そして 雲の上で太陽もまた どの命の上にも平等に輝き続けてくれるのでしょう。
    そう信じさせてくれる 愛の導きにも感謝せねばと思います。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月05日 15:39
  • ジュン さん へ*小枝 拝

      ジュン さん

    こんにちは☀

    光につつまれているだけで 身から心までもが温まってくるのを感じますね。
    幼い命と若い命が 希望の陽の射すほうへと導かれていける時代であってほしい… そう心から願いながら
    “令和”という新元号の発表をみていたひとりでした。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月05日 15:52
  • 茜雲 さん へ*小枝 拝

      茜雲 さん

    こんにちは☀

    >「物を見るのは 精神であり 物を聞くのも 精神である。
    眼それ自体は 盲目であり 耳それ自体は 聾である」。

    このお言葉 とても心に響きました。
    大切なものは手や目や発語ではなく 無形の裡に感じとらなければならない。そんなふうに思えてなりません。
    “令和”にこめられた想いに添うようにして 私は “桜梅桃李”という言葉を思いだしていました。
    型枠に嵌められた教育に終わらず 個性が大切にされる時代であってほしいと願っています。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月05日 16:10
  • のんたろう さん へ*小枝 拝

      のんたろう さん

    こんにちは☀

    「やせ蛙負けるな一茶これにあり」  この句は亡母が大好きだったようでして 内向的で発言数も乏しかった小学生の頃
    私がめげていると 母はこの句をよんでは 私の背中を押してくれていました。
    そんなことを思いだし ちょっぴり胸が熱くなりました。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月05日 16:15
  • 藍上雄 さん へ*小枝 拝

      藍上雄 さん

    こんにちは☀

    >ネット社会では、晴れ間を偽装するケースも多々あるようですし…。難し時代になっていますね。

    ご指摘の部分 まさしく仰せのとおりだと共感いたしています。
    “令和”という元号が発表されたのをうけ 早速この年号切換えを悪用し ご高齢者を対象とした詐欺行為が
    行なわれているとのことで注意喚起の情報が 昨日もメールで配信されてまいりました。

    本物(事実)と見紛うばかりのフェイクに惑わされぬよう 夫婦合算年齢138歳の私どもも 何とか頑張りながら
    足手まといにならぬよう 行けるところまでは行こう… そんな想いで過ごさせていただいている今日この頃です。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。

    2019年04月05日 16:32
  • あっこちゃん さん へ*小枝 拝

      あっこちゃん さん

    こんにちは☀

    昭和~平成と生き 令和という新しい時代の入り口にも立つことができたことに素直に感謝しながら
    ともに生きていくことになる孫たちや 多くの若人の皆さんには この新しい時代の担ぎ手としてどうか頑張ってほしいと
    願う自分が こ拙詩になりました。生まれてくることができてよかったと 1つでも多くのもの(こと)に感謝できる…
    そんな人で在ってほしいとも思います。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月05日 17:00
  • yasu さん へ*小枝 拝

      yasu さん

    こんにちは☀

    樹ばかりを見つめていると 全体像を見失いますが 森ばかりを見つめていると 今度は1本1本の樹の存在の大切さを
    見失ってしまうような気がします。壮大な宇宙空間から地球を見つめた飛行士が 地球をブルーマーブルと称しましたね。
    まさに地球は 暗黒の宇宙で青く輝く美しい惑星であることを私たちも知ることができた日の感動は忘れられません。
    今あるものを大切に 今こうしていられることは当然と受けとめず 誰(何)かに支えられていればこそ在る幸せなのだ…と
    そう感じとることのできる自分でありたいと切に思います。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月05日 17:10
  • impression

    おはようございます‼

    詩って好いなぁ、私などは何となくボヤッと思う事を詩で表現は出来ませんね。

    あなたの詩を読ませて頂いて、私も挑戦してみようかなと言う気持ちを持ちました。

    有難うございます。ー
    2019年04月06日 09:08
  • まいこ

    いつもご訪問頂いてありがとうございます。

    素敵な詩ですね。私も間もなく4/24予定日の初孫が生まれますので、ここに記されたお気持ちに
    とても共感致します。

    心洗われる動画と音楽も楽しませて頂きました。
    ありがとうございました。
    2019年04月06日 13:11
  • impression さん へ*小枝 拝

      impression さん

    こんにちは☀

    詩は日記のような作用ももたらしてくれるような気がしています。その時の心をかすめていった思いを口述で記し
    その文を一部 倒置法や擬人法に置換えてみるだけでも抑揚(言葉にリズムが…)がつき
    自分で読んでいても心地よさのようなものが感じられてくるかと思います。小学4年の時に高村光太郎氏の智恵子抄を
    図書室で拾い読みしたことでカルチャーショックをうけまして… それが私にとっての詩との出会いでした。
    その10歳の夏休み… 宿題に困り果て 400時詰め原稿用紙7~8に何篇かの詩まがいな物を綴り 画用紙で表紙を作り綴じ
    “わたしの詩集”として提出したところ担任の先生が過大な評価を下さり 豚もおだてりゃ××と… いう流れでございます(笑)
    ぜひ詩作をなされてみて下さい。堅苦しくとらえず等身大のお言葉でその日の思いを綴られてみて下さい。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月06日 14:29
  • まいこ さん へ*小枝 拝

      まいこ さん

    こんにちは☀

    4/24にお嬢さまがご出産予定というお忙しいなか拙ブログにお優しいコメントをお寄せ下さりありがとうございます。
    実は私の一人娘も4月半ばの生まれでして。4月に生まれた赤ちゃんは気候的にも楽で 夏までには首もすわりますし
    寒くなる11~12月にはだいぶしっかりしてくるので 育てやすいという印象です。
    すてきおばあちゃまとして まいこさんが初孫ちゃんを抱かれている姿が目に浮かぶようです ^ ^
    これから おばあちゃん談義をさせていただけるのを楽しみにさせていただきます。ご自身のお身体も大切になさりながら
    ご無理のないよう お嬢さまのフォローをどうか頑張って下さい。

    あらためまして こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月06日 14:41
  • peko

    素敵な詩ですね~^^
    これから未来を歩んでいく子供たちに贈る素敵な詩^^
    大空を見上げるだけで心が開放されて行く...
    そんな気がしています^^
    応援です☆彡
    2019年04月06日 20:53
  • peko さん へ*小枝 拝

      peko さん

    こんばんは☆彡

    自分の中で時おり甦ってくる亡母がいっていた “お天道さまはいつも見ているよ”という言葉。
    新元号の発表された4/1のお昼前。晴天の空をふと見あげた私の心の中にそれが反芻してくるのを感じました。
    つらい時には 大きな力に見守られているということを信じて めげずに歩んでいってほしい。
    若人の皆さんに そう心から願わずにはいられません。

    いつもYellをほんとうにありがとうございます。
    2019年04月06日 22:21
  • こちらも今や老々の身なれど、孫の成長を・・・・孫が何歳まで、こちらは見届ける事ができるやら。
    神のみ?仏?のみぞ、知るでしょうかね。
    自分のロウソクの芯はあとどれくらいの長さなのやらです。
    2019年04月07日 10:25
  • 温 さん へ*小枝 拝

      温 さん

    こんにちは☀

    老齢年金で爪に火を点すような生活をしている中で 孫が希望の灯のように輝いているのを感じるかたわらで
    少しずつ断捨離を始めている毎日です。蝋燭が消えようとする間際 ほんのわずかに明るくなる瞬間があるように
    燃え尽きようとするその前に 少しでも輝ける瞬間があったらいいなぁと思っているのですが… (苦笑)

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月07日 12:15
  • のんたろう

    桜の季節です。
    写真を撮りまくるほどではないけど
    気になっていることは事実です。
    もうそろそろ散ってくるところも
    夜桜もいいです。

    ヨロピコ~
    2019年04月07日 17:26
  • イッシー

    素敵な写真ですねー。
    空もお孫さんも。
    なかなか自分を客観視できないんですよね。
    自分のことだけで頭がいっぱいになっちゃう。
    2019年04月07日 18:35
  • のんたろう さん へ*小枝 拝

      のんたろう さん

    こんばんは☆彡

    昨年は娘家族とお花見に出掛けましたが 娘は長女の入園準備や長男(生後8ケ月のため離乳食に手間取るようで)の
    育児にてんてこ舞いをしていることと 私も体調を崩していることから 今年は桜を愛でずに終わりそうです。
    夜桜はまた違った一面があり私はとても好きです。ダークな琴線に響く不思議な魅力をもっている夜桜…
    いつか私も写真におさめてみたいと思っています。

    こちらへのご再訪 どうもありがとうございました。
    2019年04月07日 19:55
  • イッシー さん へ*小枝 拝

      イッシー さん

    こんばんは☆彡

    人にやさしく己に厳しく。できそうでいてできていないことを反省することがあります。
    客観的な視点に立つこともまた できていそうでできていないことが多いかもしれないと これも反省課題です。
    自分は生かされているのだ… という謙虚なスタンスを保つこと。そう憧れつつ とう々 こんな歳まできてしまい ^ ^;

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月07日 20:05
  • 華の熟年

    こんにちは。
    5月からの新しい元号が『 令和 』になりましたね。
    新緑の季節で桜も咲いて良い気候になりました。
    可愛いお孫さんへの愛情の溢れた詩を拝読しました。
    平和で幸せな令和の時代になって欲しいですね。

    2019年04月08日 10:09
  • 華の熟年 さん へ*小枝 拝

      華の熟年 さん

    こんにちは☀

    お釈迦さま(花祭り)の今日… こちらは明け方からしとしと冷たい雨が降っていましたがつい先ほどから
    陽が射し始めました。娘が幼い頃 近くのお寺さんに桜を愛でお釈迦さまに甘茶をかけてさしがえていたことを
    懐かしく思いだしています。受け継がれていく命は地球よりも重いことを感じてくれる人に成長してほしいと思っています。

    こちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月08日 12:25
  • のんたろう

    まとめて「いいね!」
    ありがとうございます。
    毎日更新なので大変です。
    写真も記事も必要です。
    ヨロピコ~
    2019年04月17日 18:51
  • のんたろう さん へ*小枝 拝

      のんたろう さん

    こんばんは☆彡

    毎日更新されているブロガーの皆さま方のご苦労 いつもお察ししながら拝見させていただいています。
    記事の題材や写真の確保 そして記事にするための編集…と どれも大変な作業だと思います。
    気まぐれ更新の自分がお恥ずかしいかぎりです(苦笑)

    こちらへのご再訪どうもありがとうございました。
    2019年04月17日 21:35
  • yoshi

    こんにちは。
    平成から令和に変わるのも、後わずかですね。
    どんな時代になるか不明ですが、自然災害の少ない年を過ごしたいものです。
    健康で、過ごせる生活を送りたいです。

    一つお願いしたいのですが、お好みの「イキシア」が咲きました。画像送付使用としましたが。「メッセージ欄」か゜
    無くて、送れませんでした。ご配慮戴ければ、有り難いです。
     
    2019年04月25日 14:06
  • yoshi さん へ*小枝 拝

      yoshi さん

    こんにちは☀

    午前中まで小雨でしたが先ほどから晴れてきた神奈川です。新緑がまぶしい季節の中で平成から“令和”へと
    バトンが渡されようとしているのを感じながら自分自身でも何かを切り替えてみようかな…という思いになります。
    仰せのとおり 健康で笑顔で過ごせる時代であってほしいと願わずにはいられませんね ^ ^

    *記事の最下方(このコメント欄の下です)に “青いバラが6つ”あると思いますが その“6つ目のバラ”に
    “メッセージのバナー”が表示されていると思いますので今一度ご確認いただければ幸いです。
    全記事へのコメントと併せ メッセージも随時お受けしていますのでご活用下さい。

    今日はこちらへのコメントをどうもありがとうございました。
    2019年04月25日 14:53