* 令和への飛翔 * (附録談を追記 5/3)


【 令和によせてのごあいさつ 】





2019年5月1日を迎え 元号は “平成” から “令和” へと改元されました

心の片隅のどこかで この改元に誘引されるようにして

これまでの自分より少しでも向上したい… そんな想いが わきあがっているのを感じています




*-*-*




ブログ開設から今月で 6年4ヶ月が経とうとしています

納得のいく記事作りに向け 無理のない羽ばたきで 令和へ飛翔していこうと思います

拙い内容のブログですが

迎えたることのできた “令和” に於きましても どうかよろしくお願いいたします





2019(令和元年)-5-1 Wed.

- 小枝 -




画像





では


令和になり最初の記事を 以下に構成させていただきます

先月半ば頃から 庭でモンシロチョウやベニシジミを時おり見かけるようになり

更に下旬からはアゲハ蝶も見かけるようになりました

ぜひともその姿を写真に残したいと思うものの

庭に花らしい花が まだ咲いていないことから なかなか止まってくれず…




*-*-*




4月28日 午後のことです


画像



まるで 私の願いを察知してくれたかのように

気がつくと

一頭のアゲハ蝶が じっと止まってくれているではありませんか


画像



私は昆虫の知識はあまりないのですが

これはナミアゲハ(♂?)のような気がします

2016年7月15日付けで このような記事を掲載させていただいていましたので

よろしければ 併せてご覧下さいませ

タイトルのClickにて記事へリンクします


蝶の成長を見届けました



画像



分葱から ミニバラの葉に飛んで行き…




画像





さて

それでは

お顔を よーく見てさしあげましょう


画像





*-*-*




蝶は羽化から約2週間ほどで 儚くも 命を終えてしまいます

そんな蝶ではありますが

私はこの蝶が 令和からの使者のように思えてならず

“ 希望を捨てず 臆することなく 令和へ飛翔なさい ”

そう

告げに来てくれたのだと ・・・



画像






画像





画像











*-*-*




二 つ 折 り の 恋 文 が


花 の 番 地 を 捜 し て い る






- ルナール 作 - / ( 岸田 國士 訳 )





*-*-*












※ [ 使用機器: DSC-WX300 SONY ]






画像






本日のBGMとして

ジョン・デンバーとO・ニュートン・ジョンのデュエット

♪ Fly Away ♪ を選んでみました





よろしければ お聴きになりながら

しばしお寛ぎくださいませ





画像











*-*-*




新元号の発表された4月1日

“ 令和 ”と決まったのをうけ このような記事も掲載させていただきました

タイトルのClickにて記事へリンクします


自作詩   。.. 。.・* 令和を往く君へ *・. 。..。






その他






■ テーマ 「花」は こちらから


テーマ 「花」のブログ記事








■ テーマ 「昆虫」は こちらから


テーマ「昆虫」のブログ記事








■ テーマ 自作詩は こちらから


テーマ「自作詩」のブログ記事









■ テーマ 写真詩は こちらから


テーマ「写真詩」のブログ記事







記事最下方にある「カレンダー表」 の操作で

開設時の2013年1月まで遡り 記事検索が可能です




*-*-*







画像






【 附 録 談 】




平成31年4月30日 GoogleのTOPをなにげなく見ていたのですが

時間が経つにつれ「平成」の文字の翻りが 微妙に変化していくことに気づき …

画像

※ ( 上記の画像は分割のScreen shotをまとめたものです )



「平成」の文字が書かれた 紙のめくれる度合いが大きくなっています

なかなか手のこんだギミックをしているなぁ~ と感心したのでした(笑)





画像





令和に於ける 最初の話題を “ 蝶 ”にさせていただいたのをうけ

“ 昆虫 ” つながりで 香川 照之さんを思いだしました

香川さんは無類の昆虫好きでも 有名な方ですね

NHK-Eテレの番組 “ 香川 照之の昆虫すごいぜ!”では

自らカマキリさんのコスチュームに身をつつみ

昆虫を実に分かり易く 熱く 語って下さっています

画像

※ ( 上記の画像は同番組のScreen shotです )


この癌組 昨年 里帰り出産をしていた娘に教えられ

孫と3人で見たのですが ハマってしまいました

また 香川さんは昆虫柄の服のブランドまで 自らたちあげました

それほどお好きなのだな と …

下記のタイトルのClickにて この番組のHPが開きます


“ 香川 照之の昆虫すごいぜ!”




*-*-*




“ 昆虫すごいぜ!”のHP内に 実はこんな図鑑がありまして …


画像

※ ( 上記の画像は同図鑑のScreen shotです )


まだ種類はわずかなのですが とっても楽しいウェブ図鑑です

よろしかったら ぜひ開いてみて下さい

大人もけっこうハマりますよ

タイトルのClickにて この図鑑が開きます


全球型観察空間 ものすごい図鑑




*-*-*




“ 令和 ” という時代が 皆さま方にとりまして

笑顔につつまれる日がふえますよう

心よりお祈りいたしながら

私も自分のペースで 一歩一歩を大切に

あゆみ続けていこうと思います





2019(令和元年)-5-3 Fri.


- 小枝 -




*-*-*






画像











画像












画像

















この記事へのコメント

  • おーちゃん

    花から花へとひらひら飛ぶ蝶々が休む緑の庭。
    それに寄り添う様に奏でられるジョン・デンバーとオリビア・ニュートン・ジョンの"Fly Away"が美しいです。
    平成で上皇陛下が作り上げられた象徴天皇の解釈を新天皇陛下が新たな解釈を加えて行かれる事を楽しみにしています。
    そして平和であり続けられる世代を育てる時代である事を祈って。

    実はボクもジョン・デンバーとオリビア・ニュートン・ジョンの"Fly Away"のこと、書いてます。
    調べてみたら2009年12月に書いてました。
    https://312224.at.webry.info/200912/article_3.html
    お暇な時にでも。
    2019年05月01日 09:38
  • としさん

    いよいよ令和の時代に入りましたね。
    これからも写真、自作詩、記事、大いに楽しみにしています。

    令和からの使者のようにアゲハ蝶が、飛んで来たんですね。
    あまりジックリ観察したことがなかったのですが、アゲハ蝶の眼がこんなに大きかったとは。
    アゲハ蝶の眼には、平成から令和の時代が、どういう風に映っているんでしょう。
    令和が、明るい時代になって欲しいと願っています。

    私のブログは、ちょっと傾向が違うので、どうかとは思いましたが、
    一応、URLも記載しておきました。
    2019年05月01日 09:56
  • impression

    おはようございます‼

    新たな元号、「令 和」を迎えあなた様にとってもより良き時代になります様、祈念いたします。

    蝶々の写真が素晴らしいですね。

    食管がクルッと巻き込んでいる様がクリアーに撮れて最高です。

    2019年05月01日 10:25
  • yasuhiko

    お庭に二つ折りのラブレターが
    時折舞い降りるなんて、
    考えただけでも素敵ですね。
    2019年05月01日 11:49
  • 気楽人

    「令和」早々にナミアゲハのブログ…羨ましいです。
    当方はアゲハは見ているのですが、仰る通り忙しなく
    飛び廻っており、いまだに撮影できないでおります。
    良く撮れていますね~私も早く撮りたいです。。。
    2019年05月01日 12:16
  • 宮星

    アゲハチョウ・・・私も先日、菜の花に来ているところを見かけました。
    でも<二つ折りの恋文が花の番地を捜している>なんて優雅な事は思いもつきませんでした!
    近くに柑橘類があるんだなぁ・・・と、現実的なことしか思いつかない左脳・単細胞型の宮星でした!
    戦争も自然災害もない平和な”令和”でありますように!!
    2019年05月01日 17:55
  • かぼす

    気持ち玉をたくさんありがとうございました。
    もう何年ぶりのブログで内容を見たらすっかり崩れていました^;
    どうなってるのか放置状態でしたから、訳が分からずズタズタです。

    そんなヘンテコブログにお越しいただき恐縮です。
    コメント欄すら開示できずにいます(笑)忘れちゃってます。
    2019年05月01日 21:51
  • フラバーバ 

    さすが 令和からの使者ですね。
    美しく 悠然とした姿が とても美しいです。
    この ナミアゲハ のように
    希望を捨てず 何事にも 挑戦していきたいですね。
    2019年05月01日 22:50
  • イッシー

    新しい時代がスタートしましたね。
    昆虫などにとっても動きやすい季節となりました。
    もうバラの季節にもなるんですね。
    紛争や災害が少ない時代であって欲しいです。
    2019年05月02日 07:23
  • 茜雲

    アゲハチョウで片づけてしまっていましたが、ナミアゲハですか。私も蝶をはじめ昆虫はよく撮るのですが、最近とんとご無沙汰です。刺激を受けました。
    それにしても接近してアップで撮られました。お見事です。

    「私はこの蝶が 令和からの使者のように思えてならず
     “ 希望を捨てず 臆することなく 令和へ飛翔なさい ”
     そう
     告げに来てくれたのだと ・・・」
    こういう感じ方と表現、私にはできません。いいですね。
    2019年05月02日 17:56
  • 秋月夕香

    おはようございます。すごいですね。八頭ものちょうちょが止まるなんて奇跡です。

    ラッキーなことにちがいありません。

    お互いに成長しましょう。いつもありがとうございます。
    2019年05月03日 08:55
  • ロコ

    平成から令和へナミアゲハが
    嬉しい使者ですね~♪

    我家の庭にもモンシロチョウ、ナミアゲハ、ツマグロヒョウモン♀
    クロアゲハなど毎日のように飛び交ってます。
    バラの綺麗な季節になりますね~
    2019年05月03日 16:51
  • としさん

    香川照之さんが、昆虫マニアだとは知りませんでした。
    ウェブ図鑑も面白い。巨大な昆虫が飛び出して来るんですね。
    都会の子供さん等は、昆虫に触れる機会が少ないので、お勧めですね。
    2019年05月04日 08:58
  • 華の熟年

    こんにちは。
    令和の新時代が始まりましたね。
    今日は新天皇のご即位の一般参賀があり大勢の国民が皇居へ訪れています。
    おっしゃる様に平和で笑顔につつまれる日が増えることを期待します。
    アゲハ蝶の綺麗な写真を拝見しました。
    2019年05月04日 10:50
  • おーちゃん さん へ*小枝 拝

       おーちゃん さん

    こんにちは☀

    J・デンバー&オリビア・N・ジョンの“美しいハーモニー”が令和へ繋げる希望のように感じられ聴きたくなりました。
    私も若い頃からずーっと 洋楽(洋画)大好き人間として過ごしています。ブログを開設して間もない頃は両者の記事を
    載せていましたが最近はご無沙汰しています。おーちゃんさんのブログを拝見しては 私もまたそれらの記事を
    おこしたいなと思うのですが 情報のとりまとめに時間が費やせず一向に進みません。その意思はあるのですが…(苦笑)
    添えて下さったページには 後日ゆっくりと訪問させていただきますね。

    令和早々にお訪ね下さいましてどうもありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
    2019年05月04日 12:00
  • とし さん へ*小枝 拝

       とし さん

    こんにちは☀
    始めのコメントと本日(5/4)下さったコメントとを合わせて こちらにお返事させていただきます。

    開設から6年。私もこのウェブリブログを通じて いろいろなブログと出会えたことでブロガーの皆さま方と心の袖を
    擦り合わせていただけるようになりました。これは人生の晩節に在って “貴重な「章」”となってくれています。
    “みんな違ってみんないい” 金子みすゞさんの詩のように ブログにはその方の個性が輝いています。そこが魅力です。
    ときに 自分にはないものにふれ よい刺激をいただけることにも充たされています。

    私が唯一 創った俳句に … “麦茶煮る 湯気の中より 友来たる” というのがあります。
    FM局の深夜放送にて 角川 春樹 氏に選句され詠んでいただけたのですが。これ以降 一句も浮かばなくなっております(笑)

    香川 照之さんの昆虫愛は真摯で 番組を拝見していて清々しい想いになれます。また娘と孫と一緒に楽しみたいと思います。
    カブトムシが命を全うし動かなくなったのを見て 「これ なおしてください」と玩具の病院へ持参するお子さんが
    たまにいるのだとか。 かわいいですね。でも ちょっぴり寂しくもあります ^ ^;

    令和早々にお訪ね下さいまして どうもありがとうございました。
    2019年05月04日 12:30
  • impression さん へ*小枝 拝

      impression さん

    こんにちは☀

    令和早々にお訪ねて下さいましてどうもありがとうございます♪
    そしてまた ご祈念のお言葉に併せ こちらの写真へ過分なお褒めのお言葉まで添えていただき恐縮しております。
    とてもうれしく拝読させていただきました。と同時に とても励みになります。

    どのような環境(時代)に在っても
    置かれたその中で咲き誇っていける強さと優しさを 持ちつづけていたい …と思います。

    これかもよろしくお願いいたします。

    2019年05月04日 12:42
  • yasuhiko さん へ*小枝 拝

       yasuhiko さん

    こんにちは☀

    ルナールのこの詩を初めて知ったのは 私が二十歳代の頃でした。
    まだ当時は 夢みる乙女?(笑)だったこともあり 蝶々の姿=二つ折りのラブレターという表現や
    吸蜜=花の番地をさがしているという表現が琴線にふれること頻りで。岸田 國士 氏の翻訳もすばらしいのだと思います。

    昨日は 輪舞しているナミアゲハが見られました。
    短い一生をはげしく求め合いながら舞うその姿が五月の陽射しに それはそれは輝いていました♥

    いつも気持バラとコメントをどうもありがとうございます。令和もよろしくお願いいたします。
    2019年05月04日 13:15
  • 気楽人 さん へ*小枝 拝

       気楽人 さん

    こんにちは☀

    蝶々は ほんとうに忙しく羽ばたいていますね。ほんの少しの間でもいいので どこかにとまっていて!と呟きながら
    シャッターチャンスを狙うことにで かなり緊張しての撮影になってしまいました ^ ^;

    気楽人さんの昆虫のお写真をたのしみにさせていただきます。
    令和早々にお訪ねて下さいましてどうもありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
    2019年05月04日 13:20
  • クリム

    れいわ・・・言葉の響きも好きです。
    「和」は「輪」のようにも聞こえます♪
    小枝さんの素敵なブログ。美しい文章とお写真のハーモニーがキラキラしています
    2019年05月04日 13:31
  • 宮星 さん へ*小枝 拝

       宮星 さん

    こんにちは☀

    ルナールのこの詩の表現に接した時 私はある意味カルチャーショックをうけました。
    「翅」が二つ折りの恋文 / 「吸蜜の仕種」が 花の番地をさがしている。なんとすてきな表現なのでしょう。
    今でもこの詩を暗唱するたび キュン死(笑)しそうになる私が居るのも事実です ^ ^
    宮星さんの勘は当たっていますよ。実は庭に蜜柑の樹があります。蝶は柑橘系の葉に産卵しに訪れますね。

    いつも気持バラとコメントをどうもありがとうございます。令和早々のお立ち寄りに感謝いたします。

    2019年05月04日 13:31
  • かぼす さん へ*小枝 拝

       かぼす さん

    こんにちは☀

    気持玉のリンクをたどって下さってのご来訪 ほんとうにありがとうございます♪
    しばらくブログをお休みされていたとのことですが ご再開できてよかったです。
    更新は焦らないことが 続けていける秘訣かもしれないと思っています。私は6年目を迎えましたが七十路に至りましても
    続けていられるよう こつこつと無理のない範囲で 努力を積み重ねていこうと思っています。

    お時間のあるときにでも 思いだしていただけましたら ふらりとお立ち寄りいただけるとうれしいです。
    令和早々のご来訪にあらためて感謝いたします。ありがとうございました。
    2019年05月04日 13:42
  • ♪のこ♪

    「令和」の文字が・・・
    日毎に 素敵に響く様になりました✨

    平穏で平和な 時代が続きます様にと
    祈らずには居れない気持ちです。

    素敵なお写真と自作詩他……素敵な記事に
    釘付けです 令和も('-'*)よろしくお願いします♪
    2019年05月04日 13:53
  • フラバーバ さん へ*小枝 拝

       フラバーバ さん

    こんにちは☀

    過去記事のナミアゲハの成長にリンクをつけさせていただきましたが… 親も知らずに たったひとりで
    卵から蛹 そして羽化し飛びたっていく蝶からは “命の重さと大切さ”を 今回も説かれているような気がしました。

    “貴女は何十年も生きられる。わたしの生きられないぶんまで周りの方々をたいせつにしながら世界を永く見つめなさい”
    まるで そう囁かれているようで… 自然界に生きる小さな生き物が 時おり私にかけてくれる魔法をこの日を浴びました。

    曲水の宴の記事 とてもすばらしかったです♪ 長い待時間を経ても観賞する価値のある日本古来の伝統。
    私も機会があればぜひ 訪ねてみたいと思います。

    令和早々にお訪ね下さいましてほんとうにありがとうございました。
      
    2019年05月04日 13:57
  • イッシー さん へ*小枝 拝

       イッシー さん

    こんにちは☀

    わが家には2種のバラがありますが どちらも咲き始めました。葉につくアブラムシとの闘いになりそうです(苦笑)
    今日4日は不安定な天気との予報が出されていましたが 予報が当たったようです。
    一転にわかに かき曇り雷鳴が轟きはじめました ⚡⚡

    イッシーさんのすてきなお写真を拝見しては触発されながら 暗中模索の手さぐり状態で私も撮影の仕方や
    撮影後の補整を試みさせていただいています。

    令和も どうかよろしくお願いいたします。
    2019年05月04日 14:34
  • 茜雲 さん へ*小枝 拝

       茜雲 さん

    こんにちは☀

    心象的なお写真を撮られていることで私の琴線にふれるシーンを授けていただけていることをうれしく思います。
    タ写真詩に仕上げていただく際には そのタイトルに思慮するのも大切であることに気づかされました。
    まだまだ 死の世界も学びどころ(自分への課題)がひじょうに多いことを感じているしだいです。

    このナミアゲハの写真 実は接写といえるほど接近して撮ったものではなく
    撮影後に クロッピングというのでしょうか?一部を切り取りそこを拡大。その後ディテール(ストラクチャ/HDR処理)等の
    補整をさせていただき仕上げてみました。できるだけ自分がその場で目視した被写体に近づけたい という想いが強く…
    写真好きだった亡父が草場のかげから こんな私を見てくれている気が 時おりしています ^ ^;

    茜雲さんの切りとられる昆虫のお写真も ぜひ拝見させて下さい。たのしみにお待ちしております。
    令和に於きましてもお付き合いのほど 何とぞよろしくお願いいたします。
    2019年05月04日 14:52
  • 秋月夕香 さん へ*小枝 拝

       秋月夕香 さん

    こんにちは☀

    蝶を見ているだけで何だかしあわせな気持ちになれます。何かを告げにきてくれたのだと思えてなりません。
    それが今回の場合には平成という時代がまもなく終わろうとしていた時でしたので 私にはこの蝶が令和からの使い…と
    感じられしまい 感慨に陥ること頻りでした。

    穢れのない蝶の羽ばたきを ばぶしく見送ったすてきな一瞬でした***

    お気の向かれた時には いつでも気軽にお立ち寄りいただけるとたいへんうれしいです。
    令和での最初の記事にコメントをどうもありがとうございました♪ これからもよろしくお願いいたします。


    2019年05月04日 15:13
  • ロコ さん へ*小枝 拝

       ロコ さん

    こんにちは☀

    ロコさんのお庭へもいろいろな蝶が飛んできてくれているのですね♪
    昨日は ナミアゲハの輪舞を見ました。だれに教わるでもなく 短い一生を懸命に生きようとしているその姿に
    命の重さとすばらしさを教授されたような気がします。

    ロコさんのお写真 とても美しく いつも勉強させていただいています。
    これからもお付き合い願えれば幸いです。どうかよろしくお願いいたします。 ご来訪どうもありがとうございました♪
    2019年05月04日 15:23
  • 華の熟年 さん へ*小枝 拝

       華の熟年 さん

    こんにちは☀

    新天皇のご即位にあたられての一般参賀。その温かなお人柄がお言葉にあふれているのを感じました。
    雅子皇后さまにおかれましてはこれからのお務めは多忙を極められるかと思われますがどうかお心をお健やかに
    ご無理のないよう 陛下にお仕えなされますよう願っております。

    いつも拙ブログをご覧下さいまして ほんとうにありがとうございます。
    もっかのところ写真撮影がとてもたのしくなり その記事に傾倒しています。ご笑覧のおしるし(気持バラ)だけでも
    お残しいただければ 多大な励みに繋がります。

    令和に於きましてどうかよろしくお願いいたします。
    2019年05月04日 15:32
  • クリム さん へ*小枝 拝

       クリム さん

    こんにちは☀

    過分なお褒めのお言葉に恐縮しています ^ ^;
    お写真で展開されているブロガーの皆さまを訪問させていただいては“これはどのように仕上げているのだろう?”等の
    疑問/興味関心がうまれまして。そこからネット検索を紐解き試行錯誤しながら この眼で見た被写体に
    できるだけ近づけるようにしています。写真の世界もほんとうに学びどころが多いですね。
    呆けてしまうその直前までは続けていたい! そう心から願う毎日です(苦笑)

    今日は温かなコメントをお寄せ下さってどうもありがとうございます♪
    令和でもお付き合いのほど どうかよろしくお願いいたします。
    2019年05月04日 15:44
  • ♪のこ♪ さん へ*小枝 拝

       ♪のこ♪ さん

    こんにちは☀

    すばらしい歌唱をいつも拝聴させていただいています。
    私は音楽大好き人間ですが 自ら唄うという行為は大の苦手でして… ^ ^; ですので唄える方を敬服しております。
    二十歳代の頃は毎日かならず一篇は詩を作っていました。マニアックなところではそれ1回限りでしたが
    演歌の歌詞の募集記事を見て 3番まである演歌を作詞し応募したことがあります。もちろん みごと落選でした(笑)

    こちらこそ どうか令和もよろしくお願いいたします ^ ^♪
    2019年05月04日 15:51
  • 茜雲 さん へ*小枝より お詫びと訂正

    茜雲 さん

    14:52に綴りましたお返事内にて 余語ならびに誤変換があることに気づきました。

    >夕写真詩に仕上げていただく際には  ⇒ 「夕」の文字が余計でございました。
    >死の世界も学びどころ(自分への課題) ⇒ 「死」× 「詩」○ でございます。

    上記のとおり訂正し お詫び申しあげます。たいへん失礼いたしました。
    2019年05月04日 16:10
  • 秋月夕香

    こんばんは。私も大好きでよくみます。この前、ぎんやんまを見て童謡を作りました。ま田そのうち紹介します~♫
    いつもありがとうございます。
    2019年05月04日 17:57
  • 秋月夕香 さん へ*小枝 拝

       秋月夕香 さん

    ご再訪 どうもありがとうございます。
    お返事内で打ち誤りがありました。>ばぶしく見送ったすてきな一瞬でした***との行で「は」→「まぶしく」ですね。
    シニアグラスを掛けないと どうも打ち誤りに気づけなくなってまいりました。気をつけますね(苦笑)

    娘家族は2日の夜遅く 帰省から戻ったとのことで 昨日から娘婿も始動を開始したようです。
    幼稚園も来週からは 正規の午後2時までの保育が開始されます。お母さんを慕い泣いているお子さんもいると
    孫からの話で聞きました。うちの孫も泣くらしいのですが。 先生が娘に教えて下さった又聞きによりますと
    それは本人が高い所に昇ったものの 降りられなくなってしまった時らしく…  婆ばか全開で妙な安堵をしています(笑)

    更新はまだ先になるかと思いますが またお目に留まりまった際にはよろしくお願いいたします。
    2019年05月04日 18:17
  • あさがお

    私の つたないブログにおいで頂き コメントをありがとうございました。
    蝶の写真が きれいですね~ とてもよく撮れていると思います。
    令和の時代 明るい ステキな時代になってくれそうな予感がします。
    令和という言葉の響きも いいですね。
    2019年05月04日 21:02
  • あさがお さん へ*小枝 拝

       あさがお さん

    こんばんは☆彡
    早々にお訪ね下さりどうもありがとうございます♪
    歯の健康に気遣うようになったのは智歯の抜歯に臨んだ3年ほど前からのこと。長年放置してしまっていたにも拘らず
    私は虫歯菌タイプよりも どちらかというと歯周病菌タイプのようなので ケアを怠惰にしていても
    大事には至らずに済んでくれていたようです。歯医者さんと疎遠であることは自慢にならないことを知りました ^ ^;

    令和という言葉の響きには清々しさが感じられますね。凛とした気持ちになりますね。
    あさがおさんの予感と同じ思いを私もいだいています。
    よろしければ いつでもお気軽に遊びにいらして下さい。今日はコメントをほんとうにありがとうございました。
    2019年05月04日 21:31
  • tamachan

    こんばんは。
    いつも私のブログにお訪ねいただき、素敵なコメントありがとうございました。
    私は新元号「令和」になってもそれほどの感慨もありませんか、この先令和何年まで生きられるのかなあと考えております。
    アゲハ蝶の写真、素敵ですね。
    平成に引き続き令和もよろしくお願いします。
    2019年05月04日 23:22
  • tamachan さん へ*小枝 拝

       tamachan さん

    こんにちは☀

    こちらこそご丁寧に拙記事にお返事をいただき ほんとうにありがとうございます♪
    正直なところ “元号”は年齢の計算や家族の想い出などを振り返る時にちょっと手間取ることが多いもので^ ^;
    そうした時は 年数の経過が素早く計算できる“西暦”を どうしても優先してしまいます。
    令和という時代の中で あとどれぐらい太陽や月を仰げるのだろう? 私も ふと思ってみたりしています。

    タモリさんが先日6時間におよぶ生特番のエンディングで…
             「西暦がずっと続く“本のページ数”だとすれば 元号というのは日本人だけが持っている“章”
              その“章”があるから 時代の切り替えができますよね。」

    ・・・というコメントをされていたことに対して 多くの方々が共感していると報じられているのを知り
    私も 「さすがタモリさん。表現力がすばらしい!」と感激しているしだいです。

    令和もtamachanさんの描かれる絵画をたのしみにさせていただいますので 引き続きよろしくお願いいたします。
    2019年05月05日 11:32
  • yasu

    小枝さん、こんにちは。

    令和になって、新しい時代が笑顔で日々過ごせることを願っています。
    まじかで見る蝶々、初めてです。凄いですね。なかなか写真すら撮るのが難しいですね。
    羽も表と裏側が違うのもよく分かりました。眼が何とも可愛いです。
    平成から令和へと移り行く面白い構成ですね。
    何かするわけでもなく、一歩一歩大切に歩んでいける。
    そんな平凡な日常でありたいと思います。
    素敵なブログ、いつもありがとうございます。
    2019年05月05日 13:20
  • yasu さん へ*小枝 拝

       yasu さん

    こんにちは☀

    娘家族は4/29~5/2まで婿の郷里に帰省していたのですが 2日の夜遅く無事に帰宅したと連絡をくれました。
    翌3日から平常の仕事についている様子。孫も明後日からは また幼稚園に通園しますので娘もまた忙しくなりそうです。

    平成最後の月となった先月は 上の孫の入園当夜に40度の発熱や月末には急性中耳炎になるなど…
    子供に限らず 病気は待ったなし!なので仕方のないことですが 下の子がまだ1歳にもならないものでから
    急病になると 母親(娘)としては てんてこ舞いになってしまい。そんな時はベビーシッターに駆りだされているしだいです。
    75と63のからだには正直ちょっと堪えるものもございますが
    「何とか動ける今のうち せいぜい爺婆をこき使って!」と 娘にいいながら うれしく駆りだされています(笑)

    最近 写真に若干のこだわりをもつようになってまいりました ^ ^;
    しかしまだまだ納得いく画像は得られません。気になったことを検索しながら試行錯誤でトライさせていただいています。
    yasuさんをはじめとする皆さま方からのコメントや気持バラに支えられております。
    わたくしのほうこそ 令和もどうかよろしくお願いいたします。
    2019年05月05日 13:50
  • mina

    こんにちわ~
    いつも気持ち玉有難うございますm(__)m
    令和になって5日。「令和」と言う言葉にも
    慣れてきました
    蝶、良く撮れていますね
    写真撮ってとポーズ取っているようです
    香川 照之さんのTVは巷では人気がありますね
    本当に好き。と言うのが感じられますよね(^-^)
    2019年05月05日 15:57
  • mina さん へ*小枝 拝

       mina さん

    こんにちは☀

    新元号になってから早くも5日が経ち minaさんのおっしゃるように私も “令和”の響きに違和感が薄れてきたようです。
    このように 人間には隠れた順応性が備わっているのと まるで“時間は万能薬”のように働きかけてくれるのだな… と
    唐突にもふとそんなことを思っている令和5日目の夕暮れです。

    香川 照之さんの昆虫愛の本物感が番組を見ていて ひしひしと伝わってくきますね。ご本人が熱くて真剣そのものなだけに
    こちらがちょっとシニカルな視点に立つと滑稽に見える瞬間もあったり。もしやそのバランスも計算された上でのこと?!と…
    思ってみたりしながら拝見しています。レギュラー化されるような気配もありますが個人的には不定期OAがツボです(笑)

    今日はこちらへ温かなコメントを下さりほんとうにありがとうございました。令和もよろしくお願いいたします。
     
    2019年05月05日 18:48
  • のんたろう さん へ*小枝 拝

       のんたろう さん

    いつもYellを送って下さり ほんとうにありがとうございます。
    写真の世界も奥が深いですね。モノクロやセピアカラーが醸し出す独特の雰囲気ある写真に
    私もいつか チャレンジしてみたいと思っています。

    またお目に留まりましたなら よろしくお願いいたします。
    2019年05月05日 21:06
  • ゴン太

    ブログ 6年4カ月ですか 毎回華麗なブログで驚きです。令和に入りそしてアゲハ蝶の近接撮影も見事ですね。ゴン太も撮りたいと思っているんですが、到底無理でしょうね
    2019年05月06日 14:27
  • ゴン太 さん へ*小枝 拝

      ゴン太 さん

    こんにちは☀

    今日は爽やかな快晴になり アゲハ蝶が蜜柑の周辺に舞う姿が時おり見られます。
    アゲハ蝶は柑橘系に産卵するらしいので どうやらそのために訪れているようです。
    この記事にしたナミアゲハさんは どうも羽化して間もないようで。忙しくなく飛びまわっていなかったことが幸いし
    思いがけずにすてきな表情をおさめることができたしだいです。カメラ撮影に在っては“すてきな出会い”が
    大きく影響していることを今回の撮影であらためて感じたしだいです。

    ゴン太さんの切りとられる光景を拝見させていただきながら自分にはないものを勉強させていただいています。
    これからもどうかよろしくお願いいたします。
    2019年05月08日 13:40
  • ぽんぽこ狸

    素敵な蝶の写真ですね。驚きました。

    私のブログにコメントありがとうございました。
    下記をコメント返信しました。

    小枝さん
    今日は。晃石山には2~3日に一回早い時間に歩いています。
    天使の梯子の出現は予想困難で行き当たりばったりで年に数回見ています。

    今まで一番綺麗な天使の梯子は昨年11月です。
    良かったら見てください。
    Https://ponpokotanuki1.at.webry.info/201811/article_5.html
    2019年08月21日 16:16