WOWOWメンバーズオンデマンドがChromecastに対応

5月24日(Wed) 13:00 WOWOWメンバーズオンデマンドアプリに下記のような「お知らせ」が入りました またメールもこのような形で配信されてまいりました    私が WOWOWに加入したのは開局して数ヶ月後のこと 衛星放送にキラ星の如く輝いていた当時のWOWOWは “CM”も“ロゴ表示(画面右上のウォーターマーク)も無かったので 大好きな映画…

続きを読む

似て非なる方々 (素敵な個性の競演/男女優 篇)

世の中には自分に似ている者が3人は居ると聞かされたことがあります。 私の場合は中学生に進学したての時に  「○○さん似ている女子が1組(私は10組)に居るよ!」といつしか 評判に… 全校集会の朝礼の際に全生徒が校庭に集合。そこで友達が「ねぇねぇ!あの子だよ!ホラッ、そっくりでしょ??」と・・・ 初めて見た私は そこに鏡が置かれているのかと錯覚させられるほど!友達が…

続きを読む

My Favorite Movie(vol.5)『デザート・フラワー』(Desert Flower)

\◆†◆ 砂漠に咲いた勇気の花一輪「ワリス・ディリー」 ◆†◆/ 〝デザート・フラワー〟(Desert Flower) *2009年/ドイツ/オーストリア/フランス/128分* 前記事である■□■世界の片隅で震える魂を救う■□■ (上記タイトルをクリックされると前記事にジャンプいたします…

続きを読む

世界の片隅で震える魂を救う

先日 ブログ管理画面を開いているおり右側に表示されている〝AFPBB News〟の記事に視線を奪われた。 今なおインドに蔓延っているという〝酸 攻 撃〟(アシッド・アタック) 持参金・土地をめぐっての衝突や 交際を拒まれた男性が その女性に対し激昂の果てに 何と公衆の面前で こういう行為が行なわれるという。 以前よりそれとなく見聞きはしていたのだが…

続きを読む

《映画備忘録》   ザ・マスター

✲男優ふたりの演技に陶酔✲ 監督:ポール・トーマス・アンダーソン  出演者:ホアキン・フェニックス / フィリップ・シーモア・ホフマン エイミー・アダムス / ローラ・ダーン *解説* 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン監督が新興宗教を題材に…

続きを読む

《映画備忘録》  ロスト・ボディ

✲お手頃なサスペンスの逸品✲ 監督・脚本:「ロスト・アイズ」の脚本家オリオル・パウロ。 出演:ベレン・ルエダ/ホセ・コロナド *解説* ある晩、死体安置所の警備員がトラックに衝突、轢死する。 彼は何かから必死に逃走中でパニック状態であったらしい。 その頃、安置所からはマイカ・ビジャベル…

続きを読む

My Favorite Movie (Vol. 4) 『ローズマリーの赤ちゃん』

*BGMは上記You Tubeのポーズボタンクリックにて停止が可能でございます* ✲★.:† 色褪せない秀作ホラー †.:★ ✲ ◆監 督:*ロマン・ポランスキー  ◆出演者:*ミア・ファロー(ローズマリー・ウッドハウス役) *ジョン・カサヴェテス(ガイ…

続きを読む

《映画備忘録》  サスペリア

*BGMの停止は上記You Tubeの「ポーズボタン」クリックにてお願いいたします* \✲秘密のドア † アイリス † 青の…✲/ *原題 SUSPIRIA *伊 1977年 99分 *監督 ダリオ・アルジェント *…

続きを読む

《映画備忘録》 博士と私の危険な関係

◆*◆特異症例のヒステリー(?)と託けて…◆*◆ *原題:「AUGUSTINE」 *製作国:2012年・フランス(102分) *監督・脚本:アリス・ウィンクール *撮影:ジョルジュ・ルシャプトワ *出演:ヴァンサン・ランドン/ソーコ/キアラ・マストロヤンニ     オリヴィエ・ラブルダン/ロクサーヌ・デュラン 他 …

続きを読む

My Favorite Movie (vol.3) 『海洋天堂』

    《子を持って知る親の恩》という言葉がありますが… この言葉の重さ・主訴というものを私も人の子の親になり しみじみと感じている次第です。 そこで今日は “My Favorite Movie” vol.3としまして 子を想う父親の深い愛情を描いた作品である 『海洋天堂』をご紹介したいと思います。 本作は2010…

続きを読む

My Favorite Movie(vol.2) “何がジェーンに起ったか?”

先日 WOWOWにて懐かしい作品を観ることができました。 (※本文中の「動く矢印」の先をクリックしていただくとリンク先に移動します。)                作品名は…“何がジェーンに起ったか?”(原題:What Ever Happened to Baby Jane?) これは1962年のアメリカ映画で監督はロバート・アルドリッチ氏 …

続きを読む

映画『ゼロ・グラビティ』を“DOLBY ATMOS”で観賞

         話題の映画『ゼロ・グラビティ』(原題:GRAVITY)3D(字幕版)を観賞してまいりました。       こちらがオフィシャルサイトになりますhttp://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/#/home           監督は『パンズ・ラビリンス …

続きを読む

My Favorite Movie (vol.1) 『レオン』

今日は私のお気に入りの映画『レオン』を写真・音楽を交えながら振り返ります。 本作にはというキャッチコピーが付けられていたかと… 実に的を得ているなと感じた次第ですが、 マチルダを演じた(こちらをクリック)ナタリー・ポートマン 当時13歳だったにも関わらず大人を喰った大胆な演技にマイッたものでした。 『タクシー・…

続きを読む

惜しまれる俳優さん

今日は個人的に非常に寂しかったお話しをしてみたいと思います。 このところ歌舞伎界での訃報が相次ぎ、 また先日は三國連太郎さんの訃報にふれてしまいました。 巨星が燃え尽きて逝かれるのは本当に残念なことですね。 更に、個人的には 俳優(こちらをクリック)西沢利明さんの訃報を 知ったことにも寂しさを覚えています。 …

続きを読む

無冠の輝き/アルフレッド・ヒッチコック監督/

第85回となった今年のアカデミー賞も幕を閉じました。 洋画のお好きな方の予想はいかがでしたか? ※ 各賞の受賞の詳細はこちら http://cinema.pia.co.jp/news/0/50242/ ところで…、数々の名作を世に送り出されたにも関わらず、 1度も同賞の監督賞を受賞することのなかった人物が居ます。 それは、そう…

続きを読む

私の洋画との出会い「鞄を持った女」

自分にとっての「洋画」との出会い… それは「いつ?」そして 「作品は何だったか?」を思いだしてみました。 その答えは 『鞄を持った女』 これは1961年の作品ですがこれを「テレビ名画座」(フジTV系15:15~17:00枠)で観たあの衝撃が忘れられません。 …

続きを読む

"小枝"(ハンドルネーム)によせて…

私と同じ世代の方なら Twiggy(ツイッギー/小枝の意)の名をご存じかと… 1960年代《ミニスカートの女王》として その愛称の示すとおり小枝のような 華奢なモデルとして一世を風靡しました。 そんなTwiggy 私が彼女に抱き続けているイメージは 左の写真のようなポージング …

続きを読む